TBコメントは、本家へm(__)m

2007年03月19日

浅草ふくまる旅館 第11話(最終回) 旅館は続く

内容
ふくまる旅館に、沖山という男が泊まりに来る。
沖山の行動に不審を抱く大吉たち。
1つ思い当たることがあり、大吉は直談判に。
やはり、再開発に絡む商社の担当者だった。
だが、沖山の友人工藤のことを話に出し、
売らないことを宣言する。
後日、沖山は自らのために工藤が苦しんでいたこと。
そして、もう手を引くことを。。。
一方、乃梨子にプロポーズするはずだった大吉は、
工藤のことがあり。。。。






まぁ、いろいろあったが、
上手く収まった感じ。

今まで何回かあったような
ゲストキャラによる、意味不明なことをするわけでもなく。

キッチリ、『サブ』の役割に徹し
メインキャラたちを引き上げることにした。
それで、ゲストもそれなりに盛り上がったのだから
話が、混乱状態にもなっていない。

最終的に、ハッピーエンドで
ホントにウマイ感じで収めた(^_^)b


今回の話は、今までで一番の感じがします。

今までにも、数回あった
人情あり、笑い、泣きアリで。
良い感じのお話でした。

ホントはこれくらいの作りで、丁度良い感じなんですよね。

ま、10月から、またやるそうなので。
人情モノ主体にしてほしいものです

今回は、キャラ作りと言うことで(^_^)b

きっと、気合い入るんだろうね。
次は、まさか6ヶ月なのかな?

水戸黄門の次なのはわかるんだけど。



これまでの感想

第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 21:24| 2007年01月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。