TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月26日

夏の恋は虹色に輝く 第2話 ライバル出現!?

『ライバル出現!?

内容
亡き名優・楠航太郎(伊東四朗)の息子として、話題にはなるが、
あいかわらず、ドラマのオーディションに受からない大雅(松本潤)

そんななか、航太郎の大ファンという北村詩織(竹内結子)が、
大雅の事務所で働くことになる。
奇妙な出会いで一目惚れしたこともあり、大雅は大喜びだったが、
なんと、、、詩織には、6歳の娘・海(小林星蘭)がいた!
“人妻”と考えた大雅は、未練はあるがあきらめるしかない。。。。
と、、、顛末を親友の慶太(笠原秀幸)に話す大雅。

その一方で、詩織は、転校先の小学校で奇妙な出会い。。。
担任の教師が、大雅の兄・大貴(沢村一樹)だったのだ!
が、、お互いに関係を知る事もなく、、、大貴は、詩織に対し、
“男として、応援したい”と、授業参観を開くことを提案するのだった。


オーディションに落ちてばかりの大雅に、バラエティーの仕事!
渋々承諾する大雅は、事務所の所属タレント紹介を見てショックを受ける。
新人の宮瀬桜(桐谷美玲)が、、自分より扱いが上!?
青木社長(松重豊)は、、、芸歴の長さの差だと、、、説明。
4歳下の桜だが、3年程度の大雅よりも長く、、、15年の芸歴が!
納得するしかない大雅。

そうこうするうちに、仕事が決まりかけた桜だったが主役じゃないと不満顔。
詩織をマネージャーにしてオーディションに行くのだが。。。

一方、大雅は、仕事の詩織に代わりに、海の授業参観へ。。。。


敬称略




今回も、ダラダラと。。

実を言うと、ちょっと戸惑っています。


なんていうか、
ドラマ自体に『不満』は、全くないのであるが、
と同時に、、、『オモシロ味』を、ほとんど感じないという。。。


面白くない。。のではありません。

オモシロ味を感じない。。。である。

きっと、コレがいちばん正確だと思います。


ある種、日常が描かれた
プチホームドラマとしては、成立していると思います。

大雅から見れば、まだまだ“片想い”ですし!

その一方で、海の出生の秘密も含め、
ドラマとしての不安定要素も描かれている。

大雅からの片想いというカタチに、
兄が、、まさかの乱入など、、、

設定としては、悪くはないし、流れも、、“普通”なのである。

“奇をてらう”ような演出も、
前回とは違い、、ほとんどありませんし!


ただ、、、今回は、
そんなコトだけでなく、前半。。。20分強が、
友人への説明を含めた、キャラ設定の“復習”に充てられている状態なので

これがねぇ。。。
どうしても、足を引っ張った印象になっている。
ストレートに書けば、、、

プチホームドラマで、海との関係も含めて、
それなりの盛り上がりを作ることもできたでしょうに、

“復習”が、長すぎて、、、
イマイチ盛り上がっていない感じで、、、終了!

そんな感じなのだ。


このドラマ、悪くはない。

でも、面白くもない。いや、正確には、“かなりオシイ”。。。。かな。。
だから、“オモシロ味”が感じにくい。。。ということである。


別に、
もっと、テンポよく展開すればいいのに。。。とか
もっと、劇的なモノを混ぜればいいのに。。。。とか
“オモシロ要素”を、、取り入れればいいのに。。。とか

そう言ったことで苦言を呈するつもりはない。


ただ、、、ほんと、オシイのだ。

最近のドラマは、登場人物を多く盛り込みすぎて、
それぞれの役割が果たせないままのドラマが多い。
小ネタとして登場させるにしても、
物語の中で、何らかの意味がなければ、、ただの無駄話ですしね。

無駄話が悪いと言うことではない。
そう言うのがあってこその“ドラマ”なのである。

が、、それが多くなればなるほど、
結局、何が描きたいのか、サッパリわからなくなると言うのも事実なのだ。

実際、今作も、その状態に陥りかけている。

無駄も含めて、
ある程度。物語として成立しているのに、
無駄が多すぎて、物語が、、、“飛び飛び”

そして、、、“結局、なに?”に繋がっていると言うことである。


あくまでも、例えば、、、であるが。
今回、詩織は、桜のマネージャー状態となった。
そしてオーディション。。。
この部分なんて、そこまで表現する必要があるのだろうか?
そこまで、桜が、大雅に関わってくることはあるのだろうか?

そういうことだ。
きっと、詩織というキャラを表現したかったのでしょうけどね。
また、コレから、桜をアイテムとして使う可能性もあるだろうし、、

可能性はあっても、今回は、そこまで必要だったかどうかは別である。



もう一度書いておくが、

決して、ドラマとして悪くはない。
でも、盛り上がりが空回り状態であると言うことだ。

無駄が多いんだから、
そこまで、並行して、大雅と詩織、、、描かなくても良いんじゃ??


あえてもうヒトコト。。。通常、、あまり書かないことですが、、、
大森美香さんにしては、、“ブザー・ビート”よりも、
かなり散漫な状態になっていると思います。

これは、初回にも感じていたことなんですけどね。。。オトナの事情。ってやつ。
、、、、、あるよね。。。。絶対。。。。


これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 22:34| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。