TBコメントは、本家へm(__)m

2009年11月20日

おひとりさま 第6話 好きな人

『私、好きな人が出来ちゃったみたいなの…』

内容
二階堂(中村俊介)に言われたことが気になる里美(観月ありさ)
“あの新人教師のことがほっとけない”

そんななか、期末テストが迫り、テストの作成を真一(小池徹平)に命じる里美。
だが、“何のために勉強するのか”と、
生徒が言うようなことばかり言う真一に、里美はあきれるばかり。
それどころか、、アニメのクイズを。。。。
翌日。学校ではアニメクイズで君香(松下奈緒)と盛り上がる真一。
そのうえ、、、真一が君香をデートに誘ったという噂!!!

悩みを打ち明けようと青木(鈴木亜美)のところに行くと。。。
2年のとき里美が担任だった柳田圭子(草刈麻有)がいた。
模擬試験などでも成績が抜群に良い圭子を井上教頭(佐戸井けん太)が、
学校の評判を上げるために、東大に合格させようとして、
“東大合格プロジェクト”を立ち上げていたのだった。
明らかにお疲れ気味の圭子に、
“少しは余裕って言うか、遊びの部分も必要よ”という里美
だが、、“余裕なんて無い”という圭子。

一方、真一と君香がデートじゃなかったことに安心する里美。
どうやら、博之(橘慶太)から君香を誘って欲しいと頼まれていたようだった。
だが、
君香を傷つけ、博之にも迷惑かけたことに真一はショックを受けているよう。
どうしても気になった里美は、謝った方が良いことをアドバイスする。
“あなたはダメなんかじゃない。優しいだけ”

翌日、君香に謝罪する真一。
その現場に怪しげな男(近藤公園)が現れ。。。。学校では騒ぎが!!
なんと、、、矢野(酒井若菜)の元恋人・田中だった。
実は東大卒で、エリート街道を進んでいたが。。。。。。。
そこへ、恵子が現れ、教師達に告げる。

“私、東大受験辞めます”


敬称略




お見合い相手から指摘され、里美の真一への視線が変わりはじめる。

まさか、、、恋してる!?

そんなとき、受け持ったことのある生徒が、
突然、、、受験辞めます宣言!

ちょうど、生徒たちだけでなく、真一からも勉強のことを問われていた里美は
理科室の立てこもった圭子だけに、秘密を話し始める。

“勉強って、自分ひとりのためだけじゃないじゃないかってこと。
 誰かの為って思った方が、勉強って意味が出てくるんじゃないかって。
“好きな人が出来ると違うんだよね
 その人のために何かしたいって言う気持ちがあるってことに気付いたの
 私はひとりじゃないんだって。

が!。。。。。。それは、学校中に。。。。


って感じである。


まぁ、、わざわざ、君香を入れ込む必要性がよく分からないところではあるが、
里美に焦りを感じさせるには、ちょうどいいのかもしれません。

そんな女心も分からないのか!!っってね。


あとは、本当にベタな物語であり、
里美の気持ちが真一の行動により翻弄される姿が、丁寧に表現されている。

何も気付いていない感じの真一もまた、
この手のドラマでは定番。。。これは、、次回アタリなのだろう。

一応、
そんな里美の恋物語だけでなく、教師としての姿も描いているので、
そこに恋を重ねてくるなど、、、ま。。
分かり易いって言うか、そこそこ良いまとまりにはなっていますよね。

誰かが好きってのもばれちゃったし。

逆に、意識する田島校長も、良い感じである。


それにしても、博之の使い方が上手かったよね。
本来、本当に必要なキャラなのかどうかさえも分からないキャラ。

前回のことがあるから、
流れが分かり易く、そこを里美に気持ちにつなげるなど
かなり良い使い方になっていますよね。

メインのドラマとは、違うポジションにいるのに
キッチリとメインのドラマに絡ませてくるアタリ、絶妙と言って良いでしょう。


奇をてらうドラマではないため、
新鮮さと言う事では、どうにもならないほどのベタドラマではあるが。
裏切らないって言うか。。。結構、満足感はある感じですね。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:58| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。