TBコメントは、本家へm(__)m

2009年09月20日

オトメン(乙男)〜夏〜 第7話 ガラスの乙面

『ガラスの乙面』

内容
本屋で“らぶちっく”を立ち読みする飛鳥(岡田将生)
作者の幸花ジュエルをただ者じゃないと、尊敬していた。
ある日のこと。美術の授業で“らぶちっく”の絵を描いた充太(佐野和真)
それをみて、充太も幸花ジュエルのファンだと飛鳥は考える。
そのうえ、
飛鳥からコミックを借りていたりょう(夏帆)も、いつの間にかファンに!
決定的なヒントに疑問さえ抱かない二人に、“怖ろしい子たち”と充太。

そんななか、妹・久利子(武井咲)から
黒泉社漫画大賞に“らぶちっく”が選ばれたと報告を受ける充太。
出席する必要のある授賞式にはファンもやってくる。。。どうすれば?
充太は、久利子を幸花ジュエルに仕立て上げることを考えはじめる。

そのころ、猛(高田延彦)は、浄美(山本未來)と会い
主水乃介(鶴見辰吾)から告白された日のことを思い出していた
“オレな、女になることにしたよ。
 ずっとやりたいこともあるしな。。。。。”
と言い残し立ち去っていった日のことを。

一方、黒泉社では、幸花ジュエル担当の松戸が、
少女マンガのカリスマ・城之内ミラにプレゼンターを打診していた。
幸花ジュエルが、男子高校生だと知り、了承するミラ。

そして、授賞式の招待券を当てたりょうは、飛鳥を誘い出席する。
ふたりは授賞式で、充太を見つけ声をかける。
出版社に勤める叔父にお願いして入れてもらったとごまかす充太。

ジュエルになるため控え室にいた久利子の元に、
樹虎(市川知宏)がファンからの花を届けにやってくる。
ジュエルであることは黙っていて欲しいと言う久利子だが、
“花束のシロバラの花言葉は純粋さ”
ファンは、それを求めているのではと言う樹虎の言葉に、
なにかを感じた久利子は、、姿を消してしまうのだった。

控え室に充太がいると、、、ミラがやってくる。
ミラ“自分が人前に出ては、読者の夢を壊してしまう。
 そんな風に考えていらっしゃると聞きました。
 先生がらぶちっくと言う作品で読者にかけた魔法は
 そんな簡単なことで解けてしまう程度のものなのかしら
 少女漫画家は自らの作品にふさわしいキャラクターであるべき。
 でももし、今の自分がそうでないと思うなら、プロとしてすべきコトは1つ”
決断した充太は、すぐに多武峰(木村了)に連絡を入れ。。。。。


敬称略



賞を受賞した“らぶちっく”
ファンに姿を隠している幸花ジュエルこと、充太は、、悩みはじめる。
バレてしまうだけならまだしも、ファンに夢を壊してしまうかもしれない。。。

そんなとき、充太の前に現れたのは、、、少女漫画界のカリスマ城之内ミラ
ミラの言葉で、充太は決断の時を迎える。


ってことですね。


正直、
視聴者的には、すでに分かっていることなのに、
一体、どういう展開にするのだ???

と思っていましたが、意外と良い感じのお話ですよね。

なんて言えば良いんだろう。。。。

飛鳥が自分をさらけ出し、その後、多武峰も。。。と。
その流れの中で、充太も。。。と言う感じかな。

わたし的には、
“この手があったか!”と、普通に納得した展開でした。

途中、偽りの自分を脱ぎ捨て、親友の猛に語りかける主水乃介が、
良い感じのネタフリになっていますよね。

そう、
見事に、序盤から終盤まで描き込まれている。
それも、充太にとっては悩みであり、主人公たちにとっては、、“夢”ですね。

その部分にドラマとしての葛藤のオモシロ味だけでなく、
双方に発生しているギャップと天然さで、オモシロを演出。

両者が上手くコントラストとして進みながら、
その究極のカタチの城之内ミラで、キッチリカタチにする。

本当にお見事な展開だったと思います。

ココ数回、
若干、、ネタに走りがちで、ドラマとしてのオモシロ味が薄まりつつあったが、
一気に、この作品が序盤に魅せた面白さを描ききった感じである。

かなり面白かったと思います。


ま、、、
多武峰的には、、最もショックの大きい被害者だったでしょうけどね。
“オレは知らなくて良いモノを知ってしまった”

すべてを知っている充太だからこその展開だと言えるでしょうね。
ドラマとしての多武峰の才能をすでに表現しているのも、良い感じだしね!


それにしても、、、鶴見辰吾さん。。。。。
素晴らしい演技ですね。
今回は、これがすべてだったかもしれません




これまでの感想
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


posted by レベル999 at 00:12| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。