TBコメントは、本家へm(__)m

2006年12月10日

功名が辻 第49話(最終回) 前半だけで良かった

内容
倒れた一豊。
新右衛門は、医師となった息子の徳次郎を京から呼び寄せる。
そして。。。。




前半、後半の2部構成。
前半は、一豊の死ぬまで。
後半は、その後の大坂の陣を経て千代の死まで。



先ずは、後半(^_^;
高台院から預かった手紙を持って
淀を説得する千代。
とか。
千代と高台院の会話
くらいかな。

あっさり目で、淀の死と家康の死

目立ったのは、家康『西田敏行さん』くらい

ざっと流すくらいだったのだが、
この程度ならば、別にやらなくても良かった気がする


千代と高台院の会話の中の回想などで
あっさり流す程度の方が、スッキリしたんじゃないかな。
そのうえで、
一豊死後の土佐藩がつつがなく治められている
という感じの方が良かったと思う。

なんだか、後半が『徳川家康』っていう感じだったもので(^_^;

まぁ、仕方ないかな


あれだけ『淀』が目立っちゃったので、
このドラマは、こういう感じの『結末』が好きなようです




さて、前半。
一豊の『遺言』で、
『山内家は消えていく豊臣家と袂を分かつ
 迷うことなく徳川様に従え

ということだった。

それを言うときに立ち上がるものだから(^_^;

また倒れちゃいました!!
今回は、前回ほどではありませんでしたが。

ただし。

この前半が、ホントの意味で『功名が辻の終わり』だと思う

なんといっても、
サプライズの『キスシーン』!!!

コレに一番驚いたし、
そこに至るまでの『回想シーン』が、良い感じだった


この回想シーンだけ見ると、
ホントにカッコイイよね、山内一豊『上川隆也さん』!!

脚本家さんに、バカにされ続けたわりに(^_^;

しっかし。キスは。
ホント、マサカだよなぁ。。。


私は、ココで終わった方が良かったと思う
あとは、簡単に流してナレーション程度で。


その方が、
一豊『よくぞ我ら生き延びたのう
千代『旦那様の御武運が強いからでございます
一豊『そもそも千代と出会うたことがワシの開運の始まりじゃ

一豊『千代、日の本一の女房じゃ
千代『誰も及ばぬ、日の本一の夫婦になるのでございまする


というセリフが生きてきたと思います。

『日の本一の夫婦』っていうのが、
この『功名が辻』の最大のポイントだろう(^_^)b


今回のタイトルが『永遠の夫婦』というのならば、なおさらだ!



ちなみに、もう一つサプライズが。
千代と一豊の出会いのシーン
千代の回想になるのだが、仲間由紀恵さんになっている!!

こう見ると、初めから『仲間由紀恵さん』でも良かった気がしますね





まぁ、少し不満はあったモノの
前半だけ見れば、『かなり良い感じの終わり』だったと思う

後半、イラン

そんな感じかな。
好みの問題でしょうけどね。


NHK大河ドラマ 風林火山 1/7開始
http://www3.nhk.or.jp/taiga/kazan/index.html


コレまでの感想
第48話 第47話 第46話
第45話 第44話 第43話 第42話 第41話 
第40話 第39話 第38話 第37話 第36話
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話

第30話 第29話 第28話 第27話 第26話
第25話 第24話 第23話その2 第23話その1 第22話その2 第22話その1 第21話

第20話 第19話その2 第19話その1 第18話その2 第18話その1 第17話 第16話その2 第16話その1
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話

第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第1話


posted by レベル999 at 22:31| 大河ドラマ 功名が辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。