TBコメントは、本家へm(__)m

2010年12月16日

医龍TeamMedicalDragon3 第10話(最終回) 母の命か娘の命か!!禁断の最終オペ開始

『母の命か娘の命か!!禁断の最終オペ開始』

内容
黒木(遠藤憲一)の友人・高瀬清(渡辺いっけい)の妻・春香(出口結美子)の
オペをすることになる朝田たちのチーム・ドラゴン。
そんななか鬼頭(夏木マリ)に代わり新学長となった野口(岸部一徳)から、
世界的なピアニスト・ナターリアのオペをするよう命じられるのだった。
両者とも、時間的余裕が無く、同じ日にオペが行われることになる。

朝田は、系列の病院から旧知の外山(高橋一生)野村(中村靖日)を呼び寄せ、
春香のオペは朝田、伊集院(小池徹平)荒瀬(阿部サダヲ)北川響(初音映莉子)
ナターリアのオペは、加藤(稲森いずみ)外山、野村で行うことが決定される。
野口から、ナターリアのオペに入るよう命じられる朝田だったが、
“オレにとっては、どちらも同じ患者”と、、、退かない朝田。

やがて、ナターリアから、人工弁を使いたくないという要請が入り、
一気にオペの難易度が高まってしまう。
戸惑う加藤だったが、外山には何か考えがあるようだった。
その一方で、加藤は、オペ中の失敗で苦しむ真柄冬実(谷村美月)にも
朝田のオペに入り、乗り越えるようにと命じていた。

そしてオペ当日。
2つのオペは順調に進んでいたが、
春香の娘・恵(菅野莉央)が肺塞栓で倒れてしまい、
どうしても人工心肺が必要な状況に。。。だが、オペで使用されてしまっていた!
時間がないなか、朝田は、、、、決断をする。
“患者をここに連れてこい!”

春香の人工心肺を恵に取り付け、処置がはじめられるが、
そこに、、、黒木が現れ。。。。。


敬称略




ようやく、最終回である。

ま。。。今期を見ていれば、やはり、、言いたくなりますよね。

“ようやく”とか、、“やっと”とか。。。(苦笑)


お話としては、
同時に2つの手術。。。。ひとりが欠けてもチームの究極のカタチである。
ただ、さすが人数が足りないので、シーズン2のメンバーも加入。

悪くない構成である。。。。
細かいことを言えば、
役割分担を考えれば、逆に、、人数が足りないような気もするが。。。。

そのあたりは、“ドラマ”なので。。。オトナの対応として、スルーしておく。


物語自体は、2つ同時の手術中に、トラブル!
というか、もう一つ!

と言う事ですね。

こういうのはパターンなので、気にしたって仕方あるまい。


でもまあ。
技術的なことは見えなくても、解説担当で藤吉&木原を持ってくるなど、
そこそこオモシロ味があり、

カタチが見えていて、結末が見えている今期の今までのお話よりは、

オペが2つと言うコトもあり、緊張感は倍。

そんな感じですね。

あ。。もう一つあるから、3倍である。

荒瀬“ホントに、シビれるオペだぜ!”

というところだ。

最終回。。。キレイにまとまったというところでしょうね。

引き延ばしているけど、引き延ばしを感じさせない緊張感だったしね!

今期の最終回が延長となったドラマの中では、
イチバン面白い最終回だったでしょう。



ここからは総括気味で。

最終回だから、あえて言わせてもらうが。


“最終回”ということもあり、てんこ盛りの状態にしたのだろうが、
できれば。

こういった緊張感などがメインにある、こういったオペを
もっともっと描いて欲しかったです!!!!

正直、これに尽きると思います。


別にね、伊集院だけでなく、朝田も含め、
色々なトラウマなどを盛り込んで、
人間としての成長を描くのは良いことだと思います。

結果的に、カッコイイのに、、、チームの一員になったのに、
黒木が。。。。。っていうのは、
本当に残念ですけどね。
ま、、それいいだすと、藤吉だって。。。。

1つの人間ドラマとしてはオモシロ味があった今作。
それは、これまでのシリーズとは、完全に雰囲気を異にするモノである。

だからこそなのだ。

いまさら??とか、、、そういう雰囲気まで出てしまったのは。

確かにドラマとしては良いモノだと思うのですが、
本来、今シリーズが持っていた、劇的なオペ演出などのオモシロ味は

どこかへと、、、、、消えてしまっていたのも事実なのである。

“好み”といえば、そういうコトになるが、


この最終回の雰囲気が、

やはり、、、視聴者が期待していた作品なのである。

ここだよね。。。。今作の評価が難しい部分は。

完成しているモノだから、後戻りは違和感。
だが、“完成”と思わずに見ていれば、、普通に楽しめた。。ということですね。



もしも。。。“次”を考えるならば、
メインのオモシロ味である“オペ演出”をもう少し取り入れてほしいものである。

その“劇的”があってこその“医龍”だと思います



ちなみに、黒木のネタのように、無駄に引っ張るのは無しね!!!


最後に、どうでも良いことですが。
もしも高瀬が初めから現場にいて、
選択を迫られる朝田を目撃したら。。。。どう考えたんだろう??
そんなことが、頭の中をグルグル回っていたのは言うまでもありません。
妻か?娘か?である。


もう一つどうでも良いこと。
朝田、、、何したんだろ。。。ホント。。。
今期、ほとんど何もしていなかったような。。。。。。



これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

posted by レベル999 at 23:06| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。