TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月21日

美丘−君がいた日々− 第7話 急変


『急変!私が私でなくなっていく

内容
美丘(吉高由里子)と太一(林遣都)が同居をはじめて1ヶ月。
バイトに励む太一。そして料理など家事をする美丘。
病気が徐々に進行しているとはいえ、楽しい毎日だった。
そして美丘の病を知り、それでもたびたびやってくる親友達、
麻理(水沢エレナ)邦彦(勝地涼)洋次(夕輝壽太)直美(中村静香)
の笑顔に、救われていた。

一方で、記憶障がいの進行の状態から、次に現れる運動機能の障がいも、
時間の問題と主治医の高梨(谷原章介)は考えていた。

そんななか、美丘と太一が、
良い思い出に。。。と約束したロックフェスティバルの日がやってくる。
準備万端!母・佳織(真矢みき)からの電話にも
“思いっきり楽しんでくる”と応える美丘だったのだが、
会場へ向かうバスを待つ中、、美丘が、落としたバッグを拾おうとしたところ、
突然、左腕が痙攣を起こし、足も動かなくなり倒れ込んでしまうのだった。

“始まっちゃった”

救急車で運ばれ、とりあえずの処置をされた美丘だったが、
突然の発症に、分かっていても、
ショックのあまり受け止めることが出来ない美丘。
それは、太一だけでなく、母・佳織、そして父・始(寺脇康文)も同じだった。

“まだ出来ることはあるはず”と慰め、諭す高梨に対しても

“毎日毎日、ドンドン、ちょっとずつ死んでいくだけ
 医者は患者が死んでいく事なんて、慣れっこなんだもんね
 先生にとって私は、大勢いる患者の中の1人
 私の命が1つなくなったって、どうってことないでしょ!”
と自暴自棄になり、高梨に当たる美丘。

だが、、、入院する美丘は、ある日の夜、
高梨の娘・理佳が7歳で亡くなっていると知る。

敬称略




『娘は、7年間しか生きることが出来なかったけど
 ボクと妻に、一生分の幸せをくれたんだ。
 だからボクは、どんな命でも、生まれてきた意味は必ずある。そう信じてる。』



ついに発生した、運動機能の障がい。
それは、命のタイムリミット、、、、最後の時間が動き出した瞬間だった。

残り、、、、数ヶ月。
自暴自棄となり、高梨にさえキレる美丘だったが

高梨の心を知り。。。。


ってことですね。


簡単に言えば、『終わりの始まり』である。


いままで、明るく、冷静に見えていたからこそ、
光り輝く、、、キレのある吉高由里子さんの演技もあり、

なかなか、見応えがあったお話だったと思います。

ようやく、
高梨のコトも分かったし。。。

短い時間でも意味が。。。と。
自分なりに生きることを覚悟したお話だ。


『私の証人になってね。私が生きていたことを証言してね。

『俺、証人になる。でも、生きるんだよ。2人で一緒に生きるだよ。


命というのを、医師という高梨の立場を上手く絡めて
美丘に、かなり上手く変化を促した感じですね。

そう。その部分は、ホント丁寧です。

命に、命。。。ですしね。



ただ、少し気になってしまったのは、両親はともかく、
太一の描き方が、少し薄かったことかな。


これまでは、太一中心で描かれていたこともあり、
その気持ちが、存分に表現されてきた。
そして、ホントの主人公・美丘についても
太一と上手く繋げることで、
変化していく太一とは違うが、、、美丘らしさを表現してきた。
そしてそこにある、命の意味を。

なのに、今回は、
美丘に重点を置きすぎた為か、若干、太一が薄い。

これまでの表現具合からすると、
もう少しあっても良かったかなぁ。。。と。思いますけどね。
両親なんて、今まで以上に登場シーンがあったわけだし!

『一緒と決めた』という言葉があるわりに、
ちょっと、気になってしまった部分だ。

実際、太一って、コレまでの美丘の変化や、言動などに、
かなり戸惑っていたり、影響を受けている表現をしてきましたしね

もっともっと、表現する必要があったと思います。
こんな、大きなことが発生したというのに。。。。。。


ま。いいや。

ちなみに、実のところ、その太一表現よりも気になっていることが1つあります
それは、、美丘の性格。
。。。病気により変化はしないの??体が先?記憶発生しているのに?



これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:03| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。