TBコメントは、本家へm(__)m

2008年06月04日

おせん 第7話 留吉のリストラ

『おせん、非情のリストラ』
『リストラ非情?恐怖の壺と新メニュー』

内容
一升庵の地下のみそ蔵で、謎の瓶を発見するヨシ夫(内博貴)
おせんによると、それは塩と麹を混ぜた『塩麹』と呼ばれるもの。
そこでヨシ夫は塩麹を使って、新メニューを作ろうと言い出すのだった。
そのヨシ夫の姿を見た留吉は焦り始める。
焦りは、1人酒となり、飲みに行った店で、
一升庵の板前と言われ舞い上がった留吉は料理を振る舞ってしまう。
しかし、そのことを珍品堂(渡辺いっけい)から聞いた清二に、
『ケジメ』をうながされ、一升庵を辞めてしまうのだった。
おせんは、辞める留吉を止めずに送り出し、
新メニューにのめり込んでいく。。。。。。

敬称略



なるほどね。

簡単に言うと
少し暴走した留吉がクビになるが
おせんが上手く繕って、元通り

ってことですね。



面白いのは、明らかにウザイキャラであるヨシ夫を
意外と良い感じで使っていることであろう。

ウザイからこそ、そこにライバル心をあおることが出来るし
このキャラだからこそ、
おせんに臆せずストレートに新メニューなどと言えるのだ。

完全に、キャラを利用していると言えます。

そんなライバル心は、暴走を招き、
それをまとめるために、
おせんが留吉にアイデアを求め、新メニューを出させるなど

流れがしっかりしている。

そこに、留吉の心を測る上で海苔こんにゃく。

分かり難い『ワザ』の領域であっても、
こういった簡単に理解しやすい表現で、納得感を導く。


最終的にオチとして
シズ『看板料理って言うのは、お客さまが作ること
  この料理をお客様が喜んでくれて
  ずっと残っていったら、看板料理が完成したと言える



料理人の人間関係だけでなく
一升庵の看板の意味、そして料理人の心。

と、登場人物をフルに使い、かなり上手く作られた印象だ。


清二『たとえ悪気が無くても、半端な料理を出せば看板を傷つける
  ケジメをつけろ
  板前の自覚の問題です

とか

シズ『あんたが今一番必死にやらなきゃいけないのは
  半端者の自分のことなのじゃないのかい

なんていうところも。
年長者の言葉らしく、役割分担が出来ている。




ただ、ヒトコトあるならば
一升庵のほかの人たちが心配したり怒ったりとか。
もう少しあっても良かったかもしれませんね。
良い感じの心配と、ラストの笑顔でしたが
メニュー作りの実験で、もう少しあれこれあっても良かったカモね。



とはいえ、
一升庵を出し、料理人を出しているのだから
良い感じで登場人物を利用したお話だったと思います。





ちなみに。
私の中で一番気になったのは。
どう見ても、メインだった杉本哲太さんの登場シーンが
明らかに不自然すぎること。

だって、、メニュー作りに、ほとんど登場してないし。。。。
賄いのシーン、ほぼすべてにいなかったし。。。
ま、、、いいや。。


これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 01:34| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜 第8話 自己犠牲愛

『新型の愛』

内容
クロノスヘブン社では、並切とは別のチームが
新型ロボット02を完成させた。
それは、01に足りないものを強化され、より一層完成度を高めていた。
そんな新恋人ロボット02が起動する!

そのころ。。。。。
夏美のスゴサだけでなく創志が協力すると言うこともあり、
パティシエという夢をあきらめてしまっていた梨衣子。
そんなとき、梨衣子は、街で生き倒れの男性を拾ってしまう。
腹が減って動けなくなっていたらしい男は、黒須トシキ(阿部力)
九州からヒッチハイクで出てきたというのだった。
そのトシキは、梨衣子の悩みを感じ取り優しく語りかける。
一方ナイトも梨衣子の気持ちをくみ取り、応援すると言うが、
梨衣子は完全にあきらめてしまっていた。。。
そんななか、トシキは、ナイトを資料室に閉じ込めてしまうのだった。




ナイトに、ライバル出現!
新型ロボット02!!
梨衣子は、どちらを選択するのか?

というお話ですね


明らかに、完成形のロボに近づいた02
一方、プログラムを基本にしながら自分で行動する01

この2人の対比が、かなり良いですよね。
どう考えても、優しいのは02。
視聴者が違和感なく見るのと同時に、
梨衣子も惹かれていくという、良い感じの展開。

この対比がキッチリしているから、
その後に続く2人の対応の『差』が際だっていく。

交通事故に遭いかけた梨衣子。
助けることの出来る可能性、自分の破損の可能性を研鑽する02
そして、助けないという『無駄のない計算結果』

一方、
自分の破損を顧みることなく、
行動して梨衣子を助けた01
直前に、服務規程違反を行ったのも良いネタフリでした。


並切『今なら無料で交換出来ますが、どうしますか
梨衣子『しません
   ナイトは私にとって大切な存在だから


勝負は決まった。。


並切『01は、私が作ったロボットです
   恋人の危険を守れないようでは、理想の恋人とは言えないでしょう

最後は、キッチリ自分の評価を入れながら
ほめるところが、並切さんらしいところでしょうね。
佐々木蔵之介さんの怪しさが、久々に爆発した感じですね。


テンポや展開など、結構面白かったと思います。
三角関係の一辺がキッチリ進行した感じでしょうか。



もちろん、
実際に細かいこと言い出せば。
ナイト、トシキ、梨衣子
3人の気持ちが、分かり難すぎるのは気になる。
基本的にナイト、トシキの行動が主であるため
梨衣子の行動が従になってしまい、意味を持っていない印象。
特に梨衣子が、夢をあきらめなかったのも
いまいち分からない表現の部分ではある。


一応、ナイトに導かれ。。。ッてこと何だろうけどね

このアタリの微妙は梨衣子の心の表現は、
もう少しあっても良かったかもしれませんね



それに
お話自体を考えれば、
新しいものが良いのか、古いものが良いのか
と、
ASAMOTOのことも重ねているのでしょうが
創志たちのことは、少し軽めかな。。。

ただ、、
創志が会社を辞めるという行動も、
梨衣子への気持ちの表れと言うこともあるが、
梨衣子のとった行動と重ねているのも面白い部分だろう。

もうちょっと、、、ってのもありますが
これは、次回ですね。。きっと。





でもあれこれ書いてますが、
ココでロボ対決?ッていうのもありますが
クロノスヘブン社の内部のことを表現するためには
仕方ないネタだったのかも知れませんね。


ちなみにわたし的に最も驚いたのは
ナイトのロボ表現の強さに比べて
トシキのロボ表現が、人間に近いこと。
こう言うのって、単純だけど大事ですよね

同じロボットでも『違うもの』を見ているようで、
見ていて頭の中に、すぐに入ってきますので!


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:05| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

CHANGE 第4話 総理の仕事、啓太の仕事

『いじめられる総理』

内容
ついに総理になってしまった朝倉啓太。
主席秘書官に美山理香。
そして、事務秘書官4人が紹介される
財務省 百坂哲也(西村雅彦)
経済産業省 郡司敏夫(平泉成)
外務省 西誠二(矢島健一)
警察庁 秋山太郎勘介(鈴木浩介)
そして、神林のリストどおりに組閣。

それを見て、、、生方、高柳、鴨志田らは、失望
そして二瓶たちベテランも、神林に苦情。

分刻みのスケジュールに大忙しの啓太に、
回ってくる文書に署名だけで良いという美山。
しかし、一つの文書に目を留めてしまう。
それは、ダム建設により下流の海でクラゲが異常発生。
地裁判決では、国の非を認めた。
控訴するという国交省官僚だが、
どうも気になる啓太は、渡された膨大な資料を読み始める。
が、総理公邸では落ち着かない啓太は、勝手に帰宅するのだった。

そのころ、神林は、閣僚たちを集めているとも知らずに。。。。。。


そして、総理としての仕事の合間を縫って、
資料を読みあさる啓太。
そこへ小野田幹事長(中村敦夫)が、現れる。。。





さて、、、私が最も気になっていた組閣。

神林の意図通りに。。。。ということですか。

なるほどね。


だからこそ、
ドラマとしては、面白い展開ですよね

自分の思い通りになるための組閣
しかし、
それが逆に足を引っ張り始めている感じでしょうか。

その事に、初めて気付いた小野田

啓太『普通に生活してる1人より
   国の方が偉いんですか
   官僚の方が偉いんですか
   僕は約束したんです
   みんなと同じ目線に立って政治をするって。

