TBコメントは、本家へm(__)m

2007年07月29日

風林火山 第30話 越後の長尾景虎

内容
晴信が家臣たちを前に
『この甲斐に新たな城を築くつもりはない、そちたちこそが城じゃ
と言ってたそのころ。
長尾景虎は、越後守護上杉定実の力により、
兄・晴景との家督争いに決着をつけた。
晴景の養子となり、父から子へと家督を譲る。
はれて長尾家の当主となった景虎。
だが越後には、長尾政景、宇佐美定満という強敵がいた。
一方、勘助は100丁もの鉄砲の買い付けに
紀州の根来寺、津田監物のトコロにいた。
新兵器が、戦を左右する可能性を考えて。。。
そして、その鉄砲の輸送船の港の使用許可を得るため、
今川義元と会うことになるが、
勘助は、その席で北条、管領上杉そして越後景虎の話を聞くのだった






特に、コレというドラマもなく。

まぁ、目立ったことと言えば
矢崎が、平蔵に
矢崎『苦労をかけてきたヒサの望みを叶えてやりたい
   平蔵、ヒサを妻としてやってくれ
   頼む。ヒサを頼む
   はれてワシは、そなたから父上と呼ばれたいのじゃ
   頼む

って、コトくらいか。
ココだけは、ドラマチックで、
少しジーーーンとしましたけどね(^_^)b



でも、ここだけ



あとは、後半戦に入ると言うこともあり
『ネタフリ』だけ。
歴史の年表を箇条書きで見ている感じ。

盛り上がりも、特になく。。。


本来なら、主人公は『甲斐武田家』『勘助』なのだから、
ハッキリ言って
長尾家なんて、どうでも良いこと(^_^)b
ファンには、申し訳ないんだけどね。

ただ、今回の演出は分からなくもないのも、確かなこと。

長尾景虎が、
コレからの主役の一役を担うことは分かっていることだから
仕方ないと言えば、仕方ないのだ!!


だからこそ、

晴景により、景虎の『激しさ』をセリフで表現するのではなく
コレは、『戦シーン』で『長尾景虎』を表現すべきだった。

景虎が持つ『優しさ』も含めて、それくらいの表現はできたはずだ!!

なのに、そういうこともせずに
ココまで『箇条書きのネタフリ』ばかりだと、
見ていて、オモシロ味を感じる部分がありません。

一応『信義』とか言ってるんだけどね。(^_^;

本来は『景虎に落差がある』から、
戦のことだけでなく、信義を重んじることも表現できるのだ!!

なのに。。。。
なんのこっちゃ。ほんと。




たとえば、オモシロネタフリとしては、
寿桂尼から『新たな誼』の話が出たこと。
そんな事くらい。

寿桂尼『いつまでも、誼が保たれるわけではない
    この先、また新たな縁を結ばねばなるまい
    そのこと、晴信殿にも心得てもらわねばのう



今までも、景虎を数回出してきた。
コレを全てまとめて、今回の放送に詰めても良かったと思います。



追記

さてさて。
BShiで見て、地上波で見て、
ヤッパリ良くワカランので、録画で見て。

結局、3度見(^_^;


ココまで長尾景虎をメインにするならば、
今川、北条のことは捨ててでも良いから、
以前のモノもまとめて、
『長尾景虎だけ』にした方が良かったと思います。

最近の大河お得意の『時をさかのぼらせて表現する』だけで
納得の『長尾景虎物語』になった感じがします。

もう少し、『スゴサ』のようなモノが見たかった感じですね。

信玄の『宿敵』ならば、尚更です。




そのほかで、気になったことと言えば、
勘助が『金』を出したこと。
甲斐と言えば、金だからね。
遅すぎだよ(^_^;


結局、3度見ても『ただのネタフリ』でした。m(__)m



これまでの感想

第29話 第28話 第27話 第26話
第25話その2 第25話その1 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 22:37| 大河ドラマ 風林火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。