TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月20日

逃亡弁護士 第3話 逆ストーカー

『逆ストーカー』
“逆ストーカーの罠

内容
なんとか警備会社から逃走に成功し、レストランで働きはじめた成田(上地雄輔)
すると、、同僚の予備校生・山本明(木村了)の様子がおかしいと分かる。
キャバクラ嬢・志穂(相武紗季)に追い回されているようだった。

そんななか、小早川美由紀(村川絵梨)がフラワーファイナンスというマチ金で
金を借りていた事実をツカミ、成田は話を聞きに行くが、、門前払い。
水商売をしている可能性も考え、周辺の調査を始める成田。
だが調査中、成田は警官の姿を見て。。。逃亡。。。。
成田は逃げる途中、山本と再会する。
足をくじいていたこともあり、山本の部屋で成田は世話になる成田だが、
そこに警察がやってくる。
志穂からストーカーの被害届が警察に出されたと。。。山本への警告だった。

戸惑う山本を見て、相談に乗ることにした成田。
山本の話では、ストーキングされているのは自分だという。なのに訴えられた。
成田は“逆ストーカー”と考え、警察に虚偽告訴の罪で訴えるべきと説明する。
しかし警察に行くと、そこには志穂の大量の写真が!!。。
“証拠”だというが、全く身に覚えのない山本。

翌日。。。志穂が店を訪れ大騒ぎ!
なんとか成田が“威力業務妨害で訴える”という言葉を出し、
志穂を追い返すことに成功するのだった。
そのとき、、その腕を見て、成田は志穂に何かあると気付きはじめる。

その日の帰り道。。。山本は、謎の男により道路へ突き飛ばされる。
そして、、“志穂の近づくな”という怪電話。
追い詰められた山本のために、志穂の調査を始める成田だったが、
突然、、先日声をかけた男から、美由紀に繋がる人物と会うチャンスを得る。

だがその成田の前に志穂が現れ、成田の素性を知った上で。。。
“殺して欲しい男がいる”


敬称略



今回が、いままででイチバン、
警察に追われている印象が強いお話でしたね

たしかに、昼日中、街を歩く危険は犯しているが、
メガネに、、帽子もかぶっているし。。。警官もたびたび登場する。

たとえ今回の“被害者”の山本の疑惑のための警官であっても、

良い感じの“緊張感”が、ドラマを支配していたと思います。
やはり緊張感がなければ、自然には見えない。。。ということだ。

“ドラマ”なので、いろいろな部分で成田が顔見せ状態になっているが、
それはそれ。。。。横に置いておくとする。



物語は、ストーカー被害に遭う青年・山本と出会った成田。
その山本が、ストーカーの加害者で訴えられる。
状況から見て逆ストーカーと判断する成田

が、、、そのストーカー女性・志穂にも何かがあり。。。。。


って感じである。

逃亡している部分は横に置いておくとして。
ドラマとして、良い感じの面白さがあった弁護士モノのお話だったと思います。

一転二転、、、そして、真相は?

そこに、前2回以上に緊張感のある逃亡劇が加わり
このドラマが本当に目指すカタチが見えた感じである。

やっぱり、逃亡の演出だよね。

逃亡している緊張感があるから、“おせっかい”をしているのが見えるし
緊張感がなければ、ただのバカにしか見えないという感じですね。

ちょっとしたこと。
それだけで、物語も引き締まってくると言う事。

少しだけ、面白くなってきたと思います。


“僕も弁護士ですから”

こういうドラマだから、こういうセリフも重要ですよね。




ただまぁ、
やっぱり真船の行動が、足を引っ張っているんですけどね。
成田が真犯人ではないことを視聴者は知っているわけで、
じゃ、成田じゃなければならないワケは?
なんて部分に繋がるのだろうが、
どうしても、場違いな印象のドラマをインサートされているので
お話の腰を折っている印象は拭えないということだ。


とはいえ、
全体の雰囲気が良くなってきているだけに、
これからの、、、真船のネタの小出しを、
バランス良いタイミングで入れてもらいたいところだ。


これまでの感想

第2話 第1話
posted by レベル999 at 23:09| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。