TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月22日

GM〜踊れドクター 第6話 患者の嘘

『患者の嘘』

内容
“ソウシン”に、テレビ出演のオファーが舞い込む。
総合診療科を扱う番組だったが、後藤(東山紀之)は、“デビュー”と大喜び!
だが、、、当然、ダンスはNGのため、
結局、氷室(椎名桔平)が、出演することに。
リストラを阻止する為にと、評判を上がることを目論む桃子(多部未華子)たち。
そこで、
後藤を映らないところに待機させ、イヤホンで氷室に答えを支持する作戦を実行!
良い感じで、評価も上がり、翌日から、ソウシンに患者が殺到するのだが、
後藤だけは浮かない顔をしていた。
番組途中で、勝手に、ダンスで乱入していたのだった。
そのため、テレビ局には出入り禁止処分。。。ダンスの夢が。。。。

殺到する患者たちに対応していたが、
そのなかに墨田栄子(あめくみちこ)という患者がいた。
いくつもの病院で診療を受けるが、原因不明の体の痛みに耐えることが出来ず
テレビを観て、、氷室を頼ってやって来たのだった。
だが、腹部には昔の手術痕はあるが、
それ以外の症状は、、特になく、栄子もまた他の患者と同じく、
病人という居心地の良さからあえて治ろうとせず、病院に通い続ける患者、
“シックロール”と、、、氷室は診断する。
他のソウシンのメンバーも、シックロールらしき患者に苦戦し、
氷室の診断に理解を示すのだった。
しかし、タダひとり看護師の本木健介(大倉忠義)だけ、
“勘”だと言うが、、、疑問を呈するのだった。

一方で、栄子のカルテを見た後藤は、患者が嘘をつく可能性もあるとしながらも
病気である可能性の提示をはじめる。
が、、、どうしても“病気”が見つからない。

そんななか、栄子が、敗血症で運ばれてくる。。
だが、手持ちの抗生物質を飲んでいる為か、細菌が検出されず。
自ら菌を注射した疑いも考えるが、腕に残るはずの証拠はない。
上手く注射すれば分からないと元看護師の町谷(小池栄子)が発言したことで、
ミュンヒハウゼン症候群の可能性だけが高まっていく。
やはり、、詐病なのか?
看護師長(大島蓉子)によると、担当の本木を変えてくれと奇妙なコトを。
結局、理由は分からないまま、症状の改善で、栄子は退院をするのだった。

その直後、再び、訪ねてくる栄子。過換気!?
そして極度のアシドーシス。。。。体が酸性になっている!
後藤を中心に、カンファレンスが始まるが。。。。。。。。

敬称略



氷室が、、あまりにも頼り無いためバカにする本木
テレビ出演もあり、そんな氷室を頼って、患者がやってくる。

氷室は、詐病であると疑うが、
ホントは医師になりたかった本木は、氷室の態度からも、その診断を信じない。

そんななか、氷室が、患者の診断に真摯に立ち向かおうとする姿を見て。。。。

って、、、感じかな。。。。
少し良い感じで、見過ぎかもしれませんが。



ただ、氷室と本木、、、ふたりの微妙な関係を描きながら、

自分なりに患者に向かい、目覚めつつある氷室の姿。
そして、患者との関係と、氷室を見ることで変化していく本木

かなりベタな物語ではあるが、
患者を中心に、ふたりの変化を上手く表現したお話だったと思います

やっぱり、登場人物が、悩んだり、色々考えてこそ
ドラマだと言えますからね!


正直なところ。
氷室って、初めの頃にわずかに変化が見られただけで
その後、何もしていないことが多かったため、
このキャラが持っているモノが、見えなかったんですよね。

ドラマとして、ベタなパターンではあるが
後藤と関わったことで、何かがあったのか?ということである。

だって、これまでのカンファレンスでも、
月光団、ハム、猫目少女、ねずみ男は、、
以前とは違い、積極性が見えるのだが、、、ポニー氷室だけはイマイチ。

どうしても、序盤の氷室とは違う印象になりつつあった。。。。

でも今回を見て、氷室の過去が表現されたこともあり、
わずかだが彼自身にも変化が見えたのは、ドラマとして良かったと思います。


もう1つ良かったのは、前回当たりから、
しっかりとカンファレンスに後藤が加わっている印象があること。

主人公の後藤が、そこそこ中心にいなければ、
ダンサーだからって、ダンス表現ばかりじゃ、
ドラマとして意味がありませんよね。。。。


まだまだ、違和感は残ってはいるが
ようやくドラマとして見ることが出来るようになってきた感じである。



最終回の日も分かったし。。。。日程が見えてきた今作である



これまでの感想

第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:19| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。