TBコメントは、本家へm(__)m

2007年04月01日

ハイビジョンドラマ 最後の弾丸   運命の一発

内容
ボルネオで対峙する、日本軍の狙撃兵山村と
掃討作戦中の豪州部隊新兵スタンレー。
お互いに、味方がやられ一対一となる。
様々な作戦を練るも、運良くお互いが切り抜ける。
そして、逃げるスタンレー。追う山村。
最後の時、お互いに銃を向け合うが
スタンレーの目前で、現地の少女の危機が!!
少女を救うために、
銃口の方向を変更したスタンレー。
それは自らの命の危機でもあった。
残った最後の銃弾は山村に一発。
そして、山村は撃った。。。。。。







このドラマは、以前見た気もするのですが
よくわかりません。

設定からすると。10〜12年前だと思われます。


ただ、良いお話であるのは確かで。

それぞれの心を表現しながら、最後の一発。

きっと、そうなるだろうと分かっていても
若干感動モード。


運命の再会も、最高のシーンであろう。


ドラマ自体が良かった最大のポイントは、

『音』であろう。


音の使い方が絶妙。
その緊張感、間、そして心。


ハイビジョンなのに、『音』って言うのも変な話だが。

でも、『音の大切さ』を見ることが出来て大満足ですね。

そして、、、、『写真』もね。





まぁ、最終的に
『子供が通訳』って言うのは、ちょっと反則ぎみだな。


でも、それこそが『未来』であり『現在』でもあるから
絶対的に必要であったのも確か。

スタンレーの方も、妻??だけでなく
何かが欲しかった気もしますが。




あれこれ書いてますが、大満足のドラマでした。

posted by レベル999 at 21:19| その他ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。