TBコメントは、本家へm(__)m

2007年04月09日

愛の劇場 砂時計 第17〜21話 バランスの良い恋物語

内容
杏が東京に行ったために、
大悟との遠距離恋愛が始まる。
でも、そんなときに限って、
偶然は続き、お互いに疑心暗鬼に陥っていく。
杏には、藤クンの影。
大悟には、歩の影。
2人のぎこちなさに気づいた、杏の祖母は
大悟にアドバイスするのだった。
そして、杏からもらったペンダントを無くした時、
大悟は自分の強い思いを再確認。
いてもたってもいられずに、東京に
杏に会いに行く大悟。。。。
一方、藤は大悟と杏の関係を知りつつも
自分の父のことを気づかってくれた杏に、
涙して感謝。
そして、藤は杏に。。。。。





この2週間、ずっと良い感じのお話が続いています。
初恋から始まった、遠距離恋愛。
偶然に翻弄されながらも、貫こうとする純情さ。
そんな良い感じの杏、大悟の2人の恋物語。

それに、杏を一途に思う藤。
杏のちょっとした藤への気遣いは、
杏自身が大悟からしてくれたことに重なる。

本当に、切ない片思いの藤。
それは、イヤな父も絡めながら、
藤の悲しさが、メリハリとなっている。


3人のバランスの良い恋物語。

三角関係と言ってしまうとそれまでだが、
遠距離恋愛を絡ませたからこそ、
絶妙なバランスで成り立っているのであろう。




そして、21話では、『親子愛』
自分のことは二の次で、
杏のことを考えてばかりの父。

そんな父を見た時、
大悟に会いたい思いも大事だが、父にプレゼント。

ホントに、杏の人の良さ、
父の人の良さも重ね合わせながら、

親子愛を、描いた。



ホントに、感動物語になっています(;´_`;)



欲を言えば、
現代の『文通部分』を削除して、
21話までが、先週で完結で良かったかな。

たまーーーに『現代』が入ることで、
文通はよいのだが、合コンが意味不明ですね(^_^;

現代は、もう少し『アッサリした感じ』でも良いかもね




あ!!でもね。
この2週間で、1つわかったことがあります!!

序盤の10話くらいまでは、ダラダラ感があったのだが、
でも、この2週間が、
もの凄く描き込まれていて、面白い!!

そう!!
私の分かったことは、

『放送前からDVD発売が決まっていること』

その意味が分かりましたm(__)m


ほんと、なるほどだね。。。




1つだけ気になることがあるとすれば、
『盛り上がりポイントが、週末だけでなく
 2日に一度くらいあること』

満足しているので、それでokなんだが


『ネタ』続くの???

ちょっとした心配ですね。
まぁ、椎香がまだいますので
これから絡めば、まだあるか。。。。




これまでの感想
第11話〜第16話
第6話〜第10話 第2話〜第5話 第1話
posted by レベル999 at 21:57| 昼ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。