小野田『私は市議会議員からスタートしました
   あの頃は私も膨大な資料と格闘した
   市民を守るため。
   神林先生間違えたなぁ〜
   私の記憶が正しければ、
   東京大学の久野正次郎教授です

。。。。

小野田『アレは人形なんかじゃありませんよ
   神林先生。

どういった展開で、納得出来る感じになるかが不安でしたが
小野田の過去と重ねるというのは、
意外と良い感じですよね(^_^)b

こだわりすぎは確かに気になるが、
何度も美山が連呼しているように、
『総理の仕事』もこなしているようなので、okでしょう


ほんとは、もう少し、セリフではなく
写真とか、ワンカットで良いから見せるべきでしょうが。。。


まぁ、
それはさておき。

今回から、本格的にドラマが動き始めた感じ。

思っていた以上に、良い感じだったと思います。
それは、前述のように
自分の思い通りに行かなかった神林というのもありますが。

美山の上司がやってきたり、
官僚たちからは、ブーイングなど
良い感じで、啓太への批判を表現。
それを知りながらも、自分の信念に基づき突き進む。

キッチリと『約束』を果たそうという姿勢を見せるだけじゃなく
その行動が反感を持たれていることも表現した。

サスガに、テンポの悪い部分も多少あったが、
啓太の行動を見て、回りの人が少しずつ変化していくことが
かなり面白く表現され、
それがテンポの悪い部分をすくい上げている印象。

それらが、絶妙に回転していった感じでしょう。
やはり、こう言うのもテクニックだと思います。

生方『面倒なことになることを恐れて、躊躇することはない
   総理が正しいと信じるなら
   思うとおりにするべきです

ほんとはこの部分なんて、一瞬ダラダラ仕掛けた部分
でも、良い感じのネタフリになっているので
終わってみれば、納得ですよね。
ラストの生方も良い感じだったし。


とはいえ、
先ほども書きましたが、メイン以外の啓太も見たかったし。
ナゼ、この訴訟なのか?
と言うのも気になる部分。
そのアタリで、子供や思い出などを絡めれば、
もしかしたら、もっと納得感が出たかもしれません


別に、サーフィンが好きだからとか、、、
そんなことは言う必要はありませんけどね。。。


これまでの感想

第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:11| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

猟奇的な彼女 第7話 彼女の思いと僕の決心

『愛の旋律〜君は宝もの』

内容
三朗は、凛子に告白してしまった
そして野々村の代わりになると宣言してしまう!
それを聞いた凛子は『ピアノを弾けるようになって!』
三朗は、ピアノの練習を始める。
そんななか、夏目教授から、論文発表の機会を告げられ
論文作成に取りかかる。
ピアノと論文、両方を続け忙しい中。
凛子に、弟の家に行って原稿をとってきて欲しいと頼まれるのだった。
渋々、原稿をとりに行くが、姉・凛子への恨みがある弟・良祐は、
凜子の原稿だけでなく、三朗の論文も入ったメモリーを投げ捨てる!!!

すべてが終わってしまったと思った三朗は、
凛子に当たり散らすのだった。。。

が。。。部屋に入った三朗は、そこに驚きの光景を見る!





さて、前回、いろいろな意味で
私の中でリセットしましたので<(`^´)>

細かいことにこだわらず。

『両想い』ってコトで!!



今回。

告白したのは良いが、野々村の代わりになると宣言してしまった三朗
で、凛子が出した条件は、ピアノ。
論文もあるのに、ピアノと両立しようと
なんとか、野々村の代わりになろうと努力する。

しかし、、、気付く。自分という存在。
そして、、凛子が思い描いていた三朗への想い。

やっと、自分らしくと言うことに気付いた三朗

たとえ、下手であっても。それこそが三朗。

お互いに気持ちが分かり合え。。。。。


と言う感じですね。
そう言うことで、良いでしょう、もう。。。


歪さは無視するとして
まぁ、
単純なお話ではあるが、
お互いの気持ちを直接伝えることなく、
それぞれの本当の気持ちを
メモリーとピアノにのせて、上手く描いたと思います



ただまぁ、
気になることがあると言えばある。
それは

少し恋バナを盛り上げようという気持ちが強すぎて
あまり『オモシロ』を入れなかったこと。

谷原章介さんが、少し騒いだくらいでは
オモシロとしては成立していませんし。。。。

そう言うのも、やらないってコトなのかも知れませんね。。。


わたし的には、そこにしかオモシロ味を感じていなかったので
本当に残念です。。。




最後にどうでも良いことを2つ。

その1 松下奈緒さんは、今回のことがあるからキャスティング?
その2 夏目(上川隆也さん)、南(松下奈緒さん)の方が、
    青春の恋バナですよね。。。。。

メインの話よりも、そんなことの方が気になった今回でした。

これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:34| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハチワンダイバー 第5話 3人目の真剣師

『文字山&なるぞう衝撃の結末…第三の男ついに登場』

内容
2人目の本物の真剣師・文字山ジローとの戦い。
菅田はダイブしたが、逆に読まれて追い込まれてしまう。
大苦戦の中、菅田は、勝負に出る!
その手は、文字山の動揺を誘い、
互いに時間がない中の打ち合いとなる。
しかし、、、、菅田の手により、文字山は時間切れとなる。。。
勝負に勝った菅田。

そんななか、
そよ、、メイド・みるくにダイブしリフレッシュした菅田は、
3人目の真剣師・斬野シトとの勝負に挑む!

斬野は、『勝てば、みるくは僕のもの』
そしていきなり勝負が始まるのだった。
菅田は、動揺を隠せず、戦いはじめるが
7手目。。。斬野は言うのだった『終わった』と

菅田は盤を見て驚く。
それは、菅田の師・鈴木が、生みだした戦法。
その昔、受けを研究され尽くし滅んだ手を、復活させた戦法だった。
7手で勝負が決まる、、、、菅田はダイブを試みるのだが。。。。。。。







簡単に言うと
3人目の真剣師の打つ手が、師の考え出した手だった!
それは、師との戦い!

ダイブするが、、、数手後負けが見えて、敗北。。


と言う感じだろうか。



まぁ、本当の勝利や、目的のために
敗北するのは、この手の『戦いもの』では定番中の定番。

二こ神が次回登場するようだから、
なにかがあって、再戦するか
もしくは、意図が分かるか。

なにかあるのでしょう。



ただ、ドラマとしては、
あまりにも淡々と進みすぎてしまって
面白いのかどうかは、結構微妙。


たしかに、京本政樹さんの怪しさは抜群なのだが、

展開自体が、あまり無かったため
全体として、ゆったりとした印象だ。


とりあえず、
真剣師に勝つのが、最初の目的だろうから
次回以降に期待したいと思います。


ちなみに、、、普通に気になったのは

『君はこの一局に何がかかっているのか知っているのでしょうね
 君が勝ったときの条件は君に任せます
 僕が勝ったときには、みるくさんは僕のものになる
 みるくさんが僕のものになっても
 君には何も関係ない
 君は勝っても負けても失うものは何もない
 気楽に指せるでしょ』

と言うことなので、
みるくはダメでも、そよとなら会えるってコトなのかな?



それにしても、、ほんと『つなぎ』だな。
せめて、文字山で
もう少し緊張感が見えれば良かったんだろうけど、
追い込まれているのは分かるけど
『時計』を、あまり映さなかったからね。。。。。
そう言うのって、出すべきだったと思います。。。

だって、後半戦が、、、、、

ま、いいや



これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 00:37| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ごくせん(3) 第7話 3年D組、全員集合!!

『自分に言いわけすんな!!』

内容
赤銅学院の文化祭『赤銅祭2008』が近づいてきた。
クラスの出し物が決まっていないのは3Dだけ。
いろいろとアイデアを出した結果、
大和のフォローで『イケメンカフェ』に決定する!
そこで、大和たちは、街のメイドカフェでお勉強。
その帰り、6人は、赤銅を恨む男に絡まれてしまう。
上手く逃げおおせた6人。
しかし男は、5年前卒業した「伝説の番長」と呼ばれた・郷田だった。
数日後、クラスメートの松方が、郷田に絡まれているところに
駆けつけた、大和、廉たち。
警察も来て、とりあえず助かったのだが。
翌日の赤銅祭2008の日。
学校内は、メチャクチャになっていた。
どうやら、郷田による報復のようだった。
警察からの連絡もあり、赤城理事長は、
3Dの生徒全員の自宅待機を命じる。。。。。。




一応、前回までに
メインの6人組の紹介がほとんど終わりましたので、

それらのことも含めての
彼らが出した『1つの答え』と言うことでしょう。



簡単に言えば、

文化祭どころか、
学校に『面白さ』を感じていなかったオバカさんたちが、
ヤンクミと出会い、学んだことで
仲間意識、そして、学校愛を学んだ。

大和『俺達はあそこで何か見つけられそうな気がしてんだ

ということですね(^_^)b

で、、、
学校を守るため、
自分たちの『思い出』を作るため。

6人組だけじゃなく、クラスメート全員が!!!!




