TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月20日

崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第7話 vs視聴率の帝王

『衝撃!恋愛スキャンダル発覚!!
 テレビの王様と直接対決で生き残れ!
“(秘)スキャンダルで地獄に転落!!芸能界の陰謀

内容
ついに、単行本が出版され、大喜びの絵里子(山田優)だったが、
その絵里子(山田優)の前に、突然、源造(河原さぶ)が現れた。
亡き父・正造(陣内孝則)が作った借金、、、残り500万払って欲しいと言う。
子供が事故を起こしたこともあり、金が必要になったのだという。

なんとかしようと、梅本編集長(大杉漣)に給料の前借りを打診するが、一蹴。
そんなとき、大都テレビから、出演依頼が入ってくる。
上手くいけば、本も売れて印税が入ってくるかも!?と、、即座に了承。
正宗(小泉孝太郎)鴨田(塚地武雅)とともに、テレビ局へと向かうのだった!

番組プロデューサー・勝又貴一(マギー)の案内で、スタジオに招かれる絵里子。
そこには番組のMC“視聴率の帝王”と呼ばれる大貫憲太郎(西村雅彦)がいた。
その後、、、、人気の番組“お昼は最高”が始まり、
“ネクストブレイク”というコーナー。。。ついに出番がやってきた絵里子。
少しトラブルもあったが、絵里子の苦労話もあり、涙する大貫。
そして無事、、、生放送も終了する。
売れればいいのにと。。。期待する絵里子。

帰ろうとしていたところ、忘れものに気づいた絵里子がスタジオに戻ると
笑顔だった大貫が、勝又や、ADの下山雅弘(西島隆弘)らスタッフ達に
怒鳴りつけているのを目撃してしまう!
まさかの豹変に、戸惑う絵里子だったが。。。。

それからというモノ、顔が売れた絵里子は、道で声をかけられたり、
新連載の依頼が入ったり、そのうえ“貧乏ものがたり”の注文が増えたり、
テレビの影響は、かなり大きい感じで、、コレで借金返済も近づいた!
そう思っていた絵里子が、テレビ出演の体験談を漫画にしたのだが。。。。

そんななか、なぜか、梅本、鴨田、正宗たちとの根も葉もないスキャンダルが!
掲載された夕刊紙に抗議に行くが、、。。。。
新たに暴力事件がでっち上げられたり、新連載も中止になってしまう。
そのうえエリー人気に乗ろうとグッズを作った氷室(田中要次)から新たな借金
ついに、、、単行本も返品され。。。。。。。。
テレビの影響の怖さも知る絵里子。

すると、なぜか、再び大都テレビから出演依頼。
反論の場を大貫が用意するという。。。。

敬称略


単行本が出版され、未来が見えてきた絵里子。
だが、借金返済を求められてしまい、どうにもならなくなってしまう。
そんなとき、テレビの出演依頼が!

テレビの効果は絶大で、単行本もバカ売れ!
しかし、、、突然、スキャンダルが。。。。。。


ッてことで、、、上昇気流に乗りかけた絵里子が
テレビの力を知るという物語である。

そこにある、視聴率の帝王の、、、、陰謀。。。。。

テレビの意味を表現するには、ちょうど良い感じのネタですね。
展開のメリハリもあるし
絵里子の生活の上下も、オモシロ味がありましたし。

最終的に、真相を知って、キレる絵里子。。。とパターンですが

キッチリとドラマを作って絵里子の感情の起伏を描いているので
ベタであっても、、良い展開でしたね。

数字の為に“ヤラセ”をしようとするのも、ネタとしても良い感じである。

最後は、絵里子らしく、、漫画で勝負!

“あんたがやりよったがは、テレビを使った弱い者イジメ。
 あんたみたいなやつに魂を売ってまで、売れようとは思わんがじゃ
 最下位には、最下位のプライドがあるがじゃ!”

絵里子に共感するADのサポートもあり、勝負ありである。


鴨田のサポートも悪くなかったし、

面白ければ載せる、面白ければ載せないという
梅本編集長も、、、良い感じだしね。

ほんと、キッチリと丁寧に、ドラマを描いている作品である。


それにしても、西島隆弘さん、、、良い役だったね。

ドラマで
こういった出演の仕方する時って、もっと端役が定番なのにね。。。。



これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

posted by レベル999 at 21:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。