TBコメントは、本家へm(__)m

2007年12月15日

ドリーム☆アゲイン 第10話(最終回)全力で夢を追った人生

内容
朝日奈が、駿介であることを聞いてしまったさつき
そんな事も知らず
朝日奈は、さつきの事務所に届け物
そこでさつきと出会い。
さつきから
二次テストで、駿介のリングをつけて欲しいと頼まれる。
そして、二次テスト当日の朝。
雛が倒れた。
病院について行った朝日奈だったが、
雛に『行って』と言われ、テストに臨む!!




オイオイオイオイ!!!!!!!!!

ちょっと、本気で驚きましたよ!!!

もしかしたら、こう言うことか?

朝日奈の依頼に応えて、
田中は、雛に命を与えた。
はじめ『出来ない』と言っておきながらだ!!
ということは。
あの時『消えかけた』のは、
『田中による、脅しまたはフェイク』であったということだ。
それ以外、考えられない!!

だから、、、、、最後の最後に。
『ミラクル』イヤ、、、、『反則ワザ』を使った!!!

映像からすると
『時間がもどった』というのが正確だろう。
パラレルではない。。。

そして、
クリスマスという設定になっていることから、
死んだはずの日から、2〜3ヶ月経過していると言うことだ。

ってことは。。。。。。
その間に『すべてが好転した』。ってことだな。

もしかしたら。。雛の心臓も、無しにしたって。。
で、アレは翌年の駿介なのだろう。




あまりにも驚きの展開で、
本当に驚いてしまった。

田中『あなたは変わった、あなたは自分の力で運命を切り開いたんですよ

と言ってることからも
あの時、田中が『死んだ小木』の前に現れた時
瞬間的に、『時間体験させた』とも言える。

そして、『生』か『死』の選択の『チャンス』のための『テスト』だったとも。


イヤ、、、その方が良いのかな。
すべてを考えた場合。

『テストによる体験』

だったと。



完全に、感想が迷走していますm(__)m




それはさておき。

雛の大ピンチに、
今まで体験してきたことのすべてで、
自分のことを理解した朝日奈孝也こと小木駿介は、
田中に頼み、命をあげることに
でも、最後にさつきには。。。全てを話す

駿介『ずっと夢は、叶えるものだと思ってた
   かなわなくちゃ意味がないんだって、負けなんだって
   だから、あの日、お前と別れようと思った
   でも、叶えることだけが大事なのか
   おれは、いろんな人にあって、いろんな目にあって
   助けてもらったり、支えてもらったりした
   たとえかなわなくても、夢を追うことの方が大事だって。
   俺は思う
   だから、全力で夢を追った
   オレは、悔いはない。
   ただ1つだけ。
   さつき。ごめんな。
   お前をこの手で幸せにしてやれなくて。

あの日の後悔からはじまり、
不慮の事故で命を亡くした駿介。
でも
別の人生を歩み、自分のことだけでなく
『人生の本当の意味』を知った。


そして。。。。。

そんな感じの今回。

まぁ、
流れとして、『夢』であるプロテストを中心にしながら、
雛の命と自分の夢と命。

今回は、今までになくテンポも良く。
キッチリとキャラを描き込んだ感じだろう。

悪くなかったと思います!!

やはり、思いをぶつけ合うことに、面白さを感じました。

最終段階まではね。




面白かったんだけど。
驚きが先行しています。

ドラマ全般を見た場合、
神懸かりな田中の力がすべてであったと言うこと。
そこの部分を、納得と見るのか、反則と見るかで
かなり意見が分かれてしまうドラマだったろう。
ポイントポイントでは、かなり良い感じのドラマもあり、
ジーンとするお話も多く。
面白さはあったと思います。
まぁ、、、
結局『田中』だもんなぁ。。。

ハッピーエンドにはなってるんだけどね。
序盤などにあった『消滅の危機』という緊張感を
『田中』で納得させるしかないか。。
究極の手段だからね(^_^;


これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 22:47| 2007年10月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。