TBコメントは、本家へm(__)m

2010年03月01日

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ2 第8話 2人の容疑者

『遺留DNA…完全一致する容疑者が2人!?』

内容
ある日の夜のこと、増岡俊夫(松沢一之)という男の刺殺体が発見され、
安積(佐々木蔵之介)は、娘・涼子(渋谷飛鳥)と食事中だったが呼び出される。
財布なども残っていたため、物盗りじゃなく怨恨の線も考えられたが、
カバンさえ、残っていない。
ただ、被害者の手には、女性のモノと思われる毛髪が残されていた。

先物取引の会社で、トラブルも多かったらしい
タクシーに乗っていたことが判明し、キャバクラ“アリス”から出てきたと判明。
アリスを訪ね事情を聞く須田(塚地武雅)と黒木(賀集利樹)
宮本という店員の話では、“しおん”というキャバ嬢とトラブルを起こし、
店を追い出されたと分かってくる。
本名、田中麻美(原田夏希)。。。。
麻美に、任意同行を求める村雨(中村俊介)と桜井(山口翔悟)
話によると増岡は麻美の母の元愛人であり、増岡が原因で自殺をしたらしく、
麻美は増岡のことを、かなり恨んでいるようだった。
だが、麻美は犯行を否認。

数日後、増岡が握っていた毛髪のDNAと麻美のDNAがほぼ一致。
安積は、逮捕状を請求するのだが、麻美は否認。
そのうえ、知り合いの弁護士・戸田圭一郎(忍成修吾)を呼んで欲しいという。

水野(黒谷友香)は、DNA判定を元に取り調べるべきと言うが、
安積は、それでも否認していることに疑問を感じる。
増岡の足取りを追うことを決めた安積。
増岡が行った明愛大学付属病院に行くと、、、麻美とうりふたつの女性がいた!!
臨床心理士の岸川睦美(原田夏希・二役)
麻美と睦美は、一卵性双生児だった!
両親の離婚で、姉の睦美は父に引き取られ、妹の麻美は母に引き取られたらしい。
一卵性双生児なら、DNAはほぼ一致する。。。。

麻美は、自分がしていないと言い。
睦美は、仕事をしていてアリバイがあると主張。

数日後、戸田弁護士が、神南署に現れ、
麻美を逮捕しているのに睦美を逮捕しないのはオカシイと主張し、
麻美の即時釈放を要求してくるのだった。

やがて、小児科の医師・後藤明雄が、睦美のアリバイを証言。
安積は睦美の男関係を調べるよう指示すると、
睦美が、戸田弁護士とつきあっていることが判明する。
ナニか裏があるのでは??

そんななか、麻美が犯行の自供をはじめ。。。。。。。。
その一方で、睦美の毛髪から、。。。。。

敬称略



被害者の手から毛髪
DNA鑑定で、容疑者が浮かび上がるのだが
一卵性双生児の姉妹。。。。。

一方には、アリバイがある。
だが、、、ナニかがオカシイ。。。。。


っていうところですね。



良い物語ですね。
サスペンスとしても、DNAに一卵性双生児
細かく、アリバイを持ってくるだけでなく、
明らかに『意図』を感じる弁護士を投入するなど

なかなか面白かったと思います。
もちろん、、、想定内なのは言うまでもないが、

原田夏希さんのメリハリのある演技により
面白味が増した感じだ。

そのうえ、秀逸だったのは、
一卵性双生児というネタに、、心に傷を持った少年を絡めてきたこと。

自分たちの境遇があるから。。。。

動機などとも一致し、物語に深みを与えていますね。

いや、、最後の結末も含め
『安積らしい』人情モノのお話だったと思います。

ホント、良くできていますね。
“2”になって、一番面白かったですね。


個人的には、裕太君(澁谷武尊さん)が絵を描いていたので
そのあたりからばれるのかと思っていましたが、
“大人の意図”で、、、ということで、
強引に人情で持っていなかったので、ちょっと嬉しい感じですね。
良い方向から、真相がばれていますしね!


最終的に、金子課長(田山涼成さん)で涼子を絡めオチを持ってきたのも、
なかなか面白かったと思います。


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 20:59| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。