TBコメントは、本家へm(__)m

2007年06月26日

花嫁とパパ 第12話(最終回)愛すべき家族

内容
賢太郎は三浦父に結婚を頼むが、受け入れてもらえない
愛子を引き連れて三浦の実家へと行くが、
三浦は、店のためにお見合い結婚すると。。。。
それを聞いただけだった。
でも、愛子も、
別れるのは辛いけど、三浦の家族を悲しませたくないと。。。
2人の決意を聞いたが、三浦の父が気になる賢太郎は、
手術の日、三浦に本心を尋ねるのだった。
『君の一番大切なもの、失いたくないモノは何だ?』

三浦『父が無事でいて欲しい』
三浦の父への気持ち、
それは、『家族を愛する』コト。

三浦父は。。。。。







なんだか、やりたい放題ですね(^_^;

三浦の父が、結婚させてやってくださいでしたし。

そのうえ、母からの手紙。。。

披露宴では、熱唱する賢太郎

そして、新婚旅行にまで。。。


ウザパパがウザイという範囲を通り越して、
やりたい放題です!!!


まぁ、愛子が結局仕事をどうしたのかが
少し気になりますが。
三浦と静岡かな??



熱唱だもん(^_^;

この瞬間。
『このドラマは、時任三郎さんのためのドラマ』
だったんだって、、本気で思いましたm(__)m



結末としても『らしい』終わりだったと思います。





ドラマ全般としてみた場合。
はじめは、かなりのコメディタッチ。
途中から本気モードのホームドラマ。

多少のウザさも、
まるで『人生訓』のようになりましたからね(^_^;

ココまでやりきったというのは、
評価して良いことだと思います


『好み』はありますけどね。。。

『家族愛』を出し切った感じですね(^_^)b





これまでの感想

第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 22:15| 2007年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。