TBコメントは、本家へm(__)m

2007年02月28日

Yoshi・原作〜翼の折れた天使たち〜「サクラ」嘘の意味

内容
遥は、出会い系の店でサクラをして
嘘をつき男に貢がせて、換金する。
そんな生活をしていたある日。
光輝という青年に出会って惹かれていく。
そして自分をよく見せたいために、嘘をつく。
だがだんだん苦しくなり、嘘を告白する遥。。。







正直に生きてきた父。
そんな父の性格のために、父の小さな会社はダメになってしまう。

だが、それが、自分の人生にしわ寄せが来ていると思う遥。

大好きだった父が、真面目すぎる為に嫌いになり、
嘘の生活をする娘。


だましたって良いじゃない、だまされる方が悪い。


そんな対照的な生き方となっていたある日、

『嘘の報い』を受ける遥。

だました男に、だまされた。
『だまされるって言うのが、
 どういう気分か、少しはわかったか!!

 


そんな『嘘の生活』のきっかけの父に、遥は逆ギレするが。
父『お金が無くても、お母さんがいて、
  ハルカがいて、コロがいて
  それだけで、十分幸せだ


ちっぽけな幸せでも満足だった父。

飛び出した遥の前に『思い出の木』

捨て犬コロを拾った父との思い出。
そして
父の運転するタクシーでの『おつりの小銭』


嘘の意味を知り、真実を知る遥。


嘘をつくこと。結局自分を傷つけていた



最後は良い感じでまとまりましたね。
本気で、ちょっと感動してしまった(;´_`;)





ドラマを引き立てたのは、親子の演技ですね。

大杉漣さんの味わい深いセリフ回し。
コレが、結構ハマっている!!


ただ
それ以上に良かったのは、

遥『戸田恵梨香さん』ですね!!!


素晴らしい!!、ホントにスゴイですね。
初のベッドシーンなどといわれているが、
そんなもの、どうだって良い。


笑顔が良いのはわかっていたが、
怒った感じ、泣いた感じ。

ここまで出来る子だったんだな。。
っていう感じですね。
失礼m(__)m


ホント素晴らしかった!!(^。^)






それはさておき、どうしてもヒトコト。
犬のコロです。
『黒い犬』じゃない方が良かったね。

だって、重要アイテムの1つ『写真』に
父、遥、コロ。
3人で写ってるのだが、

コロが分かり難いんですよね(^_^;

コロも重要アイテムだったんだから、目立つ色じゃないと



どうでも良いことですけどね。




最後に。

内容的に、まるで『日本昔話』のようなニオイがするのが、
ちょっと気になりましたが。
ま、いいです



良いお話でした。


posted by レベル999 at 00:58| その他ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。