TBコメントは、本家へm(__)m

2010年10月31日

獣医ドリトル 第3話 モンスター飼い主

『モンスター飼い主』

内容
マユ(大橋のぞみ)が怪我をして犬を治療して欲しいとやって来るが
“ドリトル”鳥取(小栗旬)は、親を説得し30万用意してもらえと
追い返してしまうのだった。
どれだけ、あすか(井上真央)が訴えても聞き入れないドリトル。

そのころ、全日本獣医師会会長に就任した土門大蔵(國村隼)のもとに、
柴山将治農水大臣(佐々木勝彦)の孫・詩織(信太真妃)が、
ハムスターの治療を依頼する。
大蔵は、治療を息子の勇蔵(笠原秀幸)に任せるのだった。

同じ頃、花菱(成宮寛貴)のもとに、フェレットを連れやって来る星奈(平愛梨)
何かを誤飲した可能性があると開腹手術を勧める。
連れて行ったのは、、、、ドリトルの鳥取動物病院だった。
だが放し飼いをフェレットのための自由という星奈のミスであることを説明し、
ゴムなどの誤飲を防ぐため、
放し飼い辞めると約束できないならオペは出来ないと言いきるドリトル。
売り言葉に買い言葉で、治療費60万も星奈は了承。
ドリトルはオペに入るのだった。

しかし。。その後。星奈の父・門田義満(段田安則)がやってきて、
星奈と供に、ドリトルが行った手術痕を見て“ヤブ医者”と責めはじめ、
治療費を払わず、入院もせず返ってしまうのだった。
花菱は、
モンスターペアレントの飼い主版、“モンスター飼い主”とドリトルに告げる。

一方、ハムスターの腫瘍のオペをした勇蔵だったが、
翌日。容体が急変。。。。だが、オペの難易度が高く。。。。。。
その一方で、ドリトルに言われ、星奈のもとに電話をするあすかだったが
全く話を聞かない星奈。。。。が。。。再び、フェレットが誤飲し。。。。

そんななか、星奈の元にやってくるドリトル。
金の回収と言うだけでなく、、、花菱から、誤飲したことを聞いたようだった。
その後の検査で、治療には体力の回復が必要と分かる。
そのためには、星奈の努力が必要だった。
“飼い主の支えが必要なんだ。お前が本気でステラを助けたいなら
 今日から徹夜で看病だ。
 これからの入院費と再手術料金を合わせると治療費はさらに100万。
 普通に考えれば、安楽死の方が現実的だ”
だが、あまりに高額で、どうして良いか分からない星奈。。。。。

そのころ、通常ならハムスターの安楽死が適切だと判断する大蔵。
渋々、仇敵の富沢教授(石坂浩二)に連絡を入れると、
紹介されたのは、、、、鳥取動物病院だった。
鳥取の元に向かった大蔵。。。。ドリトルは治療費300万と言うが、
逆に絶対手術を成功させるという条件で400万払うという大蔵。。。。



敬称略



あいかわらず、てんこ盛りの今作。

今回は、犬に始まり、ハムスターに、、、フェレット。。だ。

正直、、、詰め込み過ぎなんですけどね。
とりあえず。。。犬。。。は。オマケとして。


物語は、“モンスター”の飼い主に困難な治療を任される獣医師達。

そんなところだ。

ハムスターの問題では、大蔵らにドリトルを絡ませるという
明らかにネタフリ状態ではあるが、。。。。まあ。。いいだろう。
間違いなく、、、“モンスター”だったしね!

その一方で、フェレットは、まさに、、モンスター飼い主
正確には、モンスターペアレントも込みである。
少し強引ではあるが、
動物と飼い主の“本当の愛情”を表現するなど、
そのあとの、、、父と娘の関係もあり、ちょっとした良いお話。

全体として、今回のお話だけでなく、これからのことも含め
強引すぎるほどドリトルを絡めているのは、さすがに気になるところだが、

なんとなく、、、無理難題を言うモンスターと言うコトでは、まとまっているし。

最終的に30万の謎も含め、悪くないお話だったと思います。

しっかし、、動物から、家族愛に持っていくか。。。。
ちょっと驚く展開ですよね。
強引だけど、人間も動物、、、
親と子。。。飼い主とペット。。よく似たものだしね。



あ。。。ただ、今回を見て、どうしても1つの疑問が。

今作は、あすかが鳥取動物病院に来てからお話という設定になっているが。
あれだけ治療シーンで、あすかの手を使ったりしているのに、

あすかが来る前は、、、どうやっていたんだろう??

他で困難だからやって来る、、最後の駆け込み寺なら
間違いなく、オペは難易度が高いだろうし。。。。
手、、、必要だと思いますが。。。


これまでの感想
第2話 第1話 


posted by レベル999 at 22:17| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。