TBコメントは、本家へm(__)m

2008年09月21日

篤姫 第38回 嫁姑バトル!!しずかに開幕!

『姑の心嫁の心』

内容
薩摩へ向かう島津久光(山口祐一郎)の行列を横切ったイギリス人が、
薩摩藩士により斬り捨てられるという、『生麦事件』が発生した。
その事に関して、推定25万両もの償い金を幕府、薩摩に要求してくる。
幕府は、払うつもりがないようだった。
が、、、結果的に、事件は、攘夷派を喜ばすばかりであった。
そして薩摩が幕府と交渉し、生麦事件の混乱する中、
京では尊王攘夷派である長州藩が勢いをつけていた。
幕府との関係を重要視していた岩倉具視(片岡鶴太郎)は、隠遁生活。
また、、、長州の勢力拡大に従って、薩摩は京から立ち退かざるをえない状況。
渋々、薩摩に帰るしかない久光であった。
そんななか、帯刀(瑛太)から天璋院(宮崎あおい)宛に書状が届く。
薩摩が決して攘夷を行ったわけではなく、
無礼討ちであったと語られてあった。。。。
薩摩の意図が分からなかった天璋院は安堵する。

だが、勢いづいた攘夷派は、江戸に勅使を送りつけるのだった。
将軍・家茂(松田翔太)は、天璋院と相談し、
ある決意を持って勅使と対面する。。
それは、上洛をして、帝に攘夷が無理であることを伝えること
詳細は語らずに勅使に上洛の旨だけを伝えた家茂。
そのことを伝え聞いた和宮(堀北真希)は、家茂の身が心配でならなかった。

そのころ、坂本龍馬(玉木宏)は、勝麟太郎(北大路欣也)の考えに感銘。
弟子入り志願をしていた。。。。
そんななか、
上洛と勝麟太郎をめぐり、一悶着が発生する。

一方、薩摩では、、帯刀が家老職に就任。。。。。


敬称略






和宮『私が母なら、楽しみに待てますでしょうか
   私は、あの方の妻です。母とは違うのです
   都で何かがあったら、私は大御台様をお恨み申し上げます

天璋院『恨まれてしもうた


以上である。


母が子供を送り出す気持ち。
愛する夫を送り出す気持ち。

たがいに、家茂のことを思ってのことではあるが

なかなか良い感じで描かれていたと思います。
基本的には、天璋院サイドが強調されながら描かれていますが
まぁ、、、こんなところでしょう。

天璋院の『檄』も悪くはない感じだし。。。というか
一瞬、、、ダチョウ倶楽部。。。。

和宮もまた、観行院を交えることで、
あまり表面化させない感情を、回りくどい方法ではあるが、
おとなしい感じの中にある強い愛情を感じる印象であった。

2人の『らしさ』を表現しながら、
最後は、直接対決!!!

『お守り』というのも、面白い感じでしょう。

天璋院の戸惑いもまた、ギャップを感じて面白い部分かな。

ま、、、完全に、やり合っていませんので、
とりあえず、、『開幕!!』っていう感じ




ただ、、ね。。。
坂本龍馬と勝麟太郎。。。。あれ、、、ナントカならなかったの?
そして、、そのあとの
天璋院vs勝麟太郎。。。。である。

たしかに、勝麟太郎は、これから前面に出てくる人物である。

が、
陸路、海路なら、まだしも
坂本龍馬との対面は、サスガに強引すぎたんじゃ?
まぁ、何かと関連がある2人なので、
これからの2人の事を考えれば、仕方ないのではあるが、

そこまで、『家茂上洛』で盛り上げておきながら、
まったく印象の異なる話を盛り込んでしまうというのは

どうも、わたし的には納得出来ない部分。

歴史的なことは、理解してますけどね。。。。


あとは、、ほんと、帯刀にしろ、長州藩士、岩倉具視、など。。
完全にオマケで、入れられているのは、、、、
気にしないこととします。
かなり、多かったけどね、シーンが!!

まぁ、、、楽しいと言えば楽しいし、
歴史と言えば、歴史なのですが。。。
大奥のバトルを切り裂いているのも、事実でしょう。



それにしても、
こんな感じで、本当にバトルが開幕するとは、
思いもしませんでした。
だって、、直接対決だもん!!!

私の中では、このドラマの和宮の描き方からして、
もう少し、間接的かなぁ。。と思っていましたので。


2度見しての追記
やっぱり、、、勝麟太郎、、、坂本龍馬、、
そして、薩摩の帯刀。。。

強引だなぁ。。
いや、、、分かるんだけどね。やろうとしていること
ネタフリだって分かってるし。

でもなぁ。。。
なら、、序盤でまとめておいて、
最後に向かって、天璋院、和宮で良かったんじゃ?

これだけ、散りばめられてしまうとなぁ。。。
どうも歴史上の事実などを入れながら、
ネタフリを行うと、このパターンですね。。。

仕方ないと言えば、それまでだけど


これまでの感想

第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回

posted by レベル999 at 22:18| 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。