そんな感じだ



今回の話で、全員終わりです!!
最終的には『イケメンパラダイス』ってことですね。

自宅待機で

『この文化祭でクラス全員が1つになって
 1つのことをやり遂げようとしているんです。
 担任として、それだけは全うさせてやりたいんです
 あいつらは高校生活に何の思い出もないって言うんですよ。
 そんなの悔しいじゃないですか
 私は生徒たちにこの学校に来て良かったって、
 胸を張って卒業して欲しいんです!

頑張り始め
郷田のトコロへ乗り込み!

そのことを、ヤンクミが知って。

『私の生徒に手え出すんじゃねえ
 
 お前ら、こいつらが何守ろうとしているか、分かるか
 こいつらが守ろうとしているのはな
 28人分の高校生活の思い出なんだ
 それ守ろうとして、たった6人でこんなトコロへ乗り込んできたこいつらを
 バカだなんて言う資格は、おめえらにはねえんだよ




クラス全員集合!!


『良いか、郷田、
 学校ってのは、
 教科書に書かれてることだけを勉強するためだけに行くんじゃねえんだよ
 仲間作ったり、そいつらと一緒に笑ったり
 みんなで1つのことをやり遂げたり
 学ぶことはいくらでもあるんだよ
 でも前を向かないことには何も始まらないんだよ
 お前も、ちゃんと前向いて生きろ


流れも間違ってないし、
今回は、ヤンクミにも連絡行ってるし!!
そのうえ、ヤンクミが大和に電話するなど

今まで、まったく表現されていなかったことを
なぜだか表現!

こんな事だけで、
ほんの少しですが、違和感はなくなるモノです。


さて。。。ドラマ自体は、どうってコト無いことなので
特に言うことなし。

全員集合で、1つになった3D。

そんなところです




こうなったら
次回からのネタがどんなネタにするか?

それに注目ですね。



そういえば、どうでも良いことですが。

今回の『殺陣』は良かったですね。
動きがありましたよね(笑)

正確には
当てられるのを待っているのではなく、
当てているのを魅せている感じ。

こんな風に、ツギハギすれば
殺陣の違和感も、okですよね。

ってか、、気付くの遅すぎ!!!

初めから、こういう風にやっちゃえば良かったのにね。。





それにしても、、、何やるつもりなんだろう。。。


これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:07| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミ犯人じゃないよね? 第8話 犯人が見える女

『千里眼の占い師生中継で遺体発見』

内容
人気女優の小野田志津代(海島雪)が行方不明。
その事でTVは大騒ぎ。
マネージャーで事務所社長・市川香織(山下容莉枝)が
情報提供を呼びかけていた。
その市川の前に、
愛の占い師・松戸フランソワーズ小百合(梅宮万紗子)が現れる。
『私が見つけてさし上げましょう』
そして、TV中継で、占いされた廃屋から、遺体が発見される。
太宰主任(渡辺いっけい)たちは的確に当てすぎている小百合を疑うのだが、
死亡推定時刻には、宇田川がちょうど占いをしてもらっていた。
完全に、アリバイがあった。
そんななか、新たな占いを始める小百合。
東西テレビのロッカーに凶器があるという。
警察が調べると、それは、ささやき刑事コト藤村寛平(升毅)のロッカー。
凶器は見つかるが、、ささやきには、アリバイがあった。
すると、小百合は、犯人を当てると言いだし。
『湾岸大橋』と、。。。
リポーターの小川修子(金子さやか)により、中継され。。。
的確に言い当てていく、小百合。
そして市川の遺体が見つかる。。。。そこには、遺書。。

しかし、小百合の言葉に疑問を感じ始めた、さくら。



(敬称略)





ココまで気合いを入れていると言うことは
あまり、、、、ってことですね。

オモシロ味は、ささやきくらいか。。。


胡蝶蘭、花粉。
収録時間や、推定時刻など。
そこそこ表現されている。

さくらの野望である『占い師』
コールドリーディングなど

そのアタリの、占い師独特のネタフリも万全!

市川の事件に関しては!

良い感じで完璧である。
そして、、、

遺体などを利用して有名になろうとする小百合も
結構良い感じ。

動機がハッキリしているし

それに、犯人当てなども良い感じだったと思います。

真犯人が分かっていても
さくらたちを戸惑わせるだけでも、十分たのしいし、
以前あった、2度死んだオヤジの話と同様で
不思議な感じを与えることが出来る。

その点では、ある種サプライズ感覚であり
オモシロ味であると思われる。


まぁ、もう少し占い師が逆に驚くような展開とか、
別のことがあれば、もっと面白く感じたんでしょうけどね。

遺体の現場、凶器、犯人の現場
3連発では、少し引き延ばしを感じてしまい
ダラダラした印象になっているのも、確かであろう




ただ、、もっとも気になるのは索条痕(さくじょうこん)である。
志津代の事件では殺人と断定する

市川の事件では、現場の状況から自殺

そこがねぇ。。
同じ鑑識さんなのに、状況から判断するのでは。
首のアップいらないんじゃ?鑑識さえも!
確かに、遺書はあるけど。。。

何か、納得が出来ない感じがあります。
まぁ、そこまで言うドラマでもないか。。。。

でもね、これって、刑事ものでは
絶対やっちゃいけないことなんですよね!!



これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 01:39| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Around40〜注文の多いオンナたち〜 第8話 彼の過去とみんなの悩み

『彼が結婚しない理由』

内容
聡子は、帰ろうとする恵太朗を呼び止めた。
『一緒にいたいの』
翌朝。早くに目がさめた恵太朗は、朝食を作ってくれていた。
2人は、お笑いのビデオを見て楽しく過ごす。
そして恵太朗が帰ろうとしたとき、姉・和子がやってくる。
父の手紙を渡そうとするが、受け取ろうとしない恵太朗。
そして、聡子は和子から、厳しい父に育てられた話を聞く。。。
そんななか、聡子の弟・達也が、姉のためにと恵太朗に直談判。
聡子は、恵太朗に謝罪するが、
そのとき、恵太朗から、生い立ちや、姉のことを詳しく聞くのだった。。。
『姉が自分のせいで恵太朗の人生を狂わせた』と思っていると。
その事を聞いた聡子は、和子に連絡を取り。。。。





今回、難しいです。
いや、、、、
お話が、どれもこれも、てんこ盛り過ぎて。

何をいったい書いて良いのかがよく分かりません。
冷静に見ていると、すべての部分がメインに見えてきて。。。
ということで、

今回は大苦戦ですm(__)m


さて。。。。
聡子と恵太朗は、一夜を過ごす。
和子の登場で、聡子は恵太朗の過去を知り始める。
そして、それが、姉の悩みでもあり、恵太朗の悩みでもあることを。
そこで、聡子は一肌脱ぐ!

っていう感じですね。。メインは。
あくまでもメインです!!

この部分は、聡子はどちらかというと『きっかけ』に過ぎず、
カウンセラーという感じでしょうね。
恵太朗が苦しんでいると誤解する和子に、

聡子『人はありのままの自分を受け入れてくれる人が必要なんですよね
   患者さんにとって
   岡村さんは、そう言う存在なんです
   誰よりも耳を傾けることが出来る
   だからすごく助けてもらっています
   きっと、ご家族とのことがあったからじゃないかなって。』

和子に恵太朗を認識させ、、、あとは、お食事ですね。
このアタリの流れは、ある種定番とも言えるが
『食事』=『家族の集まり』という前回のことがあるので、
結構良い感じの流れです。

最終的に、今回ずっとネタフリされてきた
『字は、その人自身を表す』

父との和解を決意する恵太朗。。。
1人の心理士としても、気付いたと言うことなのでしょう。

過去を描きながら、
ゲストのハズの和子を上手く利用し、
そのうえ、カウンセラーである聡子を利用。
ネタフリも含めて、かなり面白い部分だったと思います。


さて。。。サブ、、ですね。

これが。。。。。いろいろツライです。

1人、幸せになりそうな聡子に比べ、
ぼろぼろになっていく、瑞恵、奈央
と言う感じでしょうね。

これが、まさに『コントラスト』であります!


