TBコメントは、本家へm(__)m

2010年04月25日

龍馬伝 第17回 佐那との別れ、怪物容堂

『怪物、容堂』

内容
勝麟太郎(武田鉄矢)の弟子となった龍馬(福山雅治)
早速、“黒船”に乗り大興奮!
そこで、土佐でも有名な、ジョン万次郎(トータス松本)と出会う。
万次郎から、アメリカの“大統領”について知る龍馬。
そして、民が国の行方を決めるというシステムに驚くのだった。
やがて世界一になるだろうという。
それでも、日本のために帰ってきたという万次郎。

海軍作りに動き始める勝麟太郎と龍馬
様々な藩に出向き、言葉巧みに説得し、
海軍操練所の訓練生を出してくれるよう依頼していくのだった。

自分が探していた“攘夷”そして“生き方”を見つけた龍馬は、
千葉道場で、佐那(貫地谷しほり)と重太郎(渡辺いっけい)に語るのだが。。。

そのころ、
京に戻った半平太(大森南朋)は、三条実美(池内万作)に掛け合っていた。
上洛してくる将軍後見職・一橋慶喜(田中哲司)に会うために、
土佐藩に身分をあげてくれるよう説得して欲しいと。


やがて、人材供出の願い出のための藩邸巡りも、、、ついに土佐藩となっていた。
勝麟太郎そして、龍馬の前に現れる、山内容堂(近藤正臣)
下士である龍馬が、初めて見た“大殿”。。。本当に土佐藩を動かす男であった。
勝麟太郎からの人材提供の話には、即座に了承する容堂であったが、
脱藩した藩士への罪の減免は、決して許さない容堂。
それは、龍馬のためを思っての勝麟太郎の行動であった。


そのころの弥太郎(香川照之)は、材木を売って一儲けしようと考えたが失敗。
龍馬の兄・権平(杉本哲太)に、金を貸してくれるよう頼んでいた。。。。。


そして海軍操練所づくりのため龍馬が江戸を発ち、大坂へ向かう日がやって来た。
定吉(里見浩太朗)重太郎、佐那に別れの言葉を告げる龍馬。
定吉“志したからには、成し遂げろ”

龍馬は、佐那との立ち合いを申し出て。。。。。。。


敬称略


激しく打ち込み合う龍馬と佐那

その後、、、、涙しながら、、

佐那“本当に、強くなられましたね
 いざという時は、きっとその腕が
 あなたを守ってくれることでしょう

龍馬“お佐那様のことは、生涯忘れませんき。
 ありがというございました。


悲しく、切なくも、あたたかい佐那。
そして、強い意志

“この9年、私は坂本さんのことを、ずっと待っていました
 私は、やっぱり、坂本さんが好きだったんです
 わたしはもう、誰の嫁にもなりません
 これからも、剣一筋で生きていきます
 私は幸せです。
 だって、坂本さんは、ここにいるのですから。


加尾の時とは、まったく違う“別れ”

佐那らしい、、別れだったと思います。


あ、、、メインは、もう一つ。
タイトル通りの、、、容堂である。

一瞬、“容堂”が入っているタイトルは、なのか?

と思わせながら、
最後に、、“怪物”を出してくる。

“上り坂もここまでじゃ”

佐那との別れも良い感じでしたが、
それを打ち消すかのような、怪物、容堂

物語にメリハリが生まれ、
緊張感ある幕末、そして、土佐を意識させた感じですね。

基本的に、“軽い部分”を感じてしまう“龍馬伝”ですから、
こういったキャラは、本当に良いことです。

まさに“幕末”

そういうことだ。


しっかしまぁ、
趣の違うお話を2つ、上手くつなぎ合わせましたね。

一方は、恋バナ、もう一方は、怪物である。

それぞれのキャラが、
登場シーンが少ないながらもシッカリ立っているからこそ
今回のような、龍馬の“公”と“私”

両方を見事に描くことが出来たのでしょうね。

面白かったと思います。

もちろん、半平太が必死になっていること、
弥太郎が必死になっていること

そして龍馬が必死になっていること。

それぞれの対比も上手くできているし、思いが伝わってくるから
これからの楽しみにもなっているのは言うまでもない。



とはいえ、、次回のタイトルが。。。。


これまでの感想

第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 21:00| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。