TBコメントは、本家へm(__)m

2009年12月06日

JIN−仁− 第9話 医師と火消しの心意気

『残酷な神の裁定』

内容
未来(中谷美紀)の写真が大きく変化をはじめた。
それは、仁(大沢たかお)たちが、行動を起こしたことに由来すると思われた。
ある日のこと。茶店で恭太郎(小出恵介)たちと一服していると。
妙な老人とちょっとした言い合いになる。
江戸を救ってきたのは火消しだと良い、医者には度胸がないと言う男。
それを聞き、火事場で医者の度胸を見せると、仁は、約束をしてしまった。
が、、、なんと、、男は、火消しの“を組”新門辰五郎親分(中村敦夫)だった。

そんななか、野風(中谷美紀・二役)から文が届く。
咲(綾瀬はるか)に見送られ、龍馬(内野聖陽)とともに、吉原の鈴屋に向かう。

が、、そこにあったのは、、酒に肴。。。先日の礼をしていないと言う事だった。
やがて、龍馬を退席させた野風は、仁とふたりっきりになり話を始める。
ふたりになり話をして仁は気付く。。。顔だけでなく、心まで未来に似ていると。

実は、野風には、身請け話があり、最後の時だったのだ。
仁に手をさしのべる野風。。。。
そんなとき、半鐘が鳴り響きはじめ、“約束”を思い出し、我に返る仁。
野風に促され、火事場に走り出すのだった。
咲、恭太郎、山田(田口浩正)佐分利(桐谷健太)らの助けを借り、
医学館の福田(佐藤二朗)も参加し、焼け出された人たちの治療をはじめる。

ある程度、治療が終わった、その時。。火消しの千吉が運ばれてくる。
気道熱傷だった。
すぐに治療をはじめなければ、助けられる命が失われる。。
だが、辰五郎親分は。。。。。。



敬称略



先ず書いておきますが。

いつだったか感じた疑問が、どうしても消えないため、
大人買いの上、原作読んじゃいました。。
で、、頭の中にあった疑問が解消!(←なんのことかは、書きません)


ま。それは良いのですが。

今回、どうしても気になったこと。

こんなに、いろいろとネタフリして良いのかな??
どこまで物語を描くつもりなのだろう?
続編が作ることができるようにするのか??

と、、、原作を読んでしまったがため、いっそうナゾが深まってしまいました。

いや、読んでいなくても、これだけのネタフリが必要なのかなぁ。。。と。



それはさておき。

物語の方は、

未来の写真に起きた異変が気になりながらも
仁は、新門辰五郎親分との約束を守るために火事場へ、出場!!!

焼け出された人たちを治療!!

と、、、そんなことである。


今回は、ここのところのお話とは、少し違った雰囲気でしたね。
そう感じさせるのは、『治療』を詳細に表現したことだろう。

確かに、物語作りに、治療シーンは、必要なわけではない。
だからこそ、洪庵のお話や、醤油屋のお話、、新ペニシリンのお話があった。

物語は丁寧に描かれているし、満足度は高く不満自体は無い。
それだけの描かれ方なのである。

が、逆に、この物語の描き方は、1つの疑問を生んだのも事実なのだ。

『仁』という存在自体は、必要なのか??である。

主人公だから必要という言葉には、意味なんてない。
主人公の必要性こそに、意味が存在するのである。

ペニシリンが登場した瞬間に、
物語が勝手に動き出しているのは、今回の龍馬を見れば分かること。
実際問題として、劇中でも仁が関わることなく製造されている。
かといって、物語には仁が必要。

じゃ、とりあえず登場させて、物語作れば良いんじゃ?

そういう、ある意味中途半端な必要性の描かれ方だったのである


しかし今回は、違った。
逃げようとするみんなを押しとどめる仁。

この姿こそが、『仁』なのである


そして、、、

表現される言葉にも意味が出てくる。

“助けられる命を見過ごしては、私が死んでも死にきれません。
 それが医者の心意気です。”

当然、その心意気に応える辰五郎親分である。



人間関係の表現だけでなく、“医師”としての姿をキッチリ描いた。
かなりバランスが良かったお話だったと思います。

最終的に、辰五郎親分からの贈り物のことも表現され、
わたし的には、初期の数回以来の納得のお話でした




これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


posted by レベル999 at 22:30| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。