TBコメントは、本家へm(__)m

2010年05月09日

新参者 第四章 時計屋の犬

『時計屋の犬』
“時間トリック…恋人の嘘

内容
三井峯子(原田美枝子)が殺害される直前のメールに
“いつもの広場で子犬の頭をなでていたら、
 今日も小舟町の時計屋さんと会いました。”
と書かれてあった。
該当するのは、小舟町の時計屋。。。寺田時計店の寺田玄一(原田芳雄)
加賀恭一郎(阿部寛)は、ひとり、、、寺田時計店を訪ねる。
壊れた時計を店の従業員・米岡彰文(恵俊彰)に手渡し修理を依頼する加賀。
そこへ、、遅れて松宮(溝端淳平)がやってくる。
近くの浜町公園で“犬の散歩をしている時に会っただけ”という寺田。
だが、、寺田の言う公園で、峯子が目撃された情報はなかった。
散歩をしていた時間が違うのでは?と問う加賀であったが、
5時半で間違っていないと寺田は主張する。帰ってきたのは7時だと。

加賀と松宮が公園に聞き込みに行くが、目撃情報がない。
すると、、先日の..愛人アサミ(宮地真緒)が。。。子供と散歩をしていた。
寺田は“ドン吉パパ”と呼ばれているらしいが、あまり人と接触しないらしい。

ふたたび、寺田のもとを訪れて、聞き込みの結果を告げる加賀。
だが、ひとりでいたという寺田。
そこで子犬の頭をなでていたというメールの内容を告げると、
寺田はなでていたと証言する。
子犬がいたのに、飼い主を見なかったのか?と聞いても、、目に入らなかったと。
やはり、寺田が何かを隠していると加賀は確信する。
そんなとき、ふと思い出す。。。すべてを知る目撃者がいる!!

そこで、仕事を終えた米岡と一緒に、ドン吉の散歩をする加賀。
米岡から、色々なことを聞くことに。散歩はいつも同じでドン吉が勝手に歩く。
そして寺田の家庭の事情が分かってくる。
妻の志摩子(松本じゅん)が言っていた。。。香苗(波瑠)という娘
寺田がチンピラという男・秀幸(心之助)と駆け落ちし、勘当したという。
コースには、証言どおりの公園もあった。
が、、、いつもとは違うコースを歩こうとするドン吉。。。。。


敬称略



三井峯子が会っていたかもしれない男が浮かび上がる!
時計屋の店主だった。

だが、なぜか、会っていないという時計屋の寺田。

何かを隠している!


ま、、そういうお話ですね




それにしても、みんな“隠し事”をするんですね。。

刑事に殺人事件のことの聞き込みをされているのに、
今回だけに限らず、みんな、嘘ばっかり。

こうなってくると、殺人事件の捜査が停滞してしまうような。。。。

そんなことを、リアルに感じ始めた今回。

ドラマですし、人情モノですし。。。
みんなに正直に話してもらおう!

そういうお話だと思って見ることにします。



さて、謎の行動をする時計屋の主人・寺田。
公園で目撃されていない。。。なのに、犬の頭をなでている?

娘の名前が時点で、全て見えているお話である。


願掛けのために、、時計を修理続けていた父親。
すべては、、、娘のため。

でも、娘のことを想っていても、どうしても、、、会えない。
父親として。。。事情がある!

でしょうか。。。

それにしても、まさか、時計の部品とはね!
娘の想いも見えますね。
唐突すぎて、引っかかっていた部分ですが、、なるほど!!


“私が止まっていたら、時計も止まったまま”

止まっていた家族の時が動き始めた。

あたたかく、、、勘当ならぬ、、、感動モノの良いお話である。

三方時計というのが、また良いですね。
1つの軸で、3つの時が回る。

“家族”を感じるかなり良いお話でした。



ま、、嘘を言ったおかげで、殺人事件の捜査が止まってるんだけどね!



これまでの感想

第三章 第二章 第一章
posted by レベル999 at 22:00| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。