TBコメントは、本家へm(__)m

2007年06月21日

夫婦道(ふうふどう) 第11話(最終回)夫婦道とは、我慢道

内容
母 聡子に言われ、父に結婚の許しをもらおうとした夏萌。
しかし、冬島では、幸せにならないと、
絶対にダメだという康介。
その考え方に反発して、
聡子、夏萌、八夜子、若葉の4人は、家出してしまう。
と言っても、お隣の修造ん家(^_^;
そんなとき、高松から、山崎マー君が訪ねてくる。
マー君が浮気したと思い、家出してきていた八夜子。
会おうとすると信じられないと、突き放すのだった。
そして、次に高鍋園に来たのは、冬島。
バツ3と知り、話していることを聞いていて
ますます嫌いになっていく康介。
でも、康介の手もみ茶を見て感動する冬島を見て、
心を少し許す康介。
冬島は、お茶ッ葉を描く、でも認めない康介。
冬島と夏萌は。。。。










若干、駆け足気味だったが、
でも面白いところ、ジーンとするトコロなど。

最後の最後まで、ホームドラマの王道を貫いた感じ




冬島が、冬島流のお茶ッ葉を描いて、
康介『茶は緑、普通に描けよ
という、ちょっとしたオドロキの展開。

でも、そこからうまく展開して、
夏萌の気持ちを知り、結婚を許す康介。

王道です(^_^)b



また
八夜子の騒動は、マー君の浮気疑惑だったが、
八夜子『世界中の人に愛してるといって欲しい』
そんな無理難題に、マー君のとった行動は。

東京タワーのてっぺんから、『八夜子愛してる』の垂れ幕を。。
そして、逮捕(^_^;

還暦と言うところから始まってるから、
こういう、オバカなオチは結構効きます(^_^)b



そして
若葉と健太。
基本的に修造が許すかどうかにかかっていたわけだが、

修造『若葉のように、夢をあきらめるな』と

一緒に旭川へ行けと。
修造らしい感じだったかな(^。^)




三者三様で、
話にほとんど加わらなかった茂で『オチ』って言うのも、
このドラマらしいところかな(^_^)b


細かい部分でも康介の詫び状の話を入れたり、
康介『あんたに言わせれば、たかだかお茶だけど
   こっちはコレに命賭けてるんだ。

など、康介らしさも入れ込みました。


そして

康介『別れて完成する愛なんてねえ。愛はいつも工事中だよ
   みんないっぱいガマンして一緒に暮らしていく、それが夫婦ってモノだ
   愛と書いて我慢と読む、夫婦と書いて我慢と読む


夫婦道が、結実したセリフですね(^_^)b





全般的に、ホームドラマってこう言うものだというのを
キッチリやりきった印象です。

久々に、こういうドラマも良いものです



最後の『チャツミ』の歌なんて、このドラマらしいところだろう。

ま、
できれば、犬のチャツミをオチで使っても良かったかもね。



1つ気になること。
八夜子の時は、お茶を渡した康介。
若葉の時も。

でも、夏萌に渡しているシーンがないんですけど(^_^;





最後の最後に、どうでも良いことを少し。
ウラで、橋爪功さんのドラマやってるのに
修造の出番が、かなり多かったですね(^_^)b




これまでの感想
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 22:22| 2007年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。