TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月27日

うぬぼれ刑事 第8話 大物感

『大物感』

内容
“このミステリーはヤバい”新人賞を史上最年長で受賞した葉造(西田敏行)
その受賞パーティーで、
選考委員長でもある女流作家・九十九千里 (三田佳子) に一目惚れをしてしまう。
どうしても、そのことを誰かに伝えたくて、“IamI”を訪れ、
栗橋(坂東三津五郎)穴井(矢作兼)松岡(要潤)サダメ(生田斗真)らに、
葉造は、、“運命の出会い”と、うぬぼれてしまうのだった。。。。
なんと、千里と会話がはずみ、カードキーをもらったと言いはじめ、
どうしていいか?と、、、うぬぼれ4に相談。
みんなに背中を押されて、向かおうとするが、、、、カードキーではなかった。

そのころ“革手袋の女”が、世田谷通り署管内で出没するという事件が発生し、
うぬぼれ(長瀬智也)たちは、警戒していたが殺人事件が発生する。
“えんま坂”という坂の上でトランクに詰まった撲殺体が発見されたのだ!
捜査会議で登戸刑事(ムロツヨシ)の説明を聞いていた冴木(荒川良々)は、
被害者が亡くなったと思われる状況から、ある小説を思い出す。。
妻・里恵(中島美嘉)が大ファンだという
九十九千里のミステリー小説“E坂の貴婦人”を!

被害者はトランクに詰められ、真犯人の貴婦人が坂を押して運んだという。
小説のトリックが成立することを証明し、作者の責任を問い、
千里の創作活動を邪魔するために、彼女を恨む誰かがやったのではという冴木。
その推理を、うぬぼれと里恵を連れ証明しようとする冴木だったが、大失敗。

そんなある日の夜。葉造が、女連れで帰宅する。。。千里だった!!
思わぬ人物の登場に驚き、妙なモノを感じるうぬぼれ。
千里の帰宅後、1つの事実をうぬぼれは葉造に伝える。
“E坂の貴婦人”が出版直後、ファンサイトに批判が殺到したのだ。
“つじつまが合っていない”“トリックがずさん”。。。と。
その直後に、事件が発生していたのだった。

うぬぼれは、刑事の勘として、葉造に可能性を伝える。
千里がトリックを証明しようと実行したのでは??
だが冴木との実験で、実行は不可能。犯行時刻に葉造と一緒にいてアリバイ成立。
一方で、複数の文芸誌に、批判的な書評が掲載され動機もあった。
被害者は、千里宅に食料品を届けている馬場キヨシ(吉田メタル)。。。。。
ではいったい、どうやって、犯行に至ったのか?

うぬぼれは、捜査を始めるのだった。。。。。

敬称略


うぬぼれ『九十九千里さん、あなた、馬場キヨシさんを殺しましたね?
千里『問い詰めるなら、トリックを見破るのがマナーでしょ


ということで、トリックを証明するうぬぼれ

最終的に、
父への妙なライバル心から、プロポーズ。。。。で良いのかな??

そのあたりが、さすがに、、良く分かりませんが。。。。。。。年上過ぎるし!



ドラマとしては、
定番のサスペンスを、うぬぼれ刑事らしく、
バカバカしく、表現したお話ですね。


細かいトリックのことは言うまい。
言ってみれば、“古典”の部類に入るネタですしね!


今回は、父・葉造がうのぼれた!!
“IamI”で、、、ヘイ!ヘイ!ヘイ!。。。と。。

その部分だけ、楽しめれば、今回はokだろう。

良い感じで動機も表現されていたし、
被害者のホントの気持ちまで描くなど、

ちょっとした“本格ミステリー”である。

冴木と里恵を使った小ネタも、うぬぼれで入れるだけでなく、

まさかの、、、、葉造からの。。。暴露。。。と
事件とはあまり関係ないところも一部あるが、

トランクでの可能性の消滅を描くことを兼ねていたり。。と。

それなりに楽しめている感じだ。



ただ、どうしても気になってしまったのは、
冴木から語られた、意味不明な動機。。。。
本来、サスペンスだとか、刑事モノだとかでは
こういった、全く違う動機を平気で、、それも丁寧に表現することはないが
。。。ま。。。クドカン流ということかな。

おかげで、動機がラストまで引き延ばすことができましたが、
ちょっと意味不明過ぎて、
冴木が何が言いたかったのかが、、、ほんと、ワケ分かりませんでした
“内容”で、、説明を書く私としては、困りものである。(笑)

普通に、ネットでの評判を表現して、
ファンが証明しようとしたとか、、そう言うのでも良かったと思いますけどね。。


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 23:06| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。