先ず、瑞恵(松下由樹さん)。
 初めての仕事の食堂は、ほんの少しだけど繁盛。
 でも、人生に不安を感じるおじさんに、瑞恵は
 夫の会社の保険を勧める。
 
 1つの仕事の成功は、夢中になりすぎた瑞恵に不幸をもたらす。
 夫との大げんか
 
 完全に、どん底状態で、カウンセラー宅へ
 
そして、奈央(大塚寧々さん)
 もう一度、新庄にアタックするが。。ダメ
 その状態を見たマー君が、ついに新庄に直談判。
 でもその事で、奈央は、新庄の本心を知る。
 
 『自信がないから僕みたいな男をアクセサリーにして
  自分の価値を高めようとしたんですね。
  1度高級アクセサリーをつけたら安物は、
  つけられなくなりますから
 
 マー君が殴って、ムチャクチャ。
 奈央も決心を固め、カウンセラー宅へ

まさに、この2人はどん底です。
今までの展開や、次回予告から、、
きっと、それぞれの道を見つけるのでしょうけどね。


答えは。。。
マー君(筒井道隆さん)の分析

人に幸せに見られるのが一番大事で
好きでもない人と一緒にいる人

平凡だけど、いくらでも幸せになれる環境にいるのに
別の人生を探し始めちゃう人

キレイで優秀で面倒見がいいのに
自分のことになると全然ダメで、素直になれない人



それぞれに『幸せ』があるのならば、答えは1つですね(^_^)b




とまぁ、、ほんと、内容てんこ盛り。
濃すぎます!

見ていて少し疲れちゃいました。

楽しいことは楽しいので、満足と言えば満足。
一部衝撃的な、メチャクチャな状態もありますし!


オモシロとしても、
意外と衝撃的だった、
聡子、瑞恵、奈央、そして和子のディスコ。


結局。。あれこれやって

『ありのままの自分』を受け入れてくれる人が、ゴールなのでしょう。


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

posted by レベル999 at 00:41| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

パズル 第7話 聴くと死ぬ落語

『呪いの暗号聞くと必ず死ぬ落語』

内容
今村は、ゆうこから落語を聴きに行こうと誘われる。
その落語には、財宝の在処を示す暗号が隠されているという。
鮎川は、その話を聞き、3人を連れて今昔亭三之助の落語会へ。
落語会には、兄弟弟子の一之助、二之助、四之助や、
記者、後援会長などがいた。。。
そして、三之助の落語がはじまり、皆は衝撃を受ける。
師匠の萬之助から三之助にだけ伝えられた落語。
それは、聴くと必ず死ぬというのだった。
5分後か、100年後かは分からないがと。。。

落語がはじまり、出されていたまんじゅうを食べた二之助が、
突如苦しみだし、そのまま死んでしまう。
落語は中断されたが。屋敷は完全に密室だと告げられる。
そんな中、今村と神崎が行方不明。。。
そして、、、今度は、四之助の遺体が見つかる。。。






今回、、良いですね。


3バカのうち、今村と神崎が失踪したり
のこった。塚本の頭の良さで、ミスリードしたり。

そして、、
明らかな邪魔な3人の女は、邪魔な役割!

いままで、活躍という感じではなく
まったく意味を感じなかった主人公以外の人間が、
ウマイ感じで、ネタに組み込まれています!

そして小ネタ
デッド オールド キャッスル と言うネタにはじまり、
それを利用。

子分の3人をこき使ったり。
死体役をさせたり。

犯人捜しよりも、宝探し優先であったり!!!

やらねばならない小ネタもキッチリ!!

そのうえ
極めつけは、今回が
まるで『本格ミステリー』のような、オチだったこと!!!

この番組を見ていて初めて。
あ!ミステリーみたいだ!!
って、本気で思いました(^_^)b


そんな感じで、役割分担だけでなく
ネタ自体もキッチリとねられた感じだった今回。

『塩辛いまんじゅうと、自分の茶碗に毒』

どこに、罪があるのか??

『名人ならば、聴き手の心を自由に操れる』

こう言うことですよね。ミステリーって。

犯人に初めて『知性』を感じました!!


まぁ、ドラマ全体に漂う雰囲気は、
こう言うドラマなので、仕方ありませんが

今までで1番楽しかった気がします。

テンポもそこそこ良く、
事件もキッチリ。
鮎川の目的も、宝だし!

結構良くできた『本格ミステリー』だったと思います。

ちなみに、最も良かったのは
警察が来るまで、犯人を断定しなかったことでしょうね。

こう言うのって、逆に鮎川たちの目的が
犯人捜しではないことを明確にしていますよね。

これもまた、1つのアイデアでしょうね。


ただ、、ふと思ったんだが。。
鮎川って、あんなオヤジギャグのようなことばかりしか言えないわけだから
創始者のネタ帳って、、、、『お宝』じゃ?




それにしても。
今回のネタ。上手く使えば
2週モノに出来たんでは?
その方が、もっと面白かった可能性がありますよね。

まぁ。。その場合。
小ネタが増えちゃうだろうからグダグダになったかも知れませんが。

これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:24| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ラスト・フレンズ 第8話 瑠可を支える人

『最後の手紙』

内容
瑠可(上野樹里)は、シェアハウスを出て行く準備を始めていた。
皆に黙って。。。。
そんなある日、シェアハウスに少年(澁谷武尊)がやってくる。
その手には、宗佑(錦戸亮)から美知留(長澤まさみ)への手紙。
瑠可は内容を読み、
きっと罠だから渡す必要はないとエリ(水川あさみ)に告げる
しかし、エリは、どうしても手紙の内容が気になり
宗佑の入院する病院へ。。。。
一方、美知留はタケル(瑛太)のアシスタントになり、勉強を始めていた。
そんななか、エリが瑠可のPCを見てしまい、
その相談を受けたタケルは林田(田中哲司)に会いに行くと、、、、、

敬称略




もう、あれもこれもと、
複雑に『ヒミツ』がバレまくってしまい、
知っていることであっても、
人物関係の複雑さから、少し意味不明に感じてしまった。。。。。




整理すると

エリが、宗佑の美知留への愛を知り
エリが、瑠可のヒミツを知り
ということで、
今まで完全に蚊帳の外であったエリが、
ドラマに加わってきたと言うこと

と。

瑠可の置き手紙から、
タケルが、瑠可のすべてを知り、
そのうえで『再告白』


の2つですね。


ただ、そのように捉えてしまった場合。
それぞれに、、、

先ずは、エリ。
完全に蚊帳の外だったので、ドラマに新鮮味を感じることが出来るだけでなく
もしかしたら、これからの展開のために、必要なのかな?
ただ、1つ言えるのは
今まで何も知らない状態だっただけに、
エリというキャラもあり、
良い感じで、『疑問系』のセリフが多かった気がする。

その一例が。。。
エリ『わたしはさ、絶対の愛とか信じないワケよ
  だから、そんなこと言わないし、相手に求めるのは野暮だと思っていた
  でも、この手紙を読んでいると
  絶対変わらない愛みたいなのが、
  この世に存在するカモって思えてくるんだよね
瑠可『こんな風に叫び散らすのが愛だと思う
  時には自分の気持ちを抑えて
  相手のために引けるのが愛だと思うけど

瑠可の気持ちを『セリフ』として引き出すことに成功している。

この事は、
タケルに対して、瑠可のヒミツを話すとき
タケルは、、、意外と素直に話す。

微妙な、4角関係になってしまっているので
その中に投入は出来ないが、
それぞれの気持ちを知る上で良い感じの役割を担っている。

もちろん展開を考えても、
今までのような強引な方法を用いることなく
流れがスムーズになっています。

きっと、、これが、エリの本来の役割なのだろうね。



そして、、タケル。

タケルの再告白は、意外といえば意外ではあるが。

瑠可(タケルにだけは本当のことを伝えておきます
   私は人に自分を偽って接してきた
   でもタケルは、私を好きだって言ってくれた初めての人だから。
   私に心を開いてくれた人だから
   だから、あなたにウソはつけない。)

タケル『行くな瑠可
   手紙は読んだ気持ちは分かった
   何でオレに応えられないって言ったかも
   でもオレは、瑠可が好きだ
   オレは、瑠可を支えたい
   瑠可がどんな風に変わっていくとしても
   それをそばで見続けたいんだよ
   瑠可を見失いたくないんだよ

ワザと書いていない部分もありますが、
これはこれで、前回の告白よりも

明らかにカッコ良かった感じだ。


前回は、瑠可の言葉を遮って、自分本位の告白だったからね!

