TBコメントは、本家へm(__)m

2007年12月16日

風林火山 第50話(最終回)勝ち鬨

内容
ついに、決戦の火蓋が切られた。
突如の上杉軍の攻撃に、応戦する劣勢の武田軍。
妻女山からの援軍の到着まで、耐える戦いを強いられた。
しかし、徐々に体勢を立て直す武田軍を見た宇佐美は、
共倒れを防ぐため、政虎に兵を退くことを進言する。
だが、政虎は、今こそが決戦の時と、
太刀を振り下ろし、突撃を決断するのだった。
一方、政虎の突撃を聞いた勘助も、
上杉軍本陣へと突撃していく。
その勘助の前に現れた宇佐美は兵を退けと言うが、
両者のあいだを駆け抜けていく、一頭の馬。
上杉政虎は、単身、信玄の待つ本陣へと。。。。。






まぁ、どうなるかと思った、この最終回ですが。

ちょっと、『回想』を入れすぎたんじゃ(^_^;
いや、、、

お話としては、かなり良く作られているし、
戦いの壮絶さも、スゴいモノだった。

一番驚いたのは、
政虎、Gacktさんの、馬の扱いかな(^_^;
本当に、もの凄いです!!!

カッコいい!!!

と言っても良いでしょう。



ただ、、、、
勘助の最後の立ち回りがねぇ。。。。
悪くはないのだ!!

でもね。。
これを言っちゃダメなのだが、
『板垣のシーン』は入れない方が良かった!!!

たしかに、内野聖陽さんも頑張っておられるのだが、
彼の年齢と同じくらい『そう言うこと』をやっていた板垣。
いや、千葉真一さんを入れちゃダメでしょ!!!

比べたくなくても、比べてしまいます。。。。m(__)m



とまぁ、
今回は、戦いだけなので、
特にこれと言った『ドラマ』はないと言って良いだろう。

あえて書くとすれば、2カ所

1つ目は、
勘助から義信への言葉

義信『ワシが敵の本陣をつく
勘助『命を粗末になさってはイケません、
   あなた様の命と、この勘助の命は違いまする
   あなた様が御屋形様を守らなくて、誰が守りまする
   本陣へ、お戻りくだされ
   義信様、武田家をお守りください

軍師としての役割を果たすには、
武田家を守ることも大事。
たとえ、四郎がいたとしても、嫡男を第一と考える姿が
勘助目線で描かれたのは、かなり面白いところだろう(^_^)b


そして、、二つ目。
最後の部分ですね。。。。

胴を持ってくる伝兵衛
首(あたま)を持ってくる太吉。

そして、首を検分する信玄たちが
信玄『笑うておる。。。
   勝ちどきじゃ
   勝ち鬨をあげよ!!!
   
そうなのだ。
直前に、勘助が『戦が勝ちだ』と言っていたことが繋がるシーン。
戦いの戦局の見極めこそが『軍師の役目』

笑っている勘助こそが『武田軍勝利の証』なのだ。

この二つ目のシーンは、
本当に感動してしまった。

勘助が、戦うシーンよりもね(^_^;




とまぁ、そんなところかな。
戦いだけだったからね。



ドラマ全般を見た場合。
一部キャラ、正確には由布姫
このキャラをあまりにも、ダークに描きすぎただけでなく、
登場が多かったため、
勘助との関わりだけでなく、勘助の気持ちを曖昧にしただけでなく。
視聴者が感情移入しなければならない『気持ち』という部分を、
出来ない演出となりすぎてしまったところが、
最後の最後まで足を引っ張った感じだろう。
もしも、これが、もう少しマシな状態だったならば
彼らの関わりも、感情移入しやすかったろうに。。。
その部分への『おかしなこだわり』を持ったドラマ。
そのため、他に描かねばならないであろうキャラ。
たとえば、三条や、太郎。
彼らの描き込みが薄くなってしまった。
そのような、本来ならば基本となる部分の、
中途半端さはあったモノの。
様々な、戦いや、特に真田物語は、
その1本で楽しめるほどのお話であった。
多少の違和感さえ除けば、
全般的に、それほどムラもなく
大きな違和感もなく。
ココ近年まれにみる大河ドラマであったのは確かであろう。

わたし的には、最大の功労者は
市川亀治郎さんかな。。中盤までは、千葉真一さん。

ちなみに、ある意味最大の功労者は、柴本幸さんであることは間違いない。
私の感じ方では、演出的な問題だけで
本来勘助が持つべき『ダークな部分』を、
一身に背負ってしまった彼女が、気の毒でなりません。



これまでの感想
第49話 第48話 第47話 第46話 
第45話 第44話 第43話 第42話その2 第42話その1 第41話 
第40話その2 第40話その1 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話その2 第35話その1 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 21:10| 大河ドラマ 風林火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。