TBコメントは、本家へm(__)m

2008年09月14日

篤姫 第37回 薩摩との決別、友との再会

『友情と決別』

内容
久光(山口祐一郎)は、朝廷からの勅使を伴い、薩摩兵とともに江戸入り。
そして、、、勅使から、3つの命令が告げられた。
家茂の上洛。有力諸侯の幕政参加。一橋慶喜、松平春嶽の幕政登用。
だが、勅使と、老中達との交渉は進まない。。。
そこで久光は、大久保(原田泰造)に命じ、脅しを持って圧力。
それに屈した幕府は、勅命を受け入れることに。
しかし、同行してきた帯刀(瑛太)は、そのやり方に納得いかない。

一方、強引なやり方を知った天璋院(宮崎あおい)は、
家定の命日を利用して、久光との会談を申し込むのだった。
しかし、、強き国のため、手段を辞さないという久光に対し、
困惑し、怒りを感じる天璋院。
大見台所として、国の安泰を守りぬくことを宣言する。
それは、、薩摩との決別宣言でもあった。
話し合いは決裂。

だが、自分の中にある故郷・薩摩。。。それは消しきることは出来ない。。
そこで、、家茂(松田翔太)に許可をもらい、
大奥へ、帯刀を呼び出す。。。。。



敬称略




まぁ、今回は、

朝廷からの勅命に対して行った薩摩の行動。

そのこともあり
天璋院は、徳川。。。帯刀は、薩摩

それぞれ守ろう!

って感じですね。。


極端すぎる?

いや、、、まぁ、、こんなところだと。



実際、今回の話、否定するわけではありません。

たとえば、、大久保の行動による脅しなど、
本当に良い感じの緊張感だし、

直前の
久光『わしがどのような覚悟できたか、
   幕府の者どもに見せ付けてやるのじゃ

なんて、、、なかなか良い感じで。
島津久光、ココにあり!!

と言う感じですよね。


それに怒りを感じ、
天璋院、久光の会談も、
滝山のナイスフォローもあり、

やりとり自体は、面白いと思います。



ただね、、、天璋院の気持ちが、少し分かってきたとはいえ
和宮の行動で、、、帯刀に会う!!

というあたりから、、
どうも、強引だなぁ。。。と
それを言い出せば、勝麟太郎だって、そうだし。

このアタリ、
もう少し、自然な流れの中で、ナントカならなかったのかなぁ?

いくら何でも強引すぎます。

せめて、天璋院、帯刀の関係を知っているのだから、
久光が、何か計らってやるとか。

寛永寺にもいたんだし。

そうでなければ、
『小松はいるか?』と重野に言っていたのだから、
その流れから、持ってくるとか。

和宮だからね。。。。。



場面だけ見れば、良い感じの再会ですけど
わたし的には、どうも納得出来ない感じです。


勝『上等な人間は、力で人は動かさない
  心で動かすモノです

にしたところで。
これが、最終的な江戸城の運命にかかわってきそうですけど。

もう少し、ナントカならなかったのかなぁ。。

ネタフリは、理解しますけどね。



う〜〜ん。わたし的には
納得半分の幕末ドラマと、不満半分の強引ドラマの印象です。

『それがドラマだ』と言っちゃうと、それまでですけどね。。。

和宮、、突然すぎるもん

シーンは悪くないのになぁ。


これまでの感想

第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回

posted by レベル999 at 21:19| 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。