TBコメントは、本家へm(__)m

2011年01月16日

冬のサクラ 第1話 命をかけた最後の愛 運命の出会いは残酷な死へと…

『命をかけた最後の愛 運命の出会いは残酷な死へと…

内容
山形で母・百合(吉田日出子)の介護をするガラス細工職人の稲葉祐(草なぎ剛)
ある雪の日、1人旅をする女性(今井美樹)に目を奪われる。
その直後、ひったくりにあってしまった女性に声をかける祐。
ケガをしているようで診療所へと連れて行くが、
夜になり、、なぜか、幼なじみの中里次郎巡査(山崎樹範)に呼ばれるのだった。
医師の佐竹に診てもらったが、ショックのためか記憶がないようだと。
身元も分からず。。。診療所に入院施設がないため、
預かって欲しいと言う事だった。
仕方なく、自宅に女性を連れ帰る祐。
手がかりはデジタルカメラと、、その中に写されていた冬に咲く桜“啓翁桜”

翌朝、働く叔父のガラス工場に出勤した祐だったが、、
すでに美人の女性が。。。と知れわたっているようで、
叔父・哲也(でんでん)香織(大島蓉子)夫婦に、からかわれてしまう。
子供の頃から母・百合の繰り返される男への入れ込みようのため、
今は東京で働く弟・肇(佐藤健)を世話してきた祐。
肇が母を嫌って出て行った直後からは、母の介護と
全く女性に縁がなく恋をしたことなど祐には無かったのだ。

中里巡査からは、大きな病院へと勧められ、
その翌日。病院へ連れて行くと、心因性なら次第に記憶は戻るだろうと分かる。

数日後、母の病状が、突如悪化。
一瞬、意識が戻った後、そのまま静かに息を引き取る。
もっと何か出来たのではと落ち込む祐に、女性は優しい声をかけ。。。。

翌日。女性の身元が石川萌奈美と判明。

敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/fuyuno-sakura/



苦労して生きてきたひとりの青年・祐。
恋などしたこともなかったが、
偶然、女性が事故に遭うのを目撃したことで、
記憶喪失となった女性と暮らしはじめる。
やがて2人は。。。。

っていう感じでしょうか。



出会い、相手を知り、そして何かに惹かれあう。。。ふたり。

心に開いていた『穴』に、お互いの存在がスッと入ってきた。

と、ある意味定番の純愛モノに近いですね。


なんとなく、何かを求めているのも、大人の恋バナの始まりとしては
その2人の距離感も含めて、悪くない。
むしろ、、、最近のドラマには、あまり表現されない丁寧さが見えるので
結構良い雰囲気と言っても良いかな。


もちろん、冷静に見た場合。
ある種、、、行きずりの関係と言っても良い状態なので、
この関係を良しとするかどうかは、好みの部分でしょうが。。。。


すべてが見えているわけではありませんが、
シッカリと気持ちを見せているのは、好感が持てるところ。

思惑ではなく、感情で動いているのが見えますしね。


ドラマとしては、良い始まり方だったと思います。

最期まで、今回くらいの気持ちなどの表現を丁寧に描いてほしいものです。


気になることは、2点。
1点目は、ドラマの方向がすでに分かっていること。
 もう少し、曖昧にした方が良かったでしょうね。

2点目は、雪が降りまくっているのに、息が。。。。
 せめて、夜のシーンだけは何とかして欲しかったモノ。


最後にどうでも良いことなのだが、
弟。。。必要なのかな???
親友がひとりいれば、十分なような。。。。

posted by レベル999 at 22:26| 2011年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

デカワンコ FILE.1 ライバルは警察犬

『ライバルは警察犬』

内容
警視庁刑事部捜査一課第八強行犯捜査殺人捜査第13係に所属して1ヶ月。
ゴスロリファッションに身を包む花森一子(多部未華子)は、
同僚のキリさんこと桐島竜太(手越祐也)と、、、殺人現場へと向かっていた。
すでに到着済みの、、
禁煙しているのにタバコのニオイのコマさんこと小松原勇気(吹越満)
元相撲部でお酒のニオイがするチャンコさんこと和田純(石塚英彦)
アイロンのニオイがするヤナさんこと柳誠士郎(大倉孝二)
病院のニオイがするガラさんこと五十嵐太一(佐野史郎)
そしてバターの香りのデューク・タナカ(水上剣星)
ほとんど役に立たなかった一子であるが、
みんなの大活躍で、犯人の後藤弘行は逮捕される。
連行し、落としのシゲさんこと重村完一主任(沢村一樹)が、聴取。
事件も解決で、
カレーのニオイがするボスこと門馬次郎係長(升毅)から、様々な注意が。。。
その後、ユリの花の匂いがする警視総監の松田洋雄(伊東四朗)からも訓示。
と、、、ようやくすべて決着。

