TBコメントは、本家へm(__)m

2009年09月27日

侍戦隊シンケンジャー 第三十一幕 恐竜折神

『恐竜折神』

内容
ある日のこと。源太(相馬圭祐)の寿司屋に、
山崎彩(内田もも香)という看護師の女性がやってくる。

“シンケンジャーを探しているんですけど”

彩の話によると、働いている青山記念病院が、外道衆に襲われ、
入院している少年・坂井竜也(仲條友彪)が、人質になってしまったという。

病院に繋がる地下道があるという情報を聞き、丈瑠(松坂桃李)たちは、
源太だけを地上に残し、地下道を進んでいく。。。。
やがて、丈瑠たちの前に現れたのは、クサレ外道衆!
夏の陣で敗した脂目マンプクの手下“アゼミドロ”によるワナだった!

彩は、みんなを止めてくれと言い始めるのだが、
源太はすべてを読んだ上で、ワナにワザと引っかかっていたと説明。
自分は“保険”であるというのだった。
すると、その源太たちの前にアゼミドロが現れ。。。。。。


敬称略



クサレ外道衆の生き残りが出現!!
丈瑠たちも、ワナと分かっていながら。。。。。

ま。そんなお話。

明らかに子供を人質にするなど、
まさに『外道衆』

子供だから、酷いことになってはいけないのではなく
子供だからこそ、敵の酷い目に遭わなければ、

正義の味方としての必要条件である、悪の表現が曖昧になってしまいます。


最後は、シンケンジャーが勝てばイイワケなのだから
こう言うの、、良いですよね。

誰かのために戦うシンケンジャー

これだけで、十分だ。

たとえ、大人の事情で、
オモチャの在庫セールを意図している物語であったとしてもだ!

いや、
映画と繋がりがあるような無いような描き方をしてきた『戦隊』にとって、
今回くらい、シッカリ繋がってしまうと納得感がありますよね。

その部分でも、驚きであり、楽しめたお話だ。

少年達の前に顔を出さずに、立ち去っていくのも、、粋だしね!!




気になることと言えば。
インロウマルではなく、恐竜ディスクでスーパー化していること。

なら、、もうひとり、、、スーパーになれるんじゃ???

ってことかな。


実は、もう1つ気になっていることがある。
それは、最近、、源太メインが多すぎること。
使い勝手の良いキャラなのも分かるし、特徴的なのも分かるのだが
他の5人の誰かであっても問題ないのだから、
もうちょっとバランス良くして欲しいなぁ。。。



これまでの感想

第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
posted by レベル999 at 08:07| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。