TBコメントは、本家へm(__)m

2010年02月21日

龍馬伝 第8回 新しい壁

『弥太郎の涙』

内容
八平(児玉清)が亡くなり、長男・権平(杉本哲太)が後を継いだ坂本家
龍馬(福山雅治)は、兄・権平とともにあいさつ回りをしていた。
その帰り、2人は、弥太郎(香川照之)の父・弥次郎(蟹江敬三)が、
男たちに殴られているところに遭遇する。
止めに入る、龍馬であったが、、、弥次郎は。。。。。

そのころ、江戸に滞在する弥太郎は、必死に勉学に励んでいた。
そんな弥太郎のもとに文が届く。弥次郎が怪我をしたので帰ってくるようにと。
大急ぎで土佐に帰った弥太郎。
母・美和(倍賞美津子)によると、
水を独り占めした庄屋・島田便右衛門(日野陽仁)に抗議に行き、
父・弥次郎は返り討ちにあったという。
そのうえ、奉行所は、島田の行いをお咎め無しとしていた。
弥太郎は奉行所に向かうのだが、まったく取り合ってくれない。
そこで龍馬がすでに抗議に来ていたと知っただけであった。

龍馬は、半平太(大森南朋)に意見を聞くが、
弥太郎には関わるなと言うばかり。
どうやら、以蔵(佐藤健)収二郎(宮迫博之)らと江戸に行くらしい。。。
剣術修行名目で行くと言うが、実は、、“攘夷”を訴えると息巻く半平太。

彼らら旅立った後、龍馬は、安藝奉行と庄屋の結託を弥太郎に伝え、
兄から聞いたという気骨のある吉田東洋(田中泯)に訴え出ると言い始める。
自分たちの言葉に耳を傾けるわけがないという弥太郎。

弥太郎に言われては決断が出来ない。
そんなとき、兄・権平、姉・乙女(寺島しのぶ)に後押しされ、決意する龍馬。
そして、覚悟を決めた弥太郎とともに、東洋の屋敷へと向かうのだった。
だがやはり予想通り、まったく取り合ってくれない。
そこで屋敷の前に居座りはじめた2人。、
数日後、ついに、話を聞いてくれることになるのであった。

が、、、、、、、、2人は想わぬ事態に。。。。。。

敬称略




庄屋の不正を告発した弥次郎は、返り討ちにされてしまう。
父の危機に、江戸から帰ってきた弥太郎。

その思いを知った龍馬は、
兄から聞いた吉田東洋に弥太郎と2人で訴え出るのだが。。。。

そこにあったのは、“今の自分”

“わしは殴ってもええがじゃ、天才じゃき
 そんな人間は、何をしてもええがじゃ
 岩崎弥太郎。おんしは、何をもっちゅう
 坂本龍馬。おんしに、何が出来る
 何の力もないもんは、黙っちょるしか仕方がないがじゃ。
 それが世の中ぜよ。

絶望感が包み込む2人であったが、
今の自分が出来ることと。。。。弥太郎は奉行所へ向い。。。。


ま、そんなところである。



↑結構、スマートに書いたつもりですが、
次回へのネタフリも途中で強引に盛り込まれているため

本編は、二度ほど、物語が切れている。

半平太、、加尾。。。ですね。

いやまぁ、分かるんですよ。これからのことを考えれば。

でもね、それを入れたがため、
龍馬が何をしていたのか?何したかったのか?が
完全に途切れてしまい、

一瞬、、、龍馬は“弥次郎事件”を忘れちゃったんでは?と
本気で思ってしまいました。


と、そんな、強引な浮いているシーンもありましたが、

物語は、それなりに成長した龍馬、弥太郎が、
再び“壁”を感じるというお話ですね。

身分の格差。。。というのもあるが、
それを超えたところにある“能力”というものを、
一気にクローズアップさせた印象である。

そう、、、知っている人は知っているが、
吉田東洋。。。。

season1だけでなく、
これからの“続き”にとって、かなり大きなネタフリである。

もちろん、、、“能力”についても!


前回の小龍登場は、意味が分からない状態であったが、
今回の東洋は、

本当の意味で、龍馬、弥太郎にとって“大きな転機”なのは間違いないだろう。

ま、、、たどり着くまでに、色々とあるでしょうけどね。

きっと、
season1の第2章の始まり。。。。というところかな。

だから、お互いに再確認し、
龍馬が江戸に初めて行ったのと同じようなシーンにしたのでしょう




しっかし、
物語は、面白く見ることが出来てるのだが、
加尾、、、なんか、かなり強引ですよね。
半平太なども、先に“関わるな”ではなく、最後に“関わるな”なら、
流れもスムーズだったろうに。。。

このドラマって、脇役を強引に登場させた時
必ず“とってつけたような感じ”になっていますよね。


これまでの感想
第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 21:33| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。