TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月18日

龍馬伝 第29回 新天地、長崎

『新天地、長崎』

内容
記者の坂崎(浜田学)は、
岩崎弥太郎(香川照之)に“龍馬”についての話の続きを聞いていた。
海軍操練所を閉鎖されたあとのことを。
そこには、千葉佐那(貫地谷しほり)もいて、龍馬のことを話そうと思ったが
それを遮るようにして、弥太郎は悔しさをぶちまける。。。。
わしより先に商売を始めた。。。と。

神戸の海軍操練所が閉鎖され、
薩摩の西郷吉之助(高橋克実)小松帯刀(滝藤賢一)のもとに身を寄せるため、
西郷らと船旅を続け、その途中、、、長崎へと立ち寄る龍馬(福山雅治)たち。
そして長崎一の商人と言われる小曽根乾堂(本田博太郎)の屋敷に、
西郷の紹介で、逗留することになった龍馬たち。
到着早々、龍馬は、西郷に頼み事をする。。。。長崎で下ろして欲しいと。
そして、近藤長次郎(大泉洋)沢村惣之丞(要潤)陸奥陽之助(平岡祐太)らと
自らの力で生きていくと言い始める龍馬
あまりの図に乗った龍馬の言い分に、西郷は呆れるばかりだったが。。。。

そんななか、龍馬たちは、
日本で成功したイギリスの商人であるグラバー(ティム・ウェラード)を訪ねる。
いきなり、“船を貸して欲しい”と切り出す龍馬。
全ては“商売”=“ビジネス”のためだと交渉を始める。
すると、ひと月に3000両ならば、貸そうと言うグラバー
さすがに無理難題。。。。交渉は決裂した。

すると龍馬は、“丸山”に行くと言い始め、料亭・引田屋へと。。。。
どこかの藩と交渉し、船を手に入れようと考えたのだ。
やがて西郷ら薩摩藩士がいると分かるが、、、そこには行かず。。。別の部屋へ
長州藩の高杉晋作(伊勢谷友介)井上聞多(加藤虎ノ介)伊藤俊輔(尾上寛之)
らが、グラバーとの交渉を考える部屋へ乗り込む。
ナントカきっかけを掴もうと話し始める龍馬。
“龍馬”と名乗ったのを聞いた高杉は、突然、、信用すると告げる。。。。
桂小五郎(谷原章介)から、“龍馬”の名を聞いて知っていたのだった。

高杉は、話を始める。。。。
武器を手に入れるために出入り禁止の長崎にやってきたと。
手に入れたいのは1万丁の銃。。。。
攘夷という考えを転換し、幕府と戦い、長州を独立させるためだという。

が。。。その部屋へ、、、、薩摩藩士たちが。。。。。

敬称略


ついに、第3部開始。。。いや、SEASON3か。。。


SEASON 3
RYOMA THE NAVIGATOR



だそうである。

NAVIGATOR????

まぁ、なんでも良いです。


さて物語は、コレまでのことを全て忘れたかのように、展開される。

明らかに、、、捨てていますよね(苦笑)

それはそれで、思い切った決断だと考えるべきなのかもね。

なんと言っても、『SEASON3』
今回から、『新しい物語』が、はじまるのである。

ここまで割り切って、展開すれば、
約1年にわたる連ドラだとはいえ、
気にせずに物語を楽しむことが出来る感じである。

そう考えれば、
視聴者の感触を確かめながら、
気にせずに、いや、、節操もなく、、、新しい物語を切り出すことが出来るのは

『SEASON』、、いわゆる『部』に分割した、、、良いところ。。でしょう。


こちら、、、視聴者だって、
ハッキリと、割り切って観ることが出来ますしね!!

ってっか、、割り切って観るつもりが無くても
明らかに割り切っている演出なので、

そんな風に誘導させられている感じですよね。。。『今回』を見た感じでは。


色々書いてきましたが。

物語は、ついに動き出す『英雄・龍馬』という感じでしょう。

すべては、
『日本人同士がケンカしちゅう場合か』

この言葉に集約されています。

どうしても、社会の転換に尻込みする西郷吉之助。
その一方で、革新的な考えで進もうとする高杉晋作。

2人の気持ち、考え方を描きながら、

そんな事してる場合じゃないと言いきる坂本龍馬。

分かってはいても、
見事な描き方だったと思います。

いやまぁ、、、
なんだかワケの分かんない龍馬のお話『龍馬伝』が、

一気に、、英雄譚である“普通”の龍馬のお話“龍馬伝”となった印象である。


途中、幕府のことを描いているのも、ちょうど良い感じですし。
グラバー達の、、、“暗躍”も、、良い感じ。

コレから先のことを考えずとも、
まさに、、幕末。。。大混乱期をであることを
上手く表現していたと思います。

ってか、、ほんと、
なんか、今まで以上に熱血漢の龍馬だよね。。。。
それも驚きの1つ、まさに“豹変”である



にしても、、スゴイよね。。。この割り切り方(苦笑)
ビックリしちゃいました。


これまでの感想

第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

posted by レベル999 at 18:57| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。