TBコメントは、本家へm(__)m

2007年06月18日

水戸黄門(37) 第11話 三味線が繋ぐ親子の絆

内容
青森に入ったご老公一行。
廻船問屋倉澤屋の前で
ごろつきに絡まれているお鈴という娘を見かける。
お鈴は、倉澤屋の女将お涼に助けられた。
気になった助さんが、お鈴に話を聞くと
子供の頃の頃自分を捨てた母を捜していたという。
だがお涼のハズなのに、再び見捨てられたお鈴。
自暴自棄になったお鈴を、
廻船問屋の碇屋が、利用しようとする。
藩公に献上する津軽塗りの調度品に傷をつけ、
母にほえ面をかかせてやれという。
碇屋は、倉澤屋を藩御用達から引きずり落とそうとしていた。。。。
それは次席家老大垣による企みでもあった。




今回は、青森

そして、風車の弥七『内藤剛志さん』が、
登場するお話でもありました。



いきなりの登場ですよ!!!

その上、何事もなかったかのように
『普通』に、入り込んでいます(^_^)b


まぁ、それくらいは、別に良いんですよ。

以前、先代弥七のときも、SPなどで
強引に入れたりしたことありましたから!!


でもね。
ココまで『別カット』が、多くて
そのうえ、『強引に入れ込んだカット』の数々って(^_^;

どう考えても、
『今回からの投入ではなかった』ってコトが、
わかりますよ。。。



だって、弥七のシーン、全て消去した方が、
『話』の繋がりなどがシックリ来ますよね(^_^)b

もちろん、弥七投入に反対しているワケじゃありません。
でも
『待ち望んだ復活』なのだから、

もう少し『弥七を絡めたドラマ』を作って欲しかった!!!



ま、いいや。。


実のところ、それ以上に気になるところがあります。

今回の話は、引き離された親子、親子の絆など
お鈴『前田愛さん』の無茶もあり

結構落差があって、良いドラマなんです。



が。

お鈴、お涼(平淑恵さん)
それぞれに『過去ドラマ』を入れちゃったものだから、
ドラマの中のメリハリが消えちゃってます。

なんかね、テンポが悪くて。。。


お涼の方だけで良かったんじゃないのかな?

で、最後の最後まで、親子愛を出したからね。


ドラマの単純さは、気になりませんけど。
なんかね。。。





タダ、こんな、ほめるところが思い当たらない今回であっても
2つほど良かったこと

1.アキが、単独で頑張ってました!!!
  鬼若道場は卒業だね(^_^)b
2.助さんが、動いていたこと。
  最近こう言うのって少なかったから、
  助さんを疑う、格さん、新助もあり
  面白かったと思います(^_^)b
  



次回は、十和田



そういえば、どうでも良いことですが
公式HPに書いてありましたが。。。

風車、里見さんが投げてるらしいですね(^_^)b
すごい!


これまでの感想

第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 21:25| 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。