TBコメントは、本家へm(__)m

2010年03月07日

特上カバチ!! 第8話 大失敗

“決断!!事務所を去る日”

内容
仕事に気合いの入っている田村(櫻井翔)
そんなある日のこと。
美寿々(堀北真希)が、検備沢(浅野ゆう子)と一緒に温泉接待
大野の娘・甲斐杏(菊里ひかり)や美寿々の友人・岡本桂(木南晴夏)と。。。

美寿々が来ないということで、仕事に気合いが入る田村
そんなとき、美寿々を訪ね1人の女性がやってくる。
雨雲商会の小津小百合(市川由衣)。。。セクハラを受けているという。
相手は元彼・江口浩介(金子賢)であり、デート代を返せなどと言っていて、
そのことを上司の相談したところ
会社から内容証明が送られてきたと言う事だった。
“これ以上の抗議は辞めろ”という。。。。
雨雲商会の担当が田村の友人で行政書士・村田貴志(山崎樹範)であり、
安心する田村。
早速、村田を交え話を進めていく。、
私的なことをこれ以上訴えないという示談書にサインをさせられる小百合。
大丈夫だからと田村は言うのだが。。。。。

翌朝。事務所にやって来た美寿々から怒鳴られ、平手打ちされる田村。
昨夜、小百合が泣きながら、美寿々のもとを訪れ
小百合のことを色々と社内で広げていると言う事だった。
セクハラは、女性の自己決定権が尊重されなければならないことであり、
全ては被害者の主観で決まるモノであると。
美寿々は、
セクハラは、されたことより、された人であることだと、田村を諭すのだった。

自分が、小百合の気持ちを考えない行動に出ていたことに気づいた田村。
なんとか小百合の役に立ちたいと、美寿々に願い出るのだった。

美寿々と田村は、江口と話し合おうとするが、被害妄想だと言われてしまう。
また、村田からも、示談書は取り消せないと。。。
そこで美寿々は、雨雲商会の人事担当・畠山武彦(春海四方)に訴えるが
村田が、先手を打ち、、、手出しできなくなってしまう。

大丈夫であると判断した江口は、同僚たちに小百合へのセクハラ発言を繰り返し
ついに、、、事故が起きてしまう。
責任を感じる田村は、手だてを考え出すと言うが、
示談書がある時点で、どうにもならない。
が、、、田村は、ある事に気付く。。。。。。。


敬称略




今回は、
序盤で、先輩達に仕事ぶりをほめられるところから始まる。
そんなとき、美寿々がいないことで、気合いだけが入っていく。

すると、、、相手が知り合いであったと言う事もあり大失敗!!


ま、そんなお話ですね。


細かいことはともかく。
主人公が追い詰められたり、失敗するお話は面白いですね。


正直、ドラマとしては、法律の細かい方法論などよりも
登場人物達が、どう関わっていくのか?
そして、どんな風に感じて、どう行動していくのか?
と言うのが重要です。

キッチリと、主人公の田村が失敗に向かうようにネタフリした上で失敗。
それが取りかえしのつかないことになると言うのも
また面白い部分ですよね。

“きっと、勝つのだろう”と思っていても
失敗があるからこそ、成功もメリハリとして際だつと言う事だ。

、、、すこしネタフリが明らさま過ぎたのは、気になるところだが、

流れとしては悪くないので、これはこれで良いだろう。


最終的に、ある程度のスッキリ感を提示して、物語を締めていますしね。



とはいえ、、、

大野“不安に震えている依頼人を
  のうのうと敵側に差し出すなんて
  法律家として、いや、人として失格だ
  そんなやつ、ウチにはいてもらいたくない

これで、どのように変わるのかが、重要。

大きな転機を迎えた主人公。
小さなエピソードから、大ネタへ。。。。

ドラマ全体を見た場合の展開も良い感じだ。

全体として、結構面白かったと思います。



さて、、どうまとまるか、注目したいと思います。
キレイ事や、気合いとか、熱意とか
そう言うのではなく、丁寧にまとめてきて欲しいモノです。


それにしても、
今回くらい、
美寿々が田村の気持ちとリンクしたり
田村を指導したりと、、、
そういった描き方をしていれば、今までのちょっとした違和感も
何とも思わなかったでしょうに。。。。


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:15| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。