TBコメントは、本家へm(__)m

2007年02月03日

土曜ドラマ スロースタート 後編 自分探し

内容
数年前に生命保険会社を退職した男。
どうしても、再就職が出来ないでいた。
そこへ、未散が通い始める。
だが、そこでのやりとりがきっかけとなり、
自殺を図る男。
一命を取り留めたモノの、
未散は責任を感じ、やめると言い出す。。。






なるほど。
未散の過去、父を含めて、どういう展開になる?
と思ったけど。

ホント良いお話でした

父とのちょっとした確執を絡めながら、
いろいろなプレッシャーから、
就職できなくなってしまった早川。


自殺の責任。。と思った未散が、
自分自身を追い詰めてしまい、
自分の境遇を重ねて、
最終的に


引きこもりから脱出させようとしていた男、早川により
逆に救われる。

『人に働けと言っておきながら、
 自分が追い詰められて自信がないなんて言いやがって
 それならやめたら
 傷つけたり、傷つけられたり
 人間関係のそういうの避けてたら、
 引きこもりって増えるばかりやないんか
 やめたって、逃げたって、楽にはならへんよ
 ダメなアンタでも必死に働いてるってトコロ見してくれよ

所長からも
『おまえは支えてるだけやない、支えられてもいるんや

そして、気づく自分の姿。
『よわねをはけなかった。
 弱いところ見せたら、頑張ってる自分を否定するような気がして
 弱い自分も自分なんですよね

で、結論に達する

『働くって言うことは、
 人と傷つけ合ったり、誤解したり、
 辛いことがいっぱいあって
 でもぶつかり合うことが、人と繋がると言うことで
 つながりながら、
 自分ひとりでは見つけられない自分を見つける
 だから、はたらく
 そんな気がします



自分の気持ちが整理できたとき、
人もまた救うことが出来る。


ホント、色々考えさせられ話です。

『つながりながら、
 自分ひとりでは見つけられない自分を見つける

これは、ホント良い言葉ですね。
働くって言う意味だけじゃなく、
そこに『人とのつながり』=『社会の意味』がある。


人生は、自分探しの旅。

なのかもしれない。
と思っちゃいました



良いお話でした。。

社会に復帰しようとする人たちとの鍋なんて。
いい感じでしたしね。



コレまでの感想


前編

posted by レベル999 at 22:51| NHK土ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。