TBコメントは、本家へm(__)m

2008年06月22日

ハチワンダイバー 第7話 真の敵

『超美形斬野と再戦&菅田の妹が初登場!今夜家族の秘密公開』

内容
二こ神に弟子入りし修行を終えた菅田は、
再び、斬野シトへ挑む!!
菅田は、そよへの告白を賭けるというが、
そこには、すでにそよがいて、告白を聞いてしまっていた。
動揺する菅田であったが、そよの応援で気持ちを切り替えたが、
どうしても、心の整理が付かない。
そこで、時間を使って、そよに告白!!!
次の瞬間、『大ダイブ』し、一気に形勢逆転。勝利を収める。




シトとの戦いは、アッサリ気味でしたが
二こ神との修行の成果を、上手く魅せた感じだ。

菅田『受け師。みるく。中静そよ
  あんたには呼び名がいっぱいありますね
  受け師、好きだ〜
  みるく、好きだ〜
  中静そよ、好きだ〜
  大好きだ〜
  将棋と肩を並べるくらい、あなたが好きです
  でも僕があなたを好きだってコト
  それに対して、返事はしないでください
  僕が勝ち続けている間だけは、僕を嫌わないでください。
  それでいいですか
そよ『それでいいです
菅田『それなら無敵だ

シト『あと1分だ
菅田『長いね。1分もあればいい

そして、、、大ダイブ!!

今までよりも『深く』、、、、潜っているようです。
でも、、、告白の仕方を見ていて、、、、二こ神の影響を感じたのは言うまでもない。


とはいえ
アッサリですね、、アッサリ。

基盤上の戦いは、細かい部分は表現しないが
一進一退を上手く表現していた。

ダイブのあとの、菅田の変化もあり
そこそこ『らしく』見ることは出来た印象だ。

でもまぁ。。。
カッコ良すぎるんだな、京本政樹さんが。
そう言うの、いろいろしてくれる、エンタテイナーなのだから
やってもらえば良かったのに。..原作がどうとかじゃなくて。。


どうも、先の2人の真剣師に比べて
ラストで人形を持ち去る姿以外は、面白さは控えめ。

そこは、本当にもったいない部分だ。



それはさておき
今回は、
対戦は、アッサリ。
ネタフリを、たっぷり。

ということだ。


結局、鬼将会という組織に、菅田の父もやられていた!
と、、

いきなり登場し、敵意を向ける妹・歩美から告げられた。

鬼将会という敵との戦いが始まるというネタフリと。
それが、『親の敵』であるという『意味づけ』を
行ったのが、今回のメイン。

ま。。。。。
一種の仲直り

妹『誰が助けてくれって言ったのよ
兄『言わなくて良い。
  こっちだって、いちいち、助けるなんて言わないから

敵との勝負のための、1つのケジメ。

『受け師さん
 僕は変わります
 僕は、もう逃げない
 一緒に戦います
 そして、必ず守る
 あなたを。歩美を。
 絶対に失いたくないから。

決意表明と言うことですね(^_^)b


確かに、『これからの流れ』は理解したのだが、
ゴチャゴチャせずに、対戦直前まで行った方が良かった気がしますけどね。


どうも、、妹のことを引っ張りすぎたような印象で。
『普通のドラマ』みたいでした。

先ほども書いたように『意味づけ』が必要なのは分かるが、
そんなに引き延ばさなくても。。。。。。



とはいえ、目的がハッキリしただけでも
期待を抱かせるというモノです。



これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 00:12| 2008年04月期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。