TBコメントは、本家へm(__)m

2007年12月14日

オトコの子育て 第8話(最終回)おかえり、お父さん!

内容
中西竜也を捜しに出たまま、行方不明の篤。
みさよの『6年前と同じ』という言葉に、
弥生、凛子は心配になる。
翌日、丸山の協力を得ながら、弥生は行きつけの店などを探すが。
どこにも篤はいなかった。
仕方なく、万作の店に行くと、篤がいた!!
話を聞くと、何度か帰ろうとしていたらしいが、
タイミングがつかめなかったという。
しかし、凜子の怒りは凄まじく、
家にはいることも許さない。
再び、外に出て行ってしまう篤。。。。






『6年前の秘密』とか言っていたので、
いったい、どうなる??と思っていた最終回。


結果的に、
6年前から、ずっと『篤は篤だった』って言うことですね(^_^)b



クリスマスプレゼントを買いに行って、
もっと良い物をと思いパチンコ。
しかし、、、金が無くなり。
金を借りようと、ふらりと行ったみさよの家。
1日が、2日に、そして、3日に。。。。6年に。。。

金が無くなっただけでなく、
クリスマスプレゼントが、何かを忘れてしまっていた。

健太郎は、汽車のおもちゃ。
真美は、妻・杏子と相談してぬいぐるみ。

凛子が、思い出せなかった。。。。

相談を受けた弥生。。
弥生『待ってますから、子供達と一緒に。

そして、不審者と間違えられながらも、帰宅。

が、凜子のプレゼントだけはなかった。。。。。






やっと、ハッキリした『秘密』でしたが、
ホント意味不明というか『篤の優しさ』であるとも言えるかもね(^_^)b

まさかの『秘密』でした。

篤『プレゼント買うつもりが、
  お金が無くなって、帰るに帰れなくなったんだって
凛子『わけわかんない。
弥生『わけわかんないでしょ

ホント、ワケわかんないですね(^_^;
でも、
今まで見てきた篤の態度、行動から、
『そう言うこと』もありなのかもしれません!!

そう言うところで、ヘンに真面目なのが『篤という存在』ですから!!!


そんな篤のオバカな世界の中で、
翻弄される家族と弥生。

庭で物音がする!!!、不審者!!!

と思った次の瞬間

真美『おとうさんーーー
健太郎『おとうさんーーー
凛子『なんでこんな時にいないんだ、あいつ!

そうなのだ!!
危機の中にこそ、『真実』が見えるものです(^_^)b

家族は、父を待ち望んでいた!!!

それは、クリスマスプレゼントでも。。
篤『凜子の分だけ思い出せなかった
  ヤッパリ、ダメな父親だな。おれ
凛子『私が欲しいもの、本当にわかんないの?
篤『ごめん

そして、凛子が昔書いた日記を読み聞かせる
凛子『お父さんが1年前から帰ってきません
   サンタさん、プレゼントはお父さんが良いです。
   靴下には、入らないだろうから
   大きなカバンをおいておきます
   明日には、お父さんが入ってますように
篤『ごめん。
  ごめんな



まぁ、本当に欲しいモノは何かは分からないままだが、
本当に良い結末です

ハッピーエンドというだけでなく、
あれだけ、文句ばかり言っていた凛子が、
誰よりも、父・篤のことを欲していた。

分かってはいたこととはいえ、
ホント、感動の告白でした(;´_`;)

やはり、『秘密』のネタだけでなく、
凜子の篤への態度を、今まで積み上げてきたからこそ、
ここに来て、かなり良い感じの結末に繋がったと言えるだろう。


そのうえ、、、、最終的オチが。。。
これまた、かなり良い感じでしたね

篤『マルちゃんとデートしなくて良いのか
弥生『まだ、そんなウソ信じていたんですか
篤『よかった。

。。。。



一方、中西家。
コレもまた、竜也を中心にして
プレゼントをはじめに、かなり良い感じに。。。。


細かい部分で面白かったのは、

凛子が、髪を下ろしていたシーンが。。。。
今まで無かったので、別人かと。。。
大人びて見えましたね(^_^)b

もう一つ面白かったのは。
弥生『本当に、あなたって人は!!』
これかな。。。。
最近関西では、『結婚できない男』が再放送。
完全に、誰かとかぶってますね(^_^;




ドラマ全般を見た時。
基本を、父の無茶とオバカさで展開してきたこのドラマ。
だが、進むにつれ、
その父の態度には『筋』があることが分かりはじめ、
実は、思っていた以上にイイヤツへと変貌。
それをまた篤の世界で展開しながら組み立てあげていき、
かなり面白い部分と、ハートフルな部分を作り上げていった。
最終的に、『虎のシマ』はさておき、
良い感じの娘の変化など、キャラの積み上げも完璧と言って良いだろう。

数字がどうかではなく、かなり良い感じのドラマだったと思います。

『ドラマは金9』などといいながら、
イマイチパッとしなかったこの枠ですが。
やっと、良い感じのドラマが出た感じでしょう。
この手のベタなホームドラマで押した方が良いのかもしれませんね




これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:27| 2007年10月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。