TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月30日

夏の恋は虹色に輝く 第7話 覚悟

『涙のバースデー

内容
亡き父・航太郎(伊東四朗)の大切なトロフィーを壊してしまった
大雅(松本潤)詩織(竹内結子)は、突然帰ってきた青木社長(松重豊)に驚き、
そのまま、稽古場へと隠れてしまう。
そこで、キスをする2人。

その直後、うまく事務所を出た詩織は、水泳教室に海(小林星蘭)を迎えに行き、
ようやく落ち着きを取り戻す。。。。“コレが、私の世界”と。

一方、詩織への気持ちが、どうにもならなくなってしまった大雅は、
親友の慶太(笠原秀幸)に悩みを打ち明ける。
すると“コレが、本物の恋”と、、、初めて恋を知るのだった。

そんなある日のこと、金のない大雅が兄・大貴(沢村一樹)と料理をしていると
母・真知子(松坂慶子)が、、、桜(桐谷美玲)を連れ帰ってくる。
先日の温泉のテレビ番組の視聴者の投稿記事が、かなり好意的で、
それを大雅に見せたくて、わざわざ持ってきてくれたのだった。
大喜びの大雅。

その桜を送っていく大雅は、、、桜から思わぬ告白をされてしまう
“好きなの。先輩のこと”
そして桜からキスされる大雅。
その様子を、偶然、、詩織が見かけてしまい、立ち去っていくのだった。
追いかけた大雅は、色々というのだが。。。。。。

そんななか、譲(永山絢斗)が、目標の二つを達成したと、
演劇界の奇才・有栖川正志のワークショップを受講しようとしていると知り、
自分も。。。と考え初め、そのことを青木に伝える大雅。
すると青木は、、大雅のやる気を褒め、、、受講を了承。
だが、、、事務所での大雅と詩織のふたり態度が気に掛かり、
大雅に注意を促すのだった。

“お前が進もうとしている道は、ホントに正しいと思えるのか
 ちょっと考えてみろ


敬称略



40分過ぎに、大雅のバイト姿。。。登場。

で、海へバースデープレゼント。

“北村さんを好きになって良かった。後悔はないよ。
 いい恋が出来て良かった。
 北村さんのことを考えていると、すげえ苦しかったけど
 すげえ、幸せだった。
 おれこそ、ありがとう。
 2人の幸せを祈ってる。


このシーンが無ければ、正直。。。。酷評しちゃっているところである。


物語は、恋を知った大雅。恋に戸惑う詩織。

詩織との関係を進めようとする大雅だが、自分の立場を考え冷静になり。。。
一方、
大雅への恋心を抱き始めた詩織だったが、亡き夫の重みが。。。。
桜と大河の関係を見てしまい、良いきっかけと、決断するが。。。。

ということで、

恋バナとして、かなりベタではあるが、
それぞれの“立場”“感情”などをシッカリ表現して

悪くない恋バナになっていたと思います。


ただ、毎回書くことだが、、、大雅の仕事。
ここだよね。。これが、ドラマとして、大雅のポジションを揺らしていた。
恋バナとして、それなりに描いているのに、
大雅という人物が中途半端なポジション過ぎて、
感情移入の一つ。。。“応援”が、出来なかった

が、今回は、“冷静に”という、、父親ポジションの青木が諭すことで、
少し冷静に。。。。。
そして、最も重要なことは、ワークショップではなく、バイトを始めたこと!!

ようやく、わずかではあるが、
大雅の仕事と恋が、ドラマとして両立し始めた感じだ。


そして、一方の詩織に関しては、ほとんど変化はないが、
子供を強調する演出をすることで、
今まで以上にポジションをしっかりと表現し、葛藤を描いた感じだ。


こういうことだよね。ドラマって


板挟みとか、葛藤とか。
そういうコトを表現するには、ある程度のモノが表現されなければならない。

決して、中途半端な描きでは、ダメなのだ。

理由は簡単。視聴者の感情移入のポイントにはならないから!
例えば、今作の場合。
どうしても“2世”ということがあり、
その部分で、小ネタも含めて、ちゃらんぽらんな表現をし過ぎたことで
主人公へのある種。。。“不快感”を感じていたのは確かなのだ。

たとえ、そういうシチュエーションが正しく、そういう状態が許せたとしても、
“主人公が口で色々いっているわりに、行動に起こすことがほとんどなかった”
それが、どうしても足を引っ張っていたのだ。


が。。。ようやく、、、数回前に言っていた“バイト”をした主人公。
詩織との距離を置いたのもちょうど良い感じだし、

やっと、、、、ドラマらしくなってきた感じである。


でも、7話だよね。。。(苦笑)
これで、最後まで、ある程度、色々描くことが出来るのだろうか?

きっと起死回生になるのだろうけど。。。。。


これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:05| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。