TBコメントは、本家へm(__)m

2007年09月07日

刺客請負人 第7話 武士として死す友

内容
江戸市中では、連続辻斬り事件が発生していた。
そんなとき、その辻斬りを斬って欲しいという依頼が来る。
手付けに100両、成功したあかつきにはもう100両。
徳松が調べたところ、
依頼人は六郷藩のかなり上の人物。
そのうえ、松葉刑部を指名してきた。
少し考えた後、依頼を受けることにした刑部。
翌日、辻斬りに斬られながらも命拾いした浪人から
犯人は4人組。3人が弱らせ、トドメは4人目がする。
そして、『若君』と呼ばれていたことを知るのだった。
刑部は、辻斬りの非情さから
自分の命をエサにおびき寄せる。
しかし、辻斬りは夜鷹に。。。
お六の友人であったことから、お六も協力する。
ついに現れた辻斬り。
お六を庇いながらの刑部は窮地に陥る。
そのとき、又五郎が助太刀に!!





お六を絡めながら盛り上がりを見せた辻斬りの話が、
最後の最後には、
まさかの又五郎との一騎討ちへ。

又五郎には生きる道はなかった。

辻斬りを斬っても不忠。
刑部を斬れなくても不忠。

逃げ道のない又五郎は、
藩のため、そして己の意地のため
そして、己のため

辻斬りを斬り捨て、
命を賭けて、刑部と斬り合った。

それは、最期の戦い。





今回は、全編にわたって
とてつもない緊張感でした(^_^)b。

主人公の刑部の命が、
今まで以上に危険にさらされているというのもあるのだろう。。

そして、竹馬の友。葛又五郎との果たし合い。

武士をかけた戦い
藩のため、辻斬りを切り捨てた親友・又五郎。


戦いが終わり、泣く刑部
又五郎『武士なら泣くな。
刑部『泣くさ。オレは武士を捨てた。


今までの刑部の生き様
そして、武士を全うした又五郎。
涙の果たし合いであった。

ホントに感動でした。



これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 21:16| 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。