TBコメントは、本家へm(__)m

2007年06月18日

プロポーズ大作戦 第10話 奇跡の鍵

内容
最後の写真。
結婚式直前、多田の受賞パーティー。
健は、酔っぱらって2人に絡んでいたことを思い出していた。
完全燃焼し、やり残したことはないと思っている健を。
妖精『無いなら、探せ
   奇跡の扉を探し続けるんだよ
   どうしても運命を変えたい、そう願い続けることでしか
   奇跡の扉は開かないように出来てる。
   奇跡の扉を開ける鍵は、お前の心の中にしかないんだよ。
   お前はそれに気付いてないだけだ。
   岩瀬健、お前になら出来る』

妖精『求めよ、さらば、与えられん
健 『ラスト・ハレルヤ〜チャンス!!!』


礼は、結婚式で着るウエディングドレスを選んでいた。
それに、嫁入り道具買いまで付き合っている5人組。
久々に集まった5人組は、楽しんでいた。
そんな中、何も思いつかない健だった。

そして、結婚式に次回で流すサプライズビデオを撮るため
健、鶴、幹雄は、礼の実家へ。
礼の父 貴礼の気持ちを知ったみんな、
礼の母 礼奈もまた、
健との昔話をするのだった。

小学五年生の時、ちょっとした事件のことまで。。
健『僕が、責任をとります、礼を一生面倒見ますから
礼『よろしくお願いします


その夜、多田の受賞パーティ。
健は、思い悩んでいた。
礼の傍らには多田がいる。多田は、礼のことを婚約者と紹介。。

そして、健は、礼の手を取り、走り出すのだった。。。。。





↑ほぼ全て書きました。
私、こういうコトって、あまり無いんだけどね。


今回。
健の気持ちだけを追っていって、盛り上げた。
そんな感じ。



礼がプロポーズされ、結婚することを決めた。
そして、結婚の準備までして
『結婚』という現実があり、『運命』は変えることが出来ない。
そんな状況を今までに見せてきたために、

たとえ、『思い悩む健』であっても、
すでに手遅れ感があるために、
『健、早く言え!』という気持ちよりも

『健の切なさ』だけが、前面に押し出された感じ。
に見えた。


そして、健は、走り出した!!


そうなのだ。
結果がどうでアレ、
以前、多田、鶴が、言葉よりも行動に出たことを思い起こさせる!!


このドラマ始まって、
『初めて健が、行動した』という感じです(^_^)b


それだけでも、ほんの少しスッキリしました。

この一瞬のために、
今まで、ためてきた
。。。。と言うことにしておこう。

ダラダラと長引かせたのではなく。。(^_^;



過去でやらなかったことをやった健。
行動こそが、次のステップへの鍵。

礼『健は絶対自分からあきらめたりしなかった。
  往生際が悪いって言うかさ。
  でも、そういうところがスキだった

ネタフリ完了ですね(^_^)b





それにしても、、、、、

次回予告、流しすぎだろ!!!

コレが、一番腹が立つ!!!

だって、
幹雄『一発逆転、狙ってきたんだろ』(過去)



多田『今から賭けをしない???』(現在)

それに

今回は『健』だった礼が
礼『健ぞーーーーーーー!!!!』(明らかに現在)

でしょ???

これらは、カットすべきだったね(-.-#)b





実のところ今回でも、
前回の次回予告で、走ってるの出してるから
走り出す部分のインパクトが薄くなってますよね?





ま、いいや。

何でも良いから、納得できるモノを期待。
きっと『多田の賭け』が、ポイントなんだろう。






これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:35| 2007年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。