TBコメントは、本家へm(__)m

2010年11月01日

流れ星 第3話 二人の秘密

『二人の秘密…』

内容
ついに、“婚姻届”という“契約”を結んだ健吾(竹野内豊)と梨沙(上戸彩)
“わたしには、あんたしかいねえんだよ”
役所に届け出をしたあと、健吾から金を受け取った梨沙は、
その足で“店”へと向かい、白井店長(光石研)に金を手渡すのだった。

同じ頃、兄・健吾が結婚すると、妹・マリア(北乃きい)は大喜び!
そして梨沙の兄・修一(稲垣吾郎)は、姿を消した梨沙を捜し回り。。。。

そんななか、梨沙が、、、、健吾の家にやってくる。
健吾の母・和子(原田美枝子)に“結婚”を報告する梨沙。
戸惑う和子だったが、手術が決まるまでは。。。と一緒に住むと健吾は伝える。
その一方で、梨沙には、医師から質問されるからと様々な説明をする健吾。
そして、、マリアの担当医の神谷凌(松田翔太)にも、
健吾は、ドナーが見つかったと報告する。

いろいろと注意しながら、梨沙に優しく声をかけ、距離を縮める和子。
和子は、健吾と梨沙を連れ出し、デートらしきモノをしながら
写真を撮ったり、買い物をしたり。。。。。。妙に楽しむ和子に戸惑う2人。
やがて買い物中、川本順二(杉本哲太)千鶴(ちすん)夫妻と出くわしてしまい
健吾の家で居候をする“いとこ”と誤魔化すのだった。
ただ、、、梨沙は、婚約者・美奈子(板谷由夏)がいたと知る。。。

一方。マリアは、友人の涼太(桐山照史)の近くに女性を見かける。
なんと、、、涼太の姉・琴美(早織)だった。
“家族なのに、助けてあげられない”
自分しかドナーがいないのに妊娠してしまった心の内をマリアに告げていた。。

そして、ついに面接の日。
髪を変え、服装も変える梨沙。。。。。


敬称略



良い演技だね。梨沙。。。。いや、上戸彩さん。

今回。。。というか、
もしかしたら、今作は、これだけで十分かもしれませんね。


って。。。アレ…今回。何やったっけ??



梨沙と契約結婚をした健吾。
ドナーとなることが出来るかどうかの検査が始まる。。。
そんななか、現れる修一。

一方で、友人・涼太の症状や姉の話で、戸惑うマリア。


う〜んん。。。まぁ物語のメインを考えれば、そんなところだろう。

進んでいく部分と安心感、その一方で生まれてくる不安。

ドラマとしては、定番の流れであり、
全くの見ず知らずの関係から生まれる“いろいろなことの始まり”としては、
ちょうど良い感じである。

もちろん、、知っている関係。。。家族のほうでは、
現在の病状を中心に描くという、

ドラマとしては、両輪が動いている状態だが、
いずれ、、、ひとつになっていくのでしょう。

知らない。。だから、知り始める。
どの部分をとっても、登場人物達の距離感が、ホント良いですね。

友人関係。職場関係、、、、もちろん、家族、、、兄妹。

ある意味、よくある恋バナにおける“すれちがい表現”と同種のモノであるが
見えている部分と見えていない部分があるから、
存在する気持ち、感情の変化も含め、
そこに交錯する想いがいろいろ表現され、ホント良い雰囲気だと思います。


イヤな言い方かもしれませんが、
一種、、、奇を衒う、病を扱ったドラマ。。。や恋バナだと思っていましたが

ホント、良く描けている物語ですよね。

普通に納得出来るドラマとなりそうである。

数字は、イマイチの可能性もあるだろうが、
まさかの、、、“月9”。。。久々の当たり?

わたし的に、今期、、、一番次週が待ち遠しいですね。


ちなみに個人的に、意外と良いと思ったのは
和子の梨沙への接し方と、いろいろな部分で見せる表情。。。かな。


これまでの感想

第2話 第1話 
posted by レベル999 at 21:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。