TBコメントは、本家へm(__)m

2007年06月20日

バンビ〜ノ! 第10話 仕事も大事だけど。。。

内容
一年間ホールで頑張ったバンビは、
シェフから厨房行きを命じられる。
その日、厨房は大幅な配置換えの日だった。
香取がメインとなり、あすかはパスタ担当。
伴は、パスタアシスタントに。
とりあえず動き出した新体制。
が、一週間経ってもいまだにうまく回っていない。
それを心配した桑原は、香取に話し合いを提案する。
そして、桑原は、もう一つの『話』を提案していた。
伴に、パスタの一部を作らせること。
あすかの了承により、ついに『パスタ』が作れるようになった伴!!!
でもある日の夜。
東京で働く高校時代の先輩に出会い、うかれて仕事のことを話すと。
『なぁ、伴
 お前それで良いのか
 つまんなくねえのか?
 仕事は大事だけど
 仕事は仕事だろ、人生の全部じゃないだろ?
 今、この年だから楽しめるモノがある
 ちがう?』
仕事しか頭になかった伴は、悩んでしまう。
そんなとき、研修で東京に来ていた恵理が、
バッカナーレに客としてくるのだった。。。。。














結局、『働くって、大変』ってことだな。

先輩に言われて、
自分が仕事以外していないことに気付いた伴。
いろいろやってみても、
なんだかうまくいかない。

しかし織田が言うように
『何かを成し遂げるってコトはな、何かを犠牲にしなきゃならんのだ』

コレもまた、真理。


そんなとき、恵理が現れる。
恵理の悩みを聞き、自分の悩みを語った時、

『悟りの境地?』に達する伴(^_^;


恵理を慰めるつもりが、
自分も納得の答えが出ていた。

そんな感じだろう。

伴『自分で選んで、自分の意思でその場所におる
  (中略)
  ずっと働き続けなきゃ
  社会人て、そういうことなんだなぁ

働くって、いろんな意味で大変なのだ


そんな事を知った伴であった。

まぁ
先輩ヅラして恵理に言ったら
恵理『よく頑張って励ましたね。
   エライね、伴ちゃん

いつまでも、、、、バンビだね(^_^;






今回は、いつだったかのように
自分が働くことに対して悩む話だった。
でも、
以前の時のように『道歩いている人見てひらめく』

そんなのじゃなくて、
恵理って言う『同じく悩む人』を、キッチリと出してきたところが
伴の意識、気持ちの変化をわかりやすくした感じ。

そこに『社会人としては先輩』などという、
伴らしいような、らしくないような理由で
慰めて思いつくって言うのは、

結構、良いアイデアだろう(^_^)b


ただ、出来れば、
気持ちの決着がついたあとの伴を見たかった感じがするけどね。(^_^;

厨房で、かなり明るく変化するバンビって言うのも
このドラマのやり方だと思いますから。




それにしても
桑原さんが、伴をからかうって言うのが
結構印象深かったけど。
そういう仕事になってしまったのかな(^_^;
桑原『伴!ドルチェだ!冗談だ!!



ちなみに、最も衝撃を受けた言葉
与那嶺『ステキな女性は忘れたくても、忘れることが出来ません

この人は、ヒトコトでもっていくなぁ。。。




これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 23:51| 2007年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。