タケルに『男』を見た。。。と、、言って良いのかな。。
これは、、セクハラ?


ここに、美知留の『誤解』を入れるのは、、、不思議ではあったが、
もしかしたら、これも、結末への『何か』になるのかな??



ドラマとしては、進展があったような印象を『少しだけ』受けました。
瑠可にとって、
カウンセラー『ありのままの自分を認めてもらいたい
  人間なら誰もが願うことです
  その切実な思いが少しでも満たされれば
  あなたもあえて出て行きたいとは、
  思わなくなるんじゃないのかな』

と、、重要な人を手に入れたと言えますからね。


ただまぁ、
今回は、先ほども書きましたが
エリを使って、描いたということなのでしょうね。

この新鮮さのおかげで微妙な進展であったのが、
救われた印象でしょうか。


次回予告からも、楽しみで仕方ないのだが、
いまだにどこの部分に『次』があるのかが、
よくわかりません。。。。

最終回で、いきなり飛ぶ。。。。なんてことはないと信じたいモノです。



最後に、もうヒトコトだけ。
宗佑がおとなしいと、美知留もドラマに参加しませんねぇ。。。
今回なんて、瑠可、タケル、エリで成立してるもん。。。


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

posted by レベル999 at 23:31| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7人の女弁護士(2) 第8話 秘ソースの味

『40キロダイエット殺人!!
 食べて痩せる方法!?大公開』

内容
野菜だけのフレンチレストラン『レギュームアンジェリーナ』の
オーナー・一ノ瀬平蔵(石田太郎)が、殺された。
現場にいたため、従業員の服部美晴(相田翔子)が逮捕される。
店の支配人であり、
美晴の婚約者という被害者の息子・慎太郎(合田雅吏)が、
美晴の弁護を依頼してくる。
しかし、どれだけ接見しても美晴は黙秘。
関係者を調べていくうちに、
料理評論家、フロア従業員、料理長それぞれに動機はあるのだが、
美晴にも動機があることが判明する。
そんななか慎太郎が、平蔵の営業戦略のために
政略結婚を。。。
その事でもめていることを知ったいた美晴が、
慎太郎が犯人であると誤解し黙秘していたことがわかる。
やっと、弁護の糸口をつかんだ真紀たちは。。。

敬称略


ダイエットのことが必要なのかどうかは、
まったく分かりませんが。。。。

それは、おいとくとして。


決まったパターンで、お話を作っているこのドラマですが
今回は、意外と良い感じですね。

まぁ、、、入江雅人さんが出た時点で、、、ってのは、無視。

でも

フロアの 伊勢原めぐみ 愛人
料理長 田所孝治 レトルトで売るコトに反対。
料理評論家 会田幹雄 レトルトのプロジェクトとか、店の紹介

と、
始めに疑われた人物だけでなく、
ほかのメンバーにも、最後の最後まで疑惑を残しました!!!

このドラマ、始まって以来の快挙ですね!
ココまで引っ張ったのは!

犯人が分かっていても、
ココまでキッチリミスリードをされると、
サスペンスドラマは、面白く見えるモノです(^_^)b

そして、『動機』
これが中途半端なモノが多いですが、
でも
『ベジタブルの魔術師』というプライド。

途中、良い感じで真紀に料理をさせるなど、
ネタフリもキッチリされている。



わたし的にいちばん驚いたのは、
川村さん(三浦理恵子さん)による、犬ネタ!
ケンジロウ!ドギーバック!

一瞬、オバサンネタと言うことなのか?
と感じさせるのが、ナイス!
オモシロで使うだけでなく、
事件でもリンクさせたのだから、結構良かったと思います。


そのうえ、、、隠れて、、、
所長(野際陽子さん)が、今まで以上に指示を出していましたよね。
本来、こう言うことですよね


まぁ、、、
意味なく、真紀が、
信頼を得てもいない容疑者を、犯人じゃないと
断言するのには、サスガに違和感はありますけどね。。。
今回なんて、、いったい、何回発言していたことか。。。

これがないだけでも、結構良い感じなのに
なぜ、毎回無茶するんだろうね。ほんと




とはいえ、
らしい感じは残しながら、
良い感じのサスペンスだったと思います



最後にどうでも良いこと
格さん(合田雅吏さん)を水戸黄門以外で見たのは、、いつ以来だろう。。。



これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 22:11| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・科捜研の女 第6話 狙われたマリコ

『狙われたマリコ!忍び寄る爆弾魔の影!!』

内容
公園でベビーカーを押していた女性が、
赤ん坊を抱き上げた瞬間に、ベビーカーが爆発する。
マリコたち科捜研が調べたところ。
GPS搭載の超小型爆弾であることが判明し、
遠隔操作により爆破されたようだった。
タイミング良く、監視しながら。。。。
愉快犯の可能性を視野に入れ土門たちの捜査が始まる。
そんななか、新たな爆発事件。
今度は、女性がケガをし、犯行はエスカレートしているようだった。
調べていくウチに、ベビーカーに複数人の毛髪が付いていたことから、
2つの事件の被害者が、同じ美容院の客だったことが判明する。





犯人に近づいたと思ったら、空振り。
そんな中、突如犯人が接触してくる。
科捜研のPCにハッキングし、記者会見の要求。
そして、、、
マリコに直接アタック!!






完全に愉快犯ですので、
目的が理解しにくいのですが。。。

ま、それでも面白かったのは、

知恵VS知恵
科捜研だけでなく、マリコたちを手玉にとる犯人
そして、赤ん坊を狙うという、卑劣さ!

だからでしょうか。

完全なる悪意と主人公たちの苦戦は、
ヒーローモノにとっては、絶対不可欠なモノ。


最終的に、犯人が接触してきたため
犯人の『口臭』から、、、マリコに『糸口』を与えるというのは
意外性もあり、結構良い感じ。

そのうえ、
展開自体も、
マリコに夢中になりすぎて
その間に、土門たちが処理しているなど

良い感じでお話を隠しきっていました。
犯人目線であったことも、ナイスセンス!

ある種ミスリードであるが、
これもまた、面白い演出だったと思います。


最後の動機の部分は
若干、クサイですが。。。仕方ありません

『あなたの弱さ』

と、マリコがキッチリ言ってくれていたので
スッキリと言えば、スッキリでしょうか。




ただ、気になったのは、マリコをターゲットにしたこと。
きっと、自分の不遇とは違うというコトで何だろうけど
なら、もう少し、犯人がマリコのことを調べても良かった気がします。

結局、犯人がマリコのことで知っていた事実としては
『科捜研の女』であることくらい。
ハッキングまでしているのだから、
情報を取り出して、にやつくシーンなんてあっても良かったでしょうね。



まぁ、苦戦したマリコですので、
それだけで大満足です。


これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 21:10| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKドラマ8 バッテリー 第8話 信じる気持ち

『心は届くのか?』

内容
豪が退部届を出したため
巧のキャッチャーをやると宣言した東谷(松川尚瑠輝)。
その事を伝えても、退部のする決心は固い豪。
一方、豪もどうして良いか分からなくなってしまっていた。
その事を見抜いた戸村監督は、野球から離れてみるのも良いと言うのだった。
そんななか、新バッテリーのことを聞いた、横手二中・瑞垣が現れる。
そして、、東谷に『巧の相手は出来ない』と言いきるのだった。
東谷、巧、2人に暗い影を落とす言葉であったが、
東谷は巧がなぐさめの言葉をかけたことに、
『その言葉は、豪に言うてやるべき言葉』だと、、、

ついに巧は、豪を探しはじめ、
神社で、弟・青波(森本慎太郎)とキャッチボールをしているのを見つける。
それを見た巧は、つい。。。。。

敬称略




巧、豪
ほとんど、ケンカ別れの状態。
でも2人は、野球、そして相手のことが気になる。
何か『きっかけ』があれば。。。

そんなとき、
東谷が。。。

巧『瑞垣の言葉なんか気にするな
  お前とはまだ始めたばっかり何だし
東谷『まだ始めたばっかりだし
  これからゆっくりバッテリーになっていけばええ
巧『そうだよ
東谷『あほぬかせ
  今お前が言うたその言葉はな、豪に言うてやるべき言葉じゃないんか
  ちがうんか
  お前は相当なアホじゃ
  豪は、お前が正直な気持ち言うて引きもどさんかったら
  ほんまにもう2度と野球にもどってこんぞ
  お前ら日本一のバッテリーになるって、誓うたんじゃろ
  今オレに言うたことと同じコト、豪に言うてこい!!

