TBコメントは、本家へm(__)m

2007年04月15日

NHK土曜ドラマ 病院のチカラ〜星空ホスピタル 第2話 親子の絆

内容
ともみは、町での回診などで
人とのコミュニケーションも、少しずつだが好転する。
だが、あいもかわらずの塩川との問答で、
検査の了承はもらったが、
どうしても、治療はしないと言い張る。
病名はガン。
今なら、まだ可能性はある。
ただ1人の娘に救いを求めるが、
父との関係の悪い娘は拒絶する。
でも、再度の頼みで。。。。







うーーーーーんん。
なって言うことをしてくれるんだろう。。。

塩川とは前回で終わったんではないの??

なのに、また塩川。

これだけなら良いのだが、
ともみが一度二度と娘のトコロに通ったり、
塩川を何度も説得したり、

と、
30分でまとまっちゃう内容を、
ダラダラと。。。

雰囲気でナントカしようというのもわかるし、
別の患者さんとのカブセも理解する。


ですが、
ホントに、ダラダラ感が抜けなかった。

そのうえ、
父と娘の会話はなく、『よろしくお願いします』
だけですから。。。。



コレなら、先のカブセの患者さんの
母娘ケンカで、ともみが笑うと言うカット。

その方が良いです(^_^;




菊川怜さんの演技が、かなり良かっただけに、

本当に、残念な気分です。


子供との接し方、患者さんとの接し方
結構良い感じの『張りのある声』で良かったんですけどね(^_^)b



ホント、なんでこんな事に。。

この内容なら、前回で終わらせることができましたよね?

意味不明の、引き延ばしです。

結末は、良いんですけどね



これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 14:30| NHK土ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。