TBコメントは、本家へm(__)m

2007年12月19日

相棒6 第9話 編集された真実

内容
スナック椿の経営者・椿友春への殺人容疑で
妻・美穂は、裁判に出ていた。
検事・鍋島司により流される検察による美穂の自白証言映像。
長期拘留による心神耗弱だと、反論する弁護士・武藤かおり。
そして、次に流されたのはアルバイト三島陽子の証言映像。
すべて、美穂に不利な証言ばかりだった。
翌日。。。
三島陽子が死体で見つかる。
何かを感じた右京たちは、旧知の武藤かおりに話を聞きに行く。
すると、陽子が美穂の無実を信じていたという。
そして証人として出廷する予定だったと。。






敏腕弁護士・武藤かおり(松下由樹さん)再登場!!

資料によると、シーズン1−8、シーズン2−1,2

見たことあるんだよなぁ。。。って思っていても。
思い出せないほどの昔でした。(^_^;




検察による裁判に提出した証言映像
それを見た被告人の父は、証言者を許せなかった。
だが、、、真実とは違っていた。
勘違いしてしまった父。

捜査開始当初からの証言などを記録しない警察。
そして、編集してしまった検察。

もしも、『正確な記録』がすべて提出されていたら、
次の殺人は発生しなかった。。




裁判員制度の事も視野に入れ、
『映画』のことも視野に入れたお話でしたね(^_^)b

面白いのは『ライター』ということを、
細かく組み込んだネタフリ。

ライターとマッチが出た時点で、
アリバイになるのだろうと思ったが、

まさか、、、第2の殺人に繋がるとは。。。

やられましたm(__)m


そして、今回、意外と活躍したのが。
捜査一課の芹沢と内村刑事部長(^_^)b

何となく言った芹沢の言葉で、真相に気付いた右京。

内村刑事部長なんか、
関わって欲しくないからと、検察へからの証拠を見る事許可するなんて。。。

やぶ蛇やん(^_^;

とまぁ、
細かいところまで、中園も登場させるなど
完全に『映画』のための、キャラ見せを兼ねている事が分かりますよね(^_^)b

でも、、、公開は、G.W.ですからね。

映画宣伝では津川雅彦さんもいたし。。。

これから、徐々に『6』が終わるまでには、
すべてのキャラを出していくのでしょう。


とはいっても、その前に『元日SP』です!!!



と、、、いろいろとネタフリされていた今回。
最近には珍しく、
右京さんが、途中の推理を亀山くんに話していたりと
分かり易かったね(^_^)b
でも
最後のオチには、本当に驚かされましたm(__)m



そう言えば、どうでも良い事ですが。
美和子『鈴木佐羽さん』の髪形が違いましたね。。。

ついでに
今回も三浦刑事の登場は無し。


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 22:20| 2007年10月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。