そんななか、あるビルの狭間で転落死体が発見される。
現着した13係の面々。
その直後、鑑識の田村和正(田口トモロヲ)が
ミハイル=フォン=アルト=オッペンバウアー=ゾーン
という通称ミハイルという警察犬とともに現れる。
ミハイルと愛笑顔になる一子。
先輩と現場検証に加わった一子は、なぜか、ニオイをかぎまわり。。。

転落したと思われるビルの屋上で、妙な“ニオイ”を見つけてしまう
“なんで、あの人のニオイが??”

やがて被害者がフリージャーナリストの難波浩二と判明。
それを元に捜査が進められることになるのだが、
捜査会議直後、なぜか一子は、警視総監のもとを訪れるのだった。
“ニオイは体臭と混ざり、その人だけのものになる”と。
現場のニオイについて指摘する一子。
すると松田総監から“証拠”が重要であると断言され、
もしニオイが同じなら、自分が犯人と言いたいのか?と一子は諭される。
親友で同期の青木琴美(渡辺直美)からも注意されるが。。。。

“におうんです!この鼻が!”
と訴えても、そんなバカな話を13係の面々は、誰ひとり信じてくれない

やがて、松田総監は、
暴力団に情報を流している刑事がいるという情報を難波から得たと証言。
そのことについて、話をしていたと一子に告白する。
話を聞いた一子は、考えはじめる。
難波を残し立ち去ったと言うが、犯人は、、刑事なのか???
でも、“ニオイ”は、感じなかった。。。
いや、もしかしたら、しなかったのではなく
周りにいる人たち。。。13係の6人の誰かのニオイが残っていたのか!?


敬称略

公式HP
http://www.ntv.co.jp/dekawanko/


当然、原作は未読。


お話の方は、

犬なみに鼻がきく花森一子
事件現場に残っている『ニオイ』を手がかりに、
犯人を追い詰めていく!!!


って感じのようだ。

今回の事件は、容疑者は警視総監!?いや、13係の誰か?

まあ。。。そんなお話。


いや〜
コメディだね。

超嗅覚というバカバカしすぎる設定とゴスロリファッション
そして多部未華子さん。
脇を固める個性的な俳優さんたちも含めて、

なかなか良い感じである。


若干、序盤の紹介はクドかったものの、
いろいろとオマージュを感じさせ悪くはないと思います。

もちろん、こういったコメディというのは“好み”がありますので
その時点でダメな人はダメなのであるが、

中途半端に取り組むことなく
最初から最後までやりきったのは、ほめても良いことでしょうね。

いや、それこそ
ここまでやっちゃえば、絶賛しても良いくらいである。

特に沢村さん。。。、、見てはいけないモノを見たような。。。(笑)


今回、なかなか良かったのは
事件自体はともかくとして、
“捜査”をするという名目で登場人物の紹介をしたのは良いアイデアですね。
主人公の一子自身が配属されて1ヶ月と言う事もあり、
同僚のことを詳しく知らないことからも、
それを知るという上でも、悪くないアイデアだったと思います。
視聴者的にも、登場人物の“裏”が見えると
それぞれの行動、セリフ、、、ニオイなどの意味も分かるしね!

個人的には、悪くはなかったと思います。


ただ逆に問題点があるとすれば、
そういう一子の行動を強調しすぎて、
13係の面々が、捜査しているように見えないことでしょうね(苦笑)

“思ったことを口にする”のも、少しクドかったし。。。

このあたりは、今後の課題ではあるが
“味”と考えて視聴することも出来るかな。。。

でもなぁ。。
もう少し、捜査らしい捜査を、明確に表現しておかないと
犯人が誰であろうが、逮捕までの流れに説得力が生まれません!!
刑事モノだったら、そこだけは押さえてほしいもの。

次回からは、紹介もないだろうから、
それなりに見ることの出来る作品になってくれるモノと期待します。

これだけの俳優を集めているんだから!

posted by レベル999 at 22:11| 2011年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。