TBコメントは、本家へm(__)m

2007年04月16日

愛の劇場 砂時計 第22〜26話 別れの年

内容(22〜25)
夏休みに大悟と会えた杏。
そして、愛を確認し合った。
が、それも長く続かなかった。
藤も、帰郷したのだった。
東京で、藤からキスされたことで
ぎこちない杏。
そんなとき、椎香に誘われ藤の家に行ったのだったが
藤の態度により、
杏、大悟、藤の3人の関係はムチャクチャに。
でも杏を許せない大悟を、許すように持っていったのも
藤の最後の優しさだった。。。


内容(26)
大悟の並々ならぬ決意により、
あかねの両親に、結婚の許しをもらった。
その頃杏は、藤と会っていた。
10年前のことを思い出しつつ。。。。

その別れの年。
大悟は、ストーカーに悩まされる椎香と助ける。
一方、杏は、
藤に最初で最後と言われ、遊園地デートへ。。。



藤の杏への思いが露呈し、
大混乱。
でも藤の願いは、杏の幸せ。
だから、譲った


過去のシーンを重ねながら、
砂時計を探すというのは、
かなり、良いシーンでした。

砂時計に大きな意味がありますからね(^_^)b




ただし。どうしても言わねばならないだろう。

25話までの崩壊状態で、現在でも良かった気もしますけどね(^_^;
だって、
そのときも、杏には藤。大悟には歩。
この関係があったのに、

わざわざ、26話で、
杏に藤、大悟に椎香。

ですからね。

でもね、コレじゃ『同じネタの繰り返し』と言われても仕方ありませんよね


わかるんですよ!!
ナレーションの『杏の声』で、
4人とか、わたしたちとか。

写真を基本にした『お話』であることも。

だから、浴衣の写真も(^_^)b



しっかし、原作はどうなってるのか、知りませんが
ドラマの時点で、組み直して
はじめから『写真の4人』にすべきでしたよね


『4人』と連呼しているわりに、
椎香の登場が遅すぎます!!!(-.-#)b



正直。歩。あかね。
この2人のどっちかが、『過去』から現在へと
繋がっていても良かったくらいです。

それくらい、椎香が少なかった。

今週末で、ちょうど中間になるので
きっと、『本当の別れ』になるのでしょう




もうちょっと、椎香を絡めてくれていれば
せめて、肝試しでも。。。

だったら、
椎香の大悟への気持ちが、もっと分かったと思うんですけどね
。。



まぁ、最後の大混乱は
藤、椎香兄妹にもたらされると言うことですね。

ぜひ面白いものであって欲しいです。
衝撃的なのかな?



で、一番分からないことが。。
結局、結ばれたの?


次は、週末かな。。


これまでの感想

第17話〜第21話 第11話〜第16話
第6話〜第10話 第2話〜第5話 第1話

posted by レベル999 at 21:07| 昼ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。