TBコメントは、本家へm(__)m

2008年12月15日

イノセント・ラヴ 第9話 愛をつかむ者

『涙の最終』

内容
池田(豊原功補)の記事を読み、なにかを思い出した佳音(堀北真希)
佳音は、殉也(北川悠仁)の元を去り、長野に向かい、
服役中の兄・耀司(福士誠治)に会いに行った、
そして自分が刺したと告白するのだった。。
そのことを、付き添いとしている藤堂刑務官(二階堂智)にも訴えかけるが、
全否定する耀司。

一方、佳音を追う準備をしていた殉也の元に美月(香椎由宇)が現れる。
殉也のことを部屋に閉じ込めてまで、自分の気持ちを告白した美月。
でも、、、殉也は、、佳音の元へ、、、、

借りているアパートに戻った佳音は、その前に居る殉也の姿に驚く。
そして、、殉也の訴え、、、告白を聞き、、扉を開け招き入れる。
が、その姿をみていた耀司は、。。。。


敬称略



今回は、簡単に言うと。

どんなに困難があっても、
殉也は佳音を守る宣言して、ふたり幸せに結婚式!!

ついでに、全ての記憶がよみがえった佳音。


そんなところだ。



結局のところ。
耀司が、佳音のためにやったことで確定させたようで。

しかし、
それで『幸せ』をつかませようとしないのが、
脚本家さんの意地の悪さというか、

疫病神佳音の本領発揮

そんな感じでしょうか(苦笑)



だって、コレまでもまったく同じパターンですからね。
幸せに触れたり、接近したり、手に入れたりして
最後には、ぶっ壊す!!



考えてみれば、佳音は、
美月、聖花そして、、昴。

3人に勝利した、愛の勝者であります。
犯罪的な行動もたくさんありましたけどね。。。。。

1つの決着のお話にはなっていたと思います。


ただまあ
その最後のカタチにまで達しているのに、
まだ『同じパターン』で、壊そうとする。

実のところ、次回予告の『衝撃映像』よりも、
ワンパターンな展開に、飽きてしまっています。





とりあえず、次回、最終回だそうで。
『章』じゃなくてホッとしたのは言うまでもありません

どこに、結末を持っていくのか分かりませんが、
まとまりそうで、まとまるワケのない物語なので、

納得出来る可能性は、低いかな。...

たとえば、、、、殉也が、聖花状態になるオチだとしても、
それで、殉也の奪い合いをしていた『男女』が、納得出来るとも思えませんし。



次回を待つことにします。

これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 23:00| 2008年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。