TBコメントは、本家へm(__)m

2007年07月09日

水戸黄門(37) 第14話 大食いの男の恩返し

内容
ご老公たちは、盛岡で幸助という大食いの男に出会う。
その幸助のオススメで、
盛岡一の大店で、鋳物問屋の岩田屋を訪ねる。
が、そこには、店はなかった。
近くのモノに事情を聞くと、
数年前、殿様献上の茶釜を紛失して、闕所となったという。
弥七の調べによると、奉行の久米の仕業であった。。。
一方、幸助は、世話になった岩田屋に恩返しがしたくて、
一人残された岩田屋の娘、おさきに近寄るのだが。。。。
奉行の差し金で、元ヤクザモンの十手持ち繁三が、いた。
いろいろあって、どうしてもおさきを助けたい幸助は、
わんこそば大会に。。。






今回は盛岡。

闕所(けっしょ)ですよ!!
 簡単に言うと、悪いことしたために役所に財産没収、お取りつぶしですね

まさか、こんな言葉が出てくるとは!!。
最近あまり出てこない言葉なので、
ちょっと、驚きましたね。
「お役人に私財を差し押さえられて、お取りつぶし」
クライなんですけどね。

ま、そんなことは良いんです。


いきなりの、おさき『神田沙也加さん』登場には、
もっと驚きました!!!!!!(^_^)b


数回前の、『いきなり弥七登場!!』よりも驚きました!!!!!!



それはそうと、今回は、かなり良かったです。

ちなみに、最も良かったのは、
言うに言えぬ理由で、お世話になっていた幸助。
いつ、おさきに知られるかと思ったら、
そっか、忍び込んで、判明か。。。。

なるほど!!
その手があったの、完全に忘れてました(^_^)b

そうだよね。
泥棒のパターンとしては、コレが1つのパターンでしたね。

そのうえ、ここに『五両』
うまいこと、考えましたね。
なるほど。

ココにお金を絡ませるとはね。。
そして、亡き岩田屋のことも。

絶妙の話しの決着の付け方ですね(^。^)

最後には、
ご老公が、ほめるんだから!!


今回の話、かなり作り込まれてます!!
ほんと、おもしろかったです。


お娟も頑張ってたしね(^。^)
アキちゃんは。。。こんなもんか。




気になることがあるとすれば、2つ。
1つ目は、奉行の悪事がわかりにくいこと。
 悪いことしてるんだけどね、
 人情をメインにして、十手持ちにやらせたもんだから。。。
 
2つ目。弥七の使い方。
 かなり良い感じで使われてます。
 ただどうしても1カ所。
 ソレは最後の大立ち回りで、
 ご老公が奉行に襲われそうになったとき!!
 本来なら、ココは奉行の手に『風車』だと思いますよ
 なのに、『現黄門さま』は、殺陣がスキなので
 自分の杖で、やっちゃいます!!
 殺陣しなくても、風車だけでも存在感があるんだから
 『黄門の杖より、風車』だと思います。





次回は、宮古


これまでの感想

第13話 第12話 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 21:10| 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。