TBコメントは、本家へm(__)m

2007年11月11日

風林火山 第45話 謀略!桶狭間

内容
宇佐美の信玄暗殺計画は、失敗に終わった。
寿桂尼が絡んでいたことを知った勘助と信玄
それは、今川の脅威を感じざる結果となった。
そのころ、今川義元は、
家督を嫡男・氏真に譲り、尾張攻めを決断していた。
そんなとき、突如、尾張から僧が甲斐を訪れる。
勘助らは、織田信長の謀であると察するが、
そのことで信長を知るとともに
伝兵衛らから、桶狭間を知り、
1つの策を練りはじめるのだった。

そして駿河行きを決断する勘助。
義元、寿桂尼に目通りを許された勘助は、
尾張で信長が動けば、すぐに留守になった清洲城を攻めるよう進言する
雪斎なら、そうすると。。。

駿河を氏真にゆだね、出陣する義元。
圧倒的な戦力で、兵を進めるが、
信長が動いた時、義元の頭を勘助の進言がよぎる。
しかし、勘助を毛嫌いする義元は。。。。







桶狭間の戦いを、
勘助の謀略で導き描いた。
そんななか、
今までネタフリされてきた
『義元の勘助嫌い』を、かなり上手く利用したお話。

見どころは
勘助の寿桂尼たちへの、憎たらしい猿芝居だろう。

コレこそが、勘助の謀略だろう(^_^)b

その事を、最後の最後の決断で義元の頭をよぎらせ
勘助の謀だけでなく、信長の謀を絡めたのは
いろんな意味で、面白かったと思います。


ほぼ、『戦場シーン』はなかったが、
それでも面白く感じさせるところに
『勘助の謀略』のオモシロさが存在する。


そのうえ、今川を仕切っているのが
氏真ではなく、寿桂尼であることを明確にしたことも
面白かったところだろう。



前回の謀略も、悪くはないが、
やはり主役が活躍しなきゃね(^_^)b

それぞれの、『憎しみ』も良い感じだったし。


面白かったと思います。


細かいことを言い出せば、
戦いを詳細に描こうとし過ぎて、
逆に分かりづらくなってしまっていますがね(^_^;
テンポも若干悪かったし。。

まぁ、地図もあったし、許容範囲だろう




2度見、追記
最後の寿桂尼、本当に良いなぁ。。。
家臣の前では、強く。
1人になり。。。。。


それにしても、勘助の猿芝居は、本当にスゴい。
一瞬だけ、ほんの少しニヤリとするあの口元(^_^)b
内野聖陽さんのスゴサだな。。。





これまでの感想

第44話 第43話 第42話その2 第42話その1 第41話 
第40話その2 第40話その1 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話その2 第35話その1 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話



posted by レベル999 at 20:53| 大河ドラマ 風林火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。