TBコメントは、本家へm(__)m

2009年07月28日

恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜 第4話 永遠の愛

『16歳のプロポーズと衝撃の事実』


内容
ルカ(中山優馬)は死の恐怖を感じながら、
ようやく真琴(加藤ローサ)の生き血を吸おうとしたが、
突然、牙が消えてしまった。戸惑うルカ。
そのルカの前にカイト(近藤真彦)が現れ、、“お前は心を奪われたんだ。”と
好都合だから、仲間にしろと言われてしまうのだった。そして、血を吸えと。

翌日。ルカと真琴との関係が気になる藤井(姜暢雄)は、
真琴から、昨夜は友だちと飲みに行ったときくが。。。そんな真琴を食事に誘う。
そして、その食事の最中に、音楽室でルカと一緒だったことを告白。
藤井からも、真琴が落としてしまっていた写真を返却。
お互いに隠していることを話した。。。
その後。。。。藤井は、真琴にプロポーズするのだった。

おなじころ。ルカが暮らす中華料理屋にカイトが現れた。
明らかにプレッシャー。直後に真琴の元に向かうが、目の前で藤井のプロポーズ。

翌朝。返事をしなかった真琴が気になるルカは、
その理由は、寝言で言ってた“歩”に関係があるのではと聞くが、
“あなたには関係ない”という真琴。

それでも、何かを感じ始めたルカは、
藤井に、、、
“どうして返事しなかったんだろうな
 「あなたのことを永遠に守ります」
 どうせ人間は死ぬんだ、永遠なんて無理なことを言うな。
 あんたに彼女は守れない

そして、真琴の家に向かい、血を吸おうとするのだが、
偶然にも真琴と歩の写真を目にして。。。。。。。。


敬称略




今回。
今までの、中途半端に意味が分からない状態とは、全く違いますよね。


完全にルカ自身が認識しているわけではないのだが、

ルカの中に生まれた真琴への恋。そして、そこから生まれた嫉妬など。
恋から始まる、いろいろ揺れる心を表現した感じですね。

面白いのは、『永遠』を連呼していること。

その反対には『死』が存在し、
歩という亡くなった初恋の人の存在を表現し、
そこに真琴の消えない愛を表現することで、

本当の愛と、、死の苦しみを一気に描いた感じである。

そう。それこそが、ルカそのもの。
恋から愛に変化しようとしているルカ。
愛をとれば、そこに残るのは自分の死。

ま。。。それで、相手がしあわせなのかどうか?
そんなことまでも、これから絡めてくるような勢いである。

かなり複雑な感じではあるが、


愛と死、そして永遠

人間とヴァンパイア。

それらの関係を複雑に組み合わせて、
はじめてドラマらしく描いたような気がします。



っていうか
本当は、こういった恋に苦しむ人間とヴァンパイア

そういう物語を描くはずだったんじゃないのかな??


その部分を描かずに、
吸うのか吸わないのか
牙があるのか、無いのか。

そういう、ある意味どうだって良いことを引き延ばしていることが
期待感を裏切ることに繋がっていたのだ。

で、恋バナなら恋バナらしく、行動すればいいのに、
ワケ分からないことを。。。。。


ほんと、ようやくドラマらしくなってきた感じですね。

実際、脇キャラたちだって、
それぞれに、オモシロ味のあるモノ、愛を語らせるモノ
ヴァンパイアを語らせるモノなどなど。。。

役割分担もキッチリ出来ていましたしね!!
おかげで、ドラマにテンポも生まれていました


この路線から、外さないようにして欲しいモノである。


これまでの感想

第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 23:25| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。