TBコメントは、本家へm(__)m

2007年12月14日

歌姫 第10話 告白のシナリオ

内容
太郎と鈴のことを知って、
クロワッサンに、自分の夫は及川だと言い残し、
美和子は東京へ帰ってしまった。
しかし、どうしてもあきらめきれないクロワッサンは、
再び鈴に告白しようとするが。
鈴からキッパリと『極道とは関わりたくない』と宣言される。
そこでクロワッサンは、久松に足を洗うと。。。。。
堅気になろうとするのだった。
そのクロワッサンの心意気を知った太郎は、
鈴に告白しようと『告白のシナリオ』を書き始めるのだった。





まぁ、簡単に言えば、

クロワッサンに心をゆらされ、
告白しようとしたが、
落とした懐中時計を取ろうとして、足をすべらせ海へ。。
翌朝
鈴たちとの記憶をすべて失ってしまった。。。


っていうことだな。

ココで、まさかの『リセット』です(^_^;
次回最終回で『何らかの結末』が用意されているのだろうが、

こうなってくると、
なんだか、鈴のことが不憫で。。。。

鈴たちにとって、
最も起こって欲しくないことが、起きてしまったわけで。

きっかけが『懐中時計』というのも、意味深。


どうなるんだろう???




それにしても、
今回は、別にあってもなくても良い感じの話だらけで、
そこのトコロに『意味づけ』でもあれば、
納得なんだろうけど。

それもまた『普通の生活』だといってしまえば、そこまでか(^_^;

でも、サスガに、
そう言った話の中にオモシロが展開されているわけでもなく、
モヤモヤ感は、漂ってますよね




お話が、本当に結末へ向け動き出したのは良いが、
このモヤモヤが、晴れる『結末』であることを望みます。

これまでの感想
第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 23:12| 2007年10月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。