やっと、きっかけをつかんだ巧だったのだが。。。。


っていう感じですね。




お互いに『きっかけ』を求めていたが、
どうしても、すぐにキレちゃう巧(苦笑)

神社に、ナニしに来たんだ!
そのうえ、、弟に当たるとは。。。

いくら何でも、ひどすぎの巧ですよね。

まぁ、そこまで追い詰められていたと考えても良いのかも知れません。

その追い詰められていた巧の心を救ったのは、
青波『兄ちゃんが来てくれるの、信じとった』

良い感じで、、、走馬燈の如く。。。(回想、、、じゃない感じだもん)

巧は、やっと『自分に欠けていたこと』を発見する。

それは、、、
バッテリーの相手・豪を信じ抜くこと!!!


まさか、弟が絡むと思っていなかったので、
本当に良い感じの兄弟愛からの、バッテリー愛への転換でした。

そのあとの。草野球で、
ナイスボールと、手をあげる豪なんて

2人が吹っ切れた瞬間で、かなり良い感じ。



暗すぎること、その事を引き延ばしすぎていることは
サスガに、気になる部分ではありますが


転換点から、弟のことまで、
弟の体の状態もあるから、良い感じで泣かせる展開だったと思います。

もちろん、草野球もね(^_^)b




ただ、わたし的に納得出来ないのは、
豪のことを、転換点を表現していないこと。

たしかに、野球への気持ち、巧への気持ちは表現されているのだが、
豪のきっかけは、、、お母さんですか!?

なら、、悩まなくても良かった気が。。。。

お母さん、気付いていたみたいだし。。。

禁句ですか?
そのうえ、、
ダラダラと、、、尺八とか。。。。。。。
どうしても、入れたいらしいが、ドラマに関係ないんですけど!

どうも、そのアタリのテンポの悪さが、ありますからね。。
そこだけが、少し残念な部分。


巧の話は、良い感じで感動だったけどね。


実際、細かいこと言い出せば
きっかけはあったが、子供達の中で行われているために
アドバイスという点では、説得力が少し弱いですけどね。。
まぁ、、そこは、青春モノと言うことで!


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 21:06| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ホカベン 第7話 裁判に負けた日

『決意の凶悪犯弁護…大きな試練』

内容
被告人・戸塚源一19歳。
加害者である戸塚(遠藤雄弥)の弁護をするかどうか、杉崎に言われた灯。
灯は、戸塚に接見し、反省していることから、弁護を受けることにする。
女性を傷つけた、その犯行には、嫌悪感を覚えながらも。。。
杉崎は、森岡所長から伝えられていた。
戸塚の父・健一は区議会議員で、エムザの関わる公害訴訟にとって重要な協力者。
最悪でも執行猶予。。。。
そんななか、杉崎と灯は2人で、事件の調査を始める。
すると偶然にも、
被害者の松沢明美(片瀬那奈)と弁護士・上田(小市鰻太郎)と出会う

敬称略



いつどおりの重い話ですが、
それでは、ダメと思ったのでしょうか。

最後は、『あと味』が良い感じ。

まぁ、、
わたし的には、それはどうかなぁ。と
思いますけどね。


ココまで毎回、『あと味』が、悪かったんだから!!!

え?私の本心?
本心は違いますよ。もちろん。
杉崎『本心?
   死刑になりゃいいんだよ
   何が正しいかぐらいわかってんだよ
   そんなヤツ守るために弁護士になったんじゃねえんだよ
   お前に言われなくたって、分かってんだよ
   これが本心だよ

この杉崎の本心に、異を唱えるつもりはありません!



それはさておき、今回のドラマ。

灯が、初の加害者弁護をすることに。
それも、女性の敵!
『仕事』とは割り切っていても、どうしても納得出来ない。
が、一応反省はしている。。。
示談は無理。。。
そんなとき、手伝いをしたという少年が現れ。。。。

そんな感じですね。


とはいえ。。。
灯『私の事務所エムザ法律事務所が
  あなたのご両親から依頼を受けている以上
  私も弁護士として、精一杯弁護をするつもりです。

と、今まで、最もやってこなかったことを宣言することには
違和感はあるのですが。

工藤『弁護士である以上、あらゆる手を尽くすのは当然だわ
   今度の事件、エムザ中が注目している
   最後まで弁護士として戦って
   あなたのこと、見直させてちょうだい

と、ある意味追い詰められている灯ですから、
これはこれで良いのかも知れません。

だから、この部分は無視するとします。


ドラマ自体は、加害者弁護
そのドラマに杉崎の過去を絡めていく。
杉崎もまた、灯と同じ気持ちを持っていたため
どうしてもやりきれなさは持っていた。

杉崎の弁護の成功は、1人の女性を死に導いてしまった。
その過去。。。
だが、弁護はしなくてはならない。。。

そんな2人の気持ちを上手く表現しながら、
灯もまた、恐怖を感じたりとか、良い感じで被害者を知る。

でも、裁判では加害者弁護 当然、攻撃される灯。
きっと、まとまるんだろうとは思っていても
被害者からの強い攻撃を受けるのは、今までのことがあるから
結構良い感じ。

『あなた、最低の人間ね!
 あなた女でしょ

加害者弁護ですから、賞賛の言葉と言えるのかも知れません。
完全に、どん底に落とし自分をワルモノにしながら、
最終的に、裁判では負けを導く存在となる証人が現れる。

ま、ココだけなら説得力がないところだが、
弁護の開始時に、『約束』をしていますので

灯『反省してるんじゃないんですか
  まさか全部、執行猶予が欲しいためのお芝居だったんですか

サスガに、強引さはあるのですが。
弁護には信頼関係が必要でしょうから、
ドラマ的には納得の展開です。

傷つきながら、裁判には負けた。
しかし、灯は弱者の味方になることが出来た。。。


でしょうね。


スッキリ感はないが、
どん底に落ちるだけ落ちて、少し良い感じと。。。

面白かったと思います



ただね、、ヤッパリ気になるんですよね。
あと味が、若干良いから。。。(笑)



最後に、、ヒトコト
灯のお母さんの、発言。。。良いのか??TVで??



これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:58| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁捜査一課9係season3 第7話 割れないグラスの謎

『割れないグラス』

内容
インテリアショップ『シャーレック』を経営する、
カリスマバイヤーとして有名な岩城奈々子が、遺体で発見される。
近くにはワイングラスと毒、そして、、、遺書らしきモノ。
加納係長は、ワイングラスに違和感を感じ転がしてみる。と。。
が、怒鳴り声。所轄のベテラン鑑識・猪狩哲治だった。
しかし加納の話を聞き、割れないワイングラスの分析をすることに。。

そんななか、奈々子が、1ヶ月前に夫・譲から、
経営権だけでなく、資産のすべてを取り上げていたことを知る。
また、、奈々子には愛人がいたらしいことを。
一方、浅輪は、通話記録に、兄の名があったため事情を聞く。。。
すると、兄・和樹は倫子の店のために
奈々子のアシスタント石黒佳代に会わせようとしていたらしかった。

そんなとき、猪狩の分析で
グラスが、店に置いていないことを知った小宮山は、、、、





今回、、、細かい小ネタ。
いわゆる、9係の面々の『生活ネタ』が少なかったですね。

矢沢の妻・早苗の手術成功はさておき。

だが
今までなら、完全独立しているはずの小ネタが、
今回は、少ない割に重要な役割を持っていた。

それも、
連続性を持っています!

浅輪と倫子の開業ネタから、
浅輪の兄・和樹へとつないでいく。
一方で、和樹の名前が、通話リストに!
その和樹が、被害者を知っているだけならまだしも。
被害者の性格など。。情報を浅輪に伝えてくれた。
そして、、そこから、和樹の意図。
すなわち、倫子のために、目利きアシスタントの話。
和樹が海外で、なにかやっていたことを知るだけでなく、
犯人を特定する手がかり『才能』を表現した。


良いですよね。今回。
完全に、生活ネタであるにもかかわらず、
それを事件に完全にリンクさせた!!

気のせいかも知れませんが。
シリーズ初のような気がします。


さて、ドラマですが
恨みからと言う動機を入れた回想が、結構短いですよね
それでいて分かるのは、
先に書いた、生活ネタとのリンクが効果的!

