TBコメントは、本家へm(__)m

2007年09月02日

風林火山 第35話 嫉妬

内容
村上砥石城を落とした勘助たち。
原を見舞いに行った勘助は、原の娘・リツから噂を聞く。
その噂は当たっていた、
数日後、諏訪へと向かう勘助は、
不審な輿の一行とすれ違う。
供のモノに話を聞くと、晴信の命令により甲斐府中へ向かっているという。
それは、武田一族、油川信友の息女・於琴姫であった。
晴信が新たな側室を迎えることを確信する勘助。
そのことを顔に出さず、諏訪で由布姫と再会した勘助。
由布姫は、勘助をねぎらうとともに、
晴信が訪問しないことを嘆くのであった。
そして話の流れから、お北様の見舞いに行きたいと。。。
戸惑う勘助であったが、府中へと招き入れ、
その傍ら、勘助は晴信に真意と問いただすのだった。
が、突如由布姫から呼び出された勘助は、
新しい側室を連れてくるよう命じられる。







困りましたね。ほんと。
思っていたとおりと言った方が良いか。

昼ドラモードです(^_^)b

まあ、次回予告から、
次回に、ある程度まとまるのだろうけどね。



実際、取り立てて、面白いところはないのだが(^_^;


面白かったのは、

晴信『由布は、政、戦のことを聞きたがる。
   ワシの心は安まらぬのじゃ
   アレはいかがなものかのう
   由布が、もし諏訪の嫡男なら、我らは勝てたかのう

とか

晴信『あの射るような目でにらまれてはのう

と、
晴信が由布姫を避けている『理由』を口にしたことくらい。




その気持ちを表すかのように、
あとは、由布姫の『嫉妬三昧』(^_^;

由布姫『そうか、勘助と御屋形様は、この摩利支天でつながれていたのか
    良いのう。。。

勘助にまで、嫉妬です!!!!!!



そのうえ
由布姫『連れて参れ
    そのものをココへ連れて参れ。
勘助『お連れしてどうなさりまする
由布姫『それは考えておらぬ。

だもん!!!


あえて面白かったところを探すとすれば、
最も、的をえたセリフや面白い場所があった

三条『何を血迷うておられるのです。由布さん。
   左様なことで、そなたが取り乱してどないする。
   お側にいれば分かることです。
   そなたの時と同じです。
   そなたもその油川家の息女も、側女であることにはかわりあるまい
   そなたをおとしめているのでは、ありませんのや
   さようなことも、得心できぬようでは、
   甲斐の国主武田家の女人として、
   恥ずべきコトやと言いたいのじゃ
   さようではないか?勘助!
勘助『さようにござりまする

ココだろう。
そして今回、最も目を引く場所もココ。

由布姫、三条の方、萩乃、志摩

4人4様の表情
それぞれの立場も含めて、面白かったと思います。

ただし、ここだけ。




あとは、全編昼ドラモードですからね(^_^;
イヤ、由布姫暴走モードか


三条『そしり、貶す(けなす)は、男の習い
   ねたみ、卑しむ(いやしむ)は、女の習い
   いつか、御屋形様が戯れ言で仰せになられました

まさか、この言葉のとおりの実行とはね。。。。



暴走姫は、まだまだ続く。。。。

再び、由布姫に呼ばれた勘助

由布姫『私は決めました
    四郎を武田家総領としての魂を吹き込みたいと思います
    四郎を武田家の跡継ぎとして育てます。
    それが私に出来る唯一の戦いでしょう。

勘助『御悋気(りんき)も大概にしなされ

由布姫『悋気と申すか?
    もう誰にも触れられたくない
    御屋形様も、勘助も信じられぬ
    私にもはや信じるモノは何もない。
    このままではまた諏訪家の娘として、
    御屋形様の、御首(みしるし)を頂戴したくなる。
    私にはもう、生きる支えが
    他に見あたりませぬ。
    
    
もう、病気かどうかよりも、
聡明かどうかよりも、
暴走しているだけですね(-.-#)b




それにしても。。。。

もうちょっと、
こういうテンションじゃない方が良かったと思うんだけどね。
完全に、勘助は思ってもみなかった方向に
巻き込まれちゃってますよね

せめて、由布姫と晴信が愛し合っていたことを
もう少し見せていれば、
愛が憎悪へと。。。。って思ったんだろうけど。

今まで、
由布姫が出てくれば、この手の憎悪、嫉妬のオンパレード。
優しさなどが見えにくい状態なのも、
由布姫物語に明るさが無く、
オモシロ味がないモノにしてしまっているのも事実。
それが、由布姫物語の評判にまで直結している。

以前から、ここまで『鬼モード』の由布姫だけでは、
何も訴えかけてくるモノが感じられない。。

やはり、感情移入させるには、
『共感できるところ』が必要なわけで



もういいや。。。
そろそろ、本当に終わりだろうから。


今回は、また、見るかどうか悩む状態だな(^_^;


これまでの感想

第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 23:12| 大河ドラマ 風林火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。