テンポを崩すことなく、最後まで突っ走った感じですね。


オモシロ小ネタがないので、
らしくないと言えばらしくないのだが、
でも、それでも面白かったのは、小ネタを意味づけし
テンポの良いドラマを生みだしたからでしょうね。

普通のドラマ的には普通ですが、このドラマにとっては特異なドラマ。

かなり面白かったと思います。




まぁ、、気になるのは、
猪狩哲治の目利きですよね(^_^)b

まさか、、ほんとに小宮山さんがスカートのワケが。。。

どうなんだろうね。。ほんと。


最後にどうでも良いことですが。
伊東四朗さん。。。ほんとにスペインなの?
出てこないのかなぁ。。。

渡瀬恒彦さんと名コンビなのに?


ついでに、、、もうヒトコト。
金子さやかさん、、、出れば必ず犯人ですよね。最近。。。


ちなみに、、、、私が最も気になったこと
田口浩正。。。。あせだく、、、NEOネタですよね(^_^)b




これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:33| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おせん 第6話 笑顔のハンバーグ

『普通の恋愛?憧れのハンバーグデート』

内容
おせんは、通称お見合いババアと呼ばれる大河原(梅沢昌代)から、
お見合いを頼まれる。
相手は、大学の准教授・千堂保
一升庵の女将と言うことで無理と思っていたおせんだったが、
シズ(余貴美子)に言われて、お見合いをすることに。
千堂と会ったおせんは、何事にもハッキリモノを言う態度や
その誠実さに惹かれ始めるのだった
そんななか、千堂が、おせんの女将姿を見てみたいと言いだし、、、

(敬称略)




おせんがお見合い!
と言うことで、皆さん一喜一憂。
おせん自身も過去があるため、躊躇いながらも
千堂に惹かれる。
そして、女将としてのおせんを見たいと。
でもそれは、おせんにとって、最もおせんらしいところではあるが。。。。

千堂は、
『おそれいりました
 おせんさん
 このたびのお話、無かったことにしてください
 やはりあなたは普通の女性ではない
 素晴らしい女将です
 これほど、女将という自らの使命を受け止め
 おのれに磨きをかけている人物を私は知らない。
 ハッキリ言いましょう
 私など、あなたの境地にはまだまだ遠く及びません。
 いつか私がおせんさんに見合うだけの境地に至る日が来たら
 そのときは
 あなたに結婚を申し込むつもりです
 千堂保、もう一度おのれを磨きなおして参ります

千堂もまた、マジメすぎるがゆえ
今の自分ではダメだと、、、


そんな感じですね



基本的に
おせんの見合いと言うよりも、
おせんの恋と失恋、と言う方が正確かな。


おせんの過去を入れながら
そこに『女将』というモノへの使命感
そして、
その使命感があるからこそ、お箸を作ることが出来るという『おせんらしさ』
が、そのおせんらしさが、逆に足を引っ張る。

という、良い感じの切なさ。

一升庵の女将であるがゆえの悲しみ。苦しみ。
おせんが選んだ道を上手く表現したと言えるだろう。


そこに、サブのお話である、
ハンバーグ、お茶などを
おせんを知る板前たちの気持ちですくい上げるという、
サブもまた、良い感じで効いている。

そこもまた、『一升庵らしさ』なのだろう

全般的に『一升庵』『おせん』を出し切った印象ですね。
実際、今回のようなモノがきっと『らしさ』なのだろう。


別に、同局の某ドラマを真似て、ハンパなヒーローなんかしなくても
今回のように、しっかり作れば、面白く見ることが出来るモノだ。

たとえば。
今まで、あまりにもくどい存在だったヨシ夫だって、
一歩ひくかたちで、他の板前とほぼ同等。
それで、グダグダ言わずに、キャラを出しているのだから
シックリ来る良いキャラになっている。

シズだって、今までいてもいなくても良かった感じだったのが
今回、ひとりの女として、アドバイス。

役割分担がキッチリとなっている。

ドラマの展開も納得だし、キャラもキッチリ表現
まぁ、、、先が読めちゃうのがアレですが
結構面白かったと思います。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 01:26| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜 第7話 届け!ナイトの想い!

『届いた愛』

内容
白鷺の命令で、01ナイトの廃棄処分だったが
並切は、修理をした。。。。ことにした。

一方、コンクール出場のための新スイーツ作りに挑む、梨衣子と創志
ニンジンクリームを使ったスイーツが、どうしても出来ない。
そんなある日。人気の新鋭パティシエの平井夏美(酒井彩名)がやってくる。
夏美は、創志の元カノだった。
動揺する梨衣子だが、それ以上に、
コンクール出場のためのASAMOTOのライバルであることを知る。
必死にがんばる梨衣子だが、上手くいかない。
ナイトも、必死に応援するのだが。。。

そんなとき、梨衣子が過労で倒れてしまう。。。

(敬称略)



潜ってきた???????
ナイト『ヘイ!梨衣子の台所で、毎日作ってるっす

とか、、、

病院で、治療を受けそうになったりとか。
まぁ、、これは、ネタフリですが。


今回は、ナイトという存在を
かなり上手く使った『オモシロ』。

それだけじゃなく

ナイト『オレ、梨衣子に何をしてあげれば良いのでしょうか
   梨衣子は今、夢に向かってがんばってるのに
   なかなかうまくいっていません
   でも梨衣子のために、オレが出来ることは何だろうって
   分からなくなるときがあります


と、完全に擬人化したあと
倒れてしまった梨衣子のことを思い

ナイト『どうして、気付いてあげられなかったんだろう


そして、子供達に
梨衣子がいらないと言っていたケーキをあげたり。。。

ナイト『梨衣子はパティシエになれたね

と、
擬人化を超え、『人間』していると言って良いだろう。



その気持ちを知ったからこそ、
たとえロボットであると分かってはいても
『あたたかさ』『優しさ』に触れた梨衣子は、

ナイトに『好意的な感情』を。。。


と言う風に
今回は、
梨衣子の頑張りを見て、それに応えようとするナイト

と、ナイトの感情を上手く表現し
成長させながら、進化させながら、まとめきった印象だ。



ロボットだと言うことを、無視してでも
『普通の恋愛ドラマ』を見ているようだった。

ナイトを中心にしたことで、
オモシロ、シリアス両面攻撃を可能にした。
これはかなり良い選択ですよね。
他のキャラを壊すことがありませんから!


とまぁ、
結構良いテンポで、良い感じの恋愛ドラマだった今回。

その中に、
美加により『嫌い』発言
ふじ子さんには、ロボがばれちゃう。
白鷺にも並切のことが。。。

かなり面白いネタフリ。

そして、、、

夏美『創志、さっきの彼女のこと好きなんでしょ
創志『ふっ

、、、、創志も、、、、本格参戦でしょうか?


人物関係の描き込みも、かなり良い感じでした




実は、もっとグダグダなドラマになるんじゃないかと
ずっと心配していたのですが。
今回、それを乗り越え、恋愛ドラマを完成させた気がします。

次回が楽しみなドラマになったような気がします。


もしかしたら、本当に面白くなってきた感じですね


それにしても、、
魚ネタもそうだが
『藻とかの』って。。。。
やりますね(^_^)b



これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:24| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

CHANGE 第3話 モジャ倉、総理誕生!

『今夜、総理誕生!!』

内容
鵜飼総理が辞任を発表したのを受け、
政友党の総務会長・神林は、
朝倉啓太に、総裁選出馬を打診する。
戸惑う啓太は、長野の教え子たちのもとへ行き、
もう一度、政治を見つめ直す。

『誰のために何をすれば』

そして啓太は、総裁選出馬を表明する。
が、公開討論会では、他ふたりのベテラン候補者の前に劣勢。

そんななか、美山の政治家としての勉強
そして生方が連れてきた助っ人。鴨志田、高柳
勉強しながらの選挙戦。。。

そして、第3回目の討論会。
2人の候補者の議論に対して。。。。。。。







今回のお話は、『総裁選』ということで、
番組始まって、2度目の選挙であるが、

今回は、前回よりも良い感じ。
結果が分かっていても、
サプライズ的な『理由付け』のないモノよりも
説得力がある感じである。

朝倉啓太という『キャラ』を出しながら、
その中に『素人』であることゆえの『疑問』を持ち込む。
それを利用しながら、
選挙プランナー韮沢が、日本中にブームを!!

と、、、
徐々に変化していることが、
食堂の夫婦のことも含めて、分かり易く表現されている。


そんな感じで、選挙戦の『変化』を出しながら、
朝倉啓太自身も、助っ人たちとの『勉強会』で、
徐々に変化していく

これが完全にシンクロしているのだから、
良い感じのテンポを生んで、ドラマが『劇的』に見えるのは当然だ。


決まっていたことではあるが、
今回は、朝倉をメインにキッチリ据え、面白かったと思います。


まぁ、
もしもヒトコトあるとすれば、
美山『政治家になることが目的になってしまって
   この国を良くしたいなんて、これっぽっちも考えてない人たち
   だったら、私がやってやるって。
   チャンスがいらないなら、私にください
   先生はご自分の幸運を分かってない
   だから腹が立つんです
   政治家に一番必要なのは、決断力です

でしょうか。。
どうも、、、子供達に会いに来たわりに
こっちがメインなのか??と言う感じで。

会いに来た意味があったのかなぁ。。。って思っちゃいました。
東京で良かったんじゃ??って





ということで


総理大臣とは
誰よりも国民のために働く義務と責任を背負っている。
選挙の時だけあまたを下げて当選したとたん
特権階級のように振る舞うような人間は
本当の政治家ではありません。
誰にでも分かるような言葉で、しゃべることが出来ない人間は
本当の政治家ではありません。
国民皆さんお幸せよりも、自分の利益を優先するような人間は
本当の政治家ではありません。
そして、何より国民の皆様が
何に怒り、何を望み、何を信じたいのか
それが分からない人間は、本当の総理大臣ではないんです。


僕は約束します
皆さんと同じ目で今行われている政治の問題点を見つけ出し
そして、それを正すことを!
僕は約束します
皆さんと同じ耳で弱者と言われる人たちの
どんな小さな声も真剣に聞くとこを!
僕は約束します
皆さんと同じ足で、問題が起きている現場に
躊躇うことなく、駆けつけることを
僕は約束します

皆さんと同じ手で、自分も汗まみれになって働き
そしてこの国の進むべき道を指し示すことを
僕のすべては、皆さんと同じです



と、、、、長い演説はさておき。。


私が一番面白く感じたのは、
女医の月丘(堀内敬子さん)

『今までおじいちゃんばかりだったから
 こんなお若い方が総理になって、嬉しい。。。

もちろん、皮肉も含まれているが、
なんか、、、ツボに入っちゃった感じ(^_^)b

この時の笑顔が、頭から離れない状態です。。。。



さて、、、神林(寺尾聰さん)も、良い感じになっているし
これから、どのように
違和感なく、飽きさせないように、『政治』を魅せるか?

ほんとに、正念場に突入ですね。

どんな展開にするつもりなんだろう。。。。

いつまでも『小学五年生』ではなぁ。。。



これまでの感想
第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:10| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

猟奇的な彼女 第6話 未来への手紙

『未来への贈り物』

内容
野々村に再会することが出来なかった凛子
落ち込む凛子だったが
その姿にを見て三朗は、話したことに少し後悔を覚えていた。
声をかけることが出来なかったが、
テラスで偶然顔を合わせたとき、意外と元気に振る舞う凛子。
そして、凛子からデートに誘われるのだった。
2人のデートは、徐々に凛子を元に戻していき、
最後は、ケンカをするまでになっていた。
しかし翌朝。
『さようなら』という置き手紙を残し、行方をくらましてしまう。
1ヶ月が経過しても行方がつかめない。
そんなとき。野々村の妹・雪乃が現れ、
凛子に書いたという手紙を渡していくのだった。。。。






もう完全に、南(松下奈緒さん)の存在の意味が崩壊。

まぁそれは良いとして。



今回、強引さはあるが
初めて活躍した人がいます!!
夏目教授(上川隆也さん)である。

『お前は人の心配ばかりして。。
 お前は、彼女に惚れてんだよ
 何もしなくて良いんだよ
 ただ信じてやれ
 ただ待っててやれ
 その人を信じて、その人が帰れる場所を作っておく
 それが人が人にしてやれる、精一杯のことだ


やっと、
三朗の心にある凛子への思いが、第三者によって語られた。

まぁ、それ以外にも
三朗の様子がおかしいと言うことで、
三朗の凛子への思いは表現されてますけどね。

でも、
南への気持ちも、あったのになぁ。。。


どこをどうとったら、そんな風に変化していったのかは分かりませんが

1ヶ月の時間経過でみんなが気付いた

と言うことにしておきましょうか。



ということで。あらためて。

三朗の片想いの凛子がいなくなってしまった。
探しても見あたらない。
そんなとき、凜子のもと彼の妹が持ってきた『手紙』

運命は、奇跡を引きつけはじめるのだった!!

そして、、愛する凛子のために
凜子の実家へと旅立つ三朗。。。。


以上

っていう感じですね。



やさしいなぁ。。。わたしは。。。
今までのことを、すべてリセットしてあげるんだから!!

そうしないと、、、見てられませんm(__)m



リセットした上で考えると
夏目先生の言うとおりに待っていたら、
奇跡が起き始めたと言うことですね。

ネタはキッチリ表現されているし
流れも、しっかりしている
間違っていないと思います。


面白いかどうかは別として

どうもねぇ。。
無駄にくさすぎる感じでしょうか。

悲しみは、笑顔があるから引き立つんですよね。
だからこそベタなドラマは、
思い悩んだり、楽しんだりとするわけです。

たとえ、
どれだけ数島『谷原章介さん』が、がんばっても
それが直接的に三朗との間でドタバタしないんだから
あまり意味ない。

もう少し、回想を挟むとか。
三朗は何もしなくて良いから、思い出に浸るとか

なんでも出来たはずなのに、
何もしないという。。。。

盛り上げるなら、思い切って盛り上げて欲しかったですけどね。

編集くらいなら、どうにでもなるんだから
思い切ってあれこれして欲しかったモノです。




ちなみに、今回見ていて。。。
今回が、最終回で良いんじゃないの?
と思ってしまった。。。。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 23:57| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハチワンダイバー 第4話 2人目の真剣師

『二人目の真剣師は漫画家!文字山ジローついに登場』

内容
2人目の本物の真剣師として、そよが紹介したのは
マンガ家の文字山ジロー
その文字山は『人生』を賭けろと言い出す。
もしも、菅田が負けた場合、
文字山のアシスタントそしてそれからマンガ家になること
菅田が勝った場合は、
文字山が連載しているキャラ『なるぞうくん』を
『ハチワンくん』に変更。

お互いに負けられない状態の中、真剣が始まる。


文字山は手堅く攻めてくる、
押されまくった菅田は、ダイブ!
形勢逆転のハズ。。。。。だったのだが、。。。。。

文字山『このストーリーは読んでいた』

と、、、、文字山がダイブを読み、その上の攻撃を始めるのだった!!!








まぁ、面白いと言えば、面白い感じ。
原作は知りませんが、
前回に引き続き、『アニメ』のようで。。。
いや、、実際『アニメ』ってか『CG』なワケだが。

きっと、忠実に面白くやっているのであろう。

きっと。。。。そういうこと。。。なのだ。


が。
ドラマとしてみた場合。

動きが見えない盤面ということもあり、
前回のような、『劇的』という感じもなく

アニメの存在が、逆に緊張感を失わせている。

残念なことであるが、
もしも、忠実であるならば
その忠実さが、真剣勝負に水を差してしまっている


そのうえ、
前回のような、大杉漣さんという
トンデモキャラをマジメに演じている俳優さんというギャップによる、
サプライズ的なモノもなく。


どうも、文字山のキャラ自体に、オモシロ味を感じにくい状態だ。



そのキャラの中途半端さ以上に緊張感を欠如させたのは、
盤面解説、展開の表現の少なさだろう。


前回は、大杉漣さんの演技力もあり
その緊張感、真剣勝負が伝わってきた


今回は、盤面のオモシロ味もない。

これは、俳優の力量の差ではなく
演出の差であると思います。


真剣勝負の緊張感の無さのうえに、
無駄なアニメによるテンポの消滅ということで
とんでもない状態に陥ってしまったような気がする。






たしかに。
ダイブを失敗したり、
焦りからダイブが出来なかったり
と、、
ダイブが万能武器ではないことは表現されている。

それに、、『組織』という言葉も出てきたように
これからのことを感じさせる、ネタフリもあった。



こう言うことは大事だし、
オモシロ味の1つである。


だからといって、メインで盛り上がりを感じないのだから
正直
どう言って良いか分からない状態だ。



せめて、、、テンポよく進んでいれば
もっと違った印象だったと思いますけどね。

盤面が見えないのに
駒と話する文字山なんて、必要ないと思います。

時間を使いすぎ!!!



最後の
菅田『今の僕には何も読めない
   だから、あなたに読んでもらう

文字山の動きで、
勝負が分からないと悟る菅田

ってのは、おもしろい発想だったと思いますけどね。




これまでの感想
第3話 第2話 第1話


posted by レベル999 at